スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

先日、【スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース】を観に行ってきました!

場所は、「新橋演舞場」です。この日は冷たい雨でしたが、沢山の来場者で熱気ムンムンでした。

歌舞伎の定式幕もなんとワンピース仕様に!

 

オリジナルグッズも飛ぶように売れていました。

 

私は、漫画の「ワンピース」は全く読んだことがないのですが、筋は舞台を見ればOKとのこと。

3幕あり、2回の休憩を挟んで3時間半。

3幕とも異なる場面や登場人物が出てきて話がどんどん進みますが、飽きさせず、登場人物も多いのに複雑な人間関係やストーリーもなくて、とても分かりやすい内容です。

衣装も、カラフル&豪華、とても凝ってる・・・ミュージカルみたいでしたが、どこかに歌舞伎の様式を取り入れた和テイストが入っているんですよ。

歌あり(ゆず)

踊りあり(日本舞踊ではない)

決闘あり(殺陣とか「○○の術」とか)

宙乗りあり(サーフボードが小さいよ?)

本水あり(水にぬれても化粧はまったく取れない)

お色気あり(男性は太ももが細いなー)

オカマちゃんあり(やっぱり男だから女装してもデカイ)

中国雑技団ばりのアクションあり(対空時間ハンパない)

お涙あり(客が泣く)

内容は盛りだくさんすぎて・・・うまく説明できませんが、端的に説明すると、主人公の少年ルフィの冒険物語(根底にあるテーマは愛と友情)のエンターテイメント舞台!

この日の数日前に、この公演の主役ルフィを演じていた市川猿之助さんが、「セリに衣装が巻き込まれて、左手を骨折する重傷」という、大変な事態に。。。そのため、その後の公演はもともと若手主体の役替わり公演でルフィを務めていた、尾上右近さんが演じていました。

尾上右近さんは、女形を主にされている役者さんなので(素顔はなかなかのイケメン)、女性の役では姿形も声もとても美しいし、お若いので、ルフィはぴったり?と思っていたのですが・・・。

なんだか大人しい??お利巧すぎてやんちゃ感が足りないのか???

絶対的な主役で中心人物のルフィの存在感が・・・ちょっと薄いかなあと思いました。

やっぱり、主役ってどんなに出番やセリフが少なくても、舞台に出てくるだけでそこだけスポットライトがあたってるようなオーラがいるんですねえ。

なんとなく・・・主役が不在で、「ONE PIEACE」が足りないなと、私は感じたのでした。

でも、とっても楽しい舞台でおススメです。公演は11月末まで続きます。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)