タグ別アーカイブ: 乾燥

「かさつく肌」の原因は?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

ここのところ、関東は雨。気温も上がらずまるで
冬のような日が続いています。
体調も崩しがちな気候ですが、インフルエンザの
季節も近づきつつあり、予防接種のタイミングも
悩んでいるところです。

さて、皆さまは冬になると「かさつく肌」
気になってきませんか?

肌は、日焼けや乾燥等の刺激を受けると炎症を
起こします。
特に、顔は服などに守られることが少なく、
常に紫外線や風などの環境や、洗顔などの日常
生活により日々刺激を受けやすい部分でもあり、
腹部などに比べても、慢性的に微弱な炎症を
起こしているといわれます。

肌はターンオーバーによって常に新しく生まれ
かわりますが、炎症を起こすとターンオーバーは
乱れて、ガサガサした肌に変わります。
こうなった肌は、肌本来のもつ復元力で正しい
ターンオーバーを取り戻し、正常な状態に戻って
行きます。

しかし、この炎症が慢性化してしまうと、常に
ガサガサした肌となります。

炎症による肌のバリア機能の低下



刺激を受けやすくなる




防御反応によりターンオーバーが異常に速まる




未熟な角化細胞が増え、垢として剥がれにくくなり

肌表面に蓄積する



肌のバリア機能の低下




というように悪循環に陥ります。

冬はとくに湿度の低下・乾燥した風・暖房機器の
使用等の影響で、肌の保水力の低下から、この
炎症を起こしやすく、冬の肌がかさつく原因の
一つとなります。

乾燥によって角層の水分量が低下して、細胞同士を
結合しているデスモソームの分解がスムースに行われ
ないと角層がはがれず肌がくすんで見えたり、
かさついてしまいます。

ピーリングで溜まってしまった角層を取り除き、
アミノ酸などの保水成分を肌に取り込み、
保湿ケアをすることで正常な状態に戻すことが
できます。

なお、炎症がひどい場合は自己判断せずに皮膚科で
医師の診断を受けて下さいね。

古い角質をつなぐ「デスモソーム」の結着を弱めて
泡の力で優しく落とす
スキンロジカル ホイップピールパック

保水成分であり、ほかの保水成分の原料になる数種のアミノ酸を
バランスよく配合して、その産生の助けとなるビタミンCを2種類
配合した「スキンロジカル アミノシーローション」を、電気の
力で効率よく肌へ届ける「」が、セットで
お得なキャンペーン中!!


イオン導入を他の方に行う場合は?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

秋が終わって本格的に冬の季節になってきましたが、皆様は
保湿ケアをきちんと行っていますか
湿度もどんどん下がるこの時期は1にも2にも保湿が重要
肌の内側と外側から水分をしっかり保持するケアを行って、
カラカラの季節瑞々しく過ごしましょう

肌内では保湿・保水に有用で優秀な成分を日々生成しています。
「イオン導入」はその産生を手助けするアミノ酸やビタミンC
いった成分を送り届けることで肌自らの保湿・保水力を高めます

さて、当店のブロードイオンおよびアクアパフは、肌に微弱電流を流す
ことで、そんな成分を送り届けるイオン導入専用の美顔器となります。
イオン導入には必ず体に電気が循環する「経路」が必要
なります。

ご自身がフェイスパッドを利用してイオン導入を行う場合、

本体より流れた電気は、

フェイスパッドを通り、

コインマスクに浸み込ませた美容液成分を イオン化させ肌に運び、

指に挟んだクリップから本体に戻る

ことで電気が循環します

イオン導入の電気の流れ

また、同様に本体のパフプレートにコットンをはさんで ご利用した場合や、
アクアパフでご使用の場合は、

パフ プレートより電気が流れ、

コットンに浸み込ませた美容液 成分を電気の力で肌に運び、

側面または前面の銀色部分 を握った手から本体に電気が戻ります

しかし、イオン導入をご自身ではなく、ご家族やお友達に 試したい、
やってあげたいといった場合もあると思います

試される方ご自身がご使用いただく場合は、通常のご利用方法でお使い
いただければ問題ございません。

なお、ブロードイオンの場合、別の方がマスクを押さえるなどして
お試しいただく際、Fingerクリップは基本的に試される方に付けて
使用する必要があります

ブロードイオン本体にコットンをはさんでご利用いただく 場合や、
アクアパフをご利用いただく場合は、基本的に試される方が 本体を
握ってご利用いただくか、もし他の方が本体を持って、試される方の
肌に当てる場合は、反対の手などで必ず試される方の肌(腕や首筋
など)を触って、電気の通り道を作ることで循環するように する必要が
あります

また、電気が流れにくくなって音が鳴らない場合は、本体を握る手を
湿らせていただくのと同時に、お試しいただく方の肌に触っている手も
湿らせてお試し下さい