保湿アイテムはテクスチャーが命

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】開発秘話 テクスチャー編

こんちは、スキンロジカルの田中です。
前回に引き続き、新商品【スキンロジカル クリアCエマルジョン】の誕生物語をお伝えします。

この商品の製造にあたって、一番こだわったのがテクスチャー「使用感」でした。

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】は、保湿アイテムなので、ビタミンCで美白やエイジングケアをしながらも最も重要なのが保湿です。けれども、油分が多くベタベタした保湿や、伸びの悪い重たい感触は好ましくありません。スキンロジカルをご愛顧いただいているお客様は、ニキビや毛穴などのお悩みがある脂性肌の方も多く、どちらかといえばさっぱりとした付け心地をお好みの方が多いからです。

それに、しっかり保湿重視でしっとりもっちりとした仕上がりが好ましい場合には、昨年発売した保湿クリーム

【スキンロジカル リペアモイストクリーム】

があります。

「保湿はしっかり、でもさっぱりとした感触で軽いつけ心地」

これがテーマでした。

でも、こやって抽象的な言葉で表しているものを、具体化するのはとても難しいものです。“さっぱりと” ってどんな感じ?軽いの程度は??

このような、感触を具体化するために、≪ベンチマーク≫といって基準となる商品を元にそのテクスチャーを決めていきました。化粧品業界では、≪ベンチマーク≫は基準にするというよりもそれと同様にするといった意味合いが強いので「これに近い伸びの感じで」「これと同じような柔らかさで」といった商品を探しました。

そこでベンチマーク商品となったので、従来の保湿ジェル【スキンロジカル Bジェルプラス】でした。見た目よりもつけたときの伸びがよく、つけた後はサラットしている感触がこれまでもお客様に好評だったからです。そこで、これと同じような伸び、硬さ、つけ心地を目指します。

けれども、配合成分が変われば、同じようにというのは至難の業です。原料の関係でどうしても、伸びが悪くなったり、緩くなったりしてしまうものもあるからです。さらには、当シリーズではできるだけ肌に必要な成分だけを配合したいというこだわりがあったため、このテクスチャーを試すために何度も何度も試作とテスト使用を繰り返しました。

そのような中で、数回は実際にモニターを募集して、シリーズをご利用中のお客様にも試していただいてご意見を伺う「アンケートモニター」も実施して、ようやく理想としていた

「保湿はしっかり、でもさっぱりとした感触で軽いつけ心地」

にたどり着くことができたのでした。

それが、自信を持っておすすめできる【スキンロジカル クリアCエマルジョン】のテクスチャーです。

おかげで、朝のメイク前に使っても、べとつかず、よれず、とても心地のよいものとなりました。

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】開発秘話は、次のパッケージデザイン編へ続きます。

creac_01

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)