UV」タグアーカイブ

肌が白く輝くワケ

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。
東京はほとんど梅雨らしい雨が降らずに
梅雨明けとなったようです
すでに真夏な日差しに肌が痛めつけられて
いるのを実感します

そんな紫外線ちょっとしたお話。

みなさんがメイクの基本として使用されている
「ファンデーション」などのベース系メイク。
目指す肌の色や雰囲気、流行りのメイクに合わせて様々な
カラーをチョイスしてているかと思います

そしてほとんどのベース系メイクは肌のトーンをあげたり、
美白や透明感を演出するために、顔料や金属の微粉末を
配合しています。

顔料は成分は違いますが、絵の具と同じように、色を
肌の上に重ねて目的の肌の色に近づけるものです。
対して、酸化チタンなどの金属性の微粉末は太陽や照明の
光を反射することで、肌を明るく、透明感を持たせることが
できます

金属製の微粉末というとなんだか怖い気もしますが、基本的
には、肌に傷などをつけるサイズではなく、粉末自体を
コーティングしてあるため、偶然口に入ったとしても安全な
ものです。
また、コーティングしてあることで金属に対するアレルギーを
持っている方でも使用できる可能性があります。
※個人差・材料による製品差はありますので、気になる
成分は必ずパッチテストをしてからご使用ください。

最近はベース系メイク商品にもSPFやPAなどの紫外線防御
指数が書かれているものが多くありますが、実は書いて
いないものであっても、肌を明るくするために配合した
酸化チタンなどは、UVケアアイテムに紫外線散乱材として
配合されていますし、色の付いた不透明顔料は素材自身が
日差しを遮る(透明な下敷きにポスターカラーで色を塗ると、
光が透けなくなるのと同じ原理)ので、少しではありますが
紫外線を防ぐ効果もあります

そういった成分を配合している物をお使いの場合は、知らない
うちに普段の紫外線対策にプラスアルファしているかも
しれません


エイジングの三難が出やすい場所ってどこ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

関東も梅雨に入りましたが、まだまとまった雨の
予想は先の様子
カラ梅雨の可能性もあるそうで、もう夏の水不足
心配されています。
洗濯物が乾かなかったり、ジメジメして必ずしも
快適な季節ではありませんが、雨が少なすぎるのも
困り者です


さて、皆さまはタイトルの
「エイジングの三難が出やすい場所」
ご存知でしょうか?
正解は・・・・・・

 

「デコルテ」

です。

デコルテ

デコルテは首から胸元にかけての部分。
この部分は、「シミ」「シワ」「たるみ」の、
「強敵・エイジング三難」が出やすい部分でも
あります。

この部分は、体に比べて服に隠れることが少なく、
また傾斜している為、思っている以上に紫外線
影響などがでます。

また、首周りは顔に比べて皮膚が薄く、エイジング
サインが出やすい原因にもなっています。

そんなデコルテの基本的なお手入れは、顔の延長と
して範囲を広げて普段のお手入れをすることが簡単で
オススメです。

イオン導入も可能で効果的ですが、皮膚が薄いため
初めてご利用になる場合や、電気の不快感をおぼえる
場合は、流す電流を少なくしたり、美顔器を使用する
頻度を少なくしたり、時間を短くしてみてください。
無理なケアは「一利なし」です

弊社のブロードイオンであれば、広くカバーできる
デコルテパッドが付属していますので、より簡単に
早くお手入れを行うことができます。

decolletee_2

UVケアは顔用・ボディ用のものを、こまめに塗る
ことで襟などで取れがちな部分もカバーするのが
おすすめです。
また、日傘、夏用のストールなども効果があり
ますので、UV加工のものを利用するなどして
ダブル・トリプルの対策も効果的です。

首周りは、リンパの流れが滞ることによる顔の
むくみ等を防ぐために、首の上から下に向かって
老廃物を含むリンパや水を押し流すようなイメージで
マッサージをすると効果的です。

首やデコルテはデリケートなので乳液やクリーム、
マッサージクリームなどで滑りを良くしてから、
力を入れすぎずにマッサージすることを心がけて
みて下さい。


人の視線は上から下へ顔からデコルテへ
向かっていくということです。

これからの季節、デコルテを見せる服を着る
機会も増えると思いますので、いつもより
少し気を使って、美しいデコルテをキープ
してみて下さいね