第4回ビジネスリーダーたちのいけばな展

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、お昼休みのオフィス近くの代官山ヒルサイドフォーラムへ出かけて

こちらを拝見してきました。

FLOWER JAPAN 2018「第4回ビジネスリーダーたちのいけばな展」器と花 -器との出会い-

 

この企画は昨年も拝見し、このブログでも紹介させていただきました。

⇒ 「ビジネスリーダーたちのいけばな展」2017年11月17日投稿

どのような展示会かといますと・・・

Flower Japanは、日本文化である「いけばな」を軸に、より豊かなライフスタイルを日本に、世界に、次世代へと伝え創出していくプロジェクトです。いけばな作家・州村衛香の呼びかけに賛同した様々なジャンルのオピニオンリーダーたちが集い、2015年からいけばなを通した文化発信を行っています。』(リーフレットより)

昨年のテーマは、「本と花 -心に残るあの言葉ー」でしたが

今年は、「器と花 -器との出会い-」です。

私の知り合いのM女史がFLOWER JAPANに参画されていて、今回も出展をされています。

ちょうど、活け込みの最中だというので、創作している姿を見にいってきました。

 

彼女が選んだ器は、ムンクの絵画「叫び」をイメージした、大小2つの花器です。

 

M女史は某有名企業の部長職にあり、世界を股にかけるスーパーキャリアウーマンでありながら

一方で、不思議な創造(妄想?)力をはたらかせる少女のような一面を持つ方で、私は密かに「赤毛のアン」と呼んでいます。

今回もその不思議な想像力をいかんなく発揮しています。ムンクの絵画「叫び」と「太陽」からインスピレーションを得て、そのイメージを花で表現していました。

 

※画像は東京都美術館「ムンク展」webサイトよりお借りしました

 

作品名は、「叫び のち 晴れ」

彼女の創作活動で素晴らしいなと思ったのが、一見は閃きや、思い付きのまま直ぐに行動に移すタイプに見えながら、その閃きを忘れないよう、なんとなくの思い付きを紙にスケッチしたり、いろいろな言葉でメモを取ったり、記録して形として残しながらそれをドンドン膨らませているのです。それはいつの間にか、断片が点と点、線と線で繋がって、企画書のような立派な形になって出来上がっているんですね。あとは実践だけ。

こういうところが、彼女が「赤毛のアン」のような不思議な人でありながら、ビジネスリーダーである所以なのでしょう。

 

完成まであと少し・・・というところで時間がきてしまい、完成した作品を見る事はできませんでしたが、きっと面白く仕上がっていることでしょう。

 

他の方の、素敵な作品も少しご紹介します。

 

[第4回ビジネスリーダーたちのいけばな展]は、11/11(日)まで、代官山のヒルサイドフォーラムで開催されています。

 

スキンロジカル オフィシャルショップでは、

本日からイオン導入器【ブロードイオン】アンケートモニターキャンペーンが始まりました!

 

 

 

 

 

 


ニキビケアのトータルケアは、ビタミンCにオマカセ!

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

日に日に低くなる気温と湿度
肌も鼻も喉も水分不足でカラカラです。
早め早めの保湿に努めましょう

さて、ビタミンCについては今までいろいろな
お話をしてきましたが、今日はビタミンCが持つ
意外な力をお話ししたいと思います。

ビタミンCは、抗酸化やニキビ対策、コラーゲンの
生成など、肌に対して様々な良い効果をもたらす
美容成分であることは、すでにご存じだとも思い
ます。

そして、実はこのビタミンCは「傷を治す」ことに
ついても注目されていることをご存知でしょうか?

肌についた傷は、当然肌の細胞を傷つけます。
傷ついた肌は、自身の持つ再生能力によって元の
状態に戻そうとします。

それを手助けをするのがビタミンCです。

「肌が傷つく」ということは、つまり
「肌の組織が破壊される」ことと同じことです。

破壊された組織は元の状態に再生を始めます。
ここで重要なのが、肌の構造です。

正常な肌はタイルやレンガのように肌細胞が規則
正しく並んでいます。

このように肌細胞を規則正しく並ばせるために
重要なのが「コラーゲン」です。

コラーゲン」は、細胞一つ一つの枠を構成して
それぞれをきちんと整列させるという役割を
持っています。
このようにきちんと並んだ肌細胞は、キメの
細かいふっくらとした肌になります。

傷の修復も同じで、肌の細胞を正しく並べて
正常な肌に戻すには、新しい枠となるコラーゲン
の生成が不可欠となります。

この働きは、どのような傷であっても変わりは
ないので、いわゆる擦り傷などの一般的な傷は
もちろん、手術後の傷などでも傷の大小に
かかわらず同様です。

そして、このコラーゲンを新しく作り出すのに
必要不可欠なのが、ビタミンCです。

早期に傷を治すことはもちろん、その傷跡も
比較的きれいに治りやすいといわれています。

そういった意味では、ニキビ対策としての
ビタミンCはニキビの予防、そしてニキビ
そのもの、さらにその傷跡のアフターケアと
しても優秀な成分であることがわかります。

あばた」といわれるクレーター状のニキビの
痕はなかなか治りにくく、ひどい場合は一生
残ってしまうものもあります
ニキビにおけるビタミンCのイオン導入は、
とても理にかなったホームケアの一つです。

※症状がひどい場合は、一度皮膚科での治療を
受けることをお勧めいたします。
また、傷口がひどい場合は電気による刺激が
影響をする場合がありますので、傷口がふさ
がってから使用するようにしてください。

コラーゲンの生成を助けるビタミンC
コラーゲンの元となるアミノ酸をバランス良く
配合した、イオン導入用化粧水
「アミノシーローション 150mL」


乳酸菌で美肌作り?

こんにちは。
スキンロジカル スタッフのフジです。

美肌のために欠かせないのは、
日々のお手入れに始まり、
体に良い食事と規則正しい生活。

毎日の積み重ねが大切ということは
ご存知の通りです。

そんな中、「乳酸菌」が美肌作りの
助けになると言われています。

ヨーグルトやチーズ、手軽なところはヤクルトやサプリメントなどから
体に取り入れることができる乳酸菌。

「腸に良い」「お通じがよくなる」というイメージがあると思います。

乳酸菌の主たる効果として「免疫力の向上」があります。

これは、乳酸菌が作り出すESP(多糖体)が
免疫機能を上げるNK細胞というものを活性化させる働きがあります。
NK細胞は、ウイルスに感染した異常のある細胞を攻撃してくれるのが特徴です。
免疫力が上がることで、ウィルスから体を守り、風邪などの感染を防ぎます。

もうひとつは、「腸内環境を整える」働きです。

人の腸内には多種多様の細菌が無数も生息していて、
その細菌には、
・体に良い働きをする「善玉菌」、
・体に悪い働きをする「悪玉菌」、
・普段はおとなしく、悪玉菌が増えると悪い働きをする「日和見菌」
が存在しています。

乳酸菌はこの「善玉菌」のひとつで、
腸内に増えることで、腸内菌のバランスが良くなり
悪玉菌の増殖を抑えて腸内腐敗を防いだりする役割を持ちます。

健康を保つには善玉菌を優位な状態に保つことが
大切なので、「腸内環境を整った」状態というのは
とても大事なことなんです。

そしてこの「腸内環境を整った」状態というのが
美しい肌作りにもつながります

ある研究によると、乳酸菌を摂ることで
肌の乾燥が抑制され、水分量が維持されるという
結果もでているようです。
さらには、は角質細胞の形態が整った形に改善されたとの結果も。

内臓の衰えは肌の衰えと密接に関係しているので
体内の健康が、直接肌に影響を与えるというのは自然なことですね。

美肌を作りに大切なことは、
なによりも健康な体があってこそかもしれません。

 

 


トラネキサム酸イオン導入化粧水の発売秘話

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今回は、当社の商品「TAパウダー」「トラネキサム酸パウダー」の発売に至るお話をしたいと思います。

発売から、すでに1年を経過しましたこの2商品ですが、どちらも種別は“化粧品原料”としている、成分そのものの粉末です。

なぜ、他のイオン導入化粧水のように“液体”の化粧品をして商品化していないのか?皆さんも不思議に思われていることでしょう。

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

トラネキサム酸については、かなり以前よりお客様からお問い合わせや要望をいただいておりましした。

「トラネキサム酸のイオン導入液はないのですか?」

「貴社の製品力なら、きっとイオン導入液をつくれるはずですから期待しています」

美白の効果が高く、ミの中でも特に“肝斑”と呼ばれる独特のシミに効果が高いとして、まずは服用薬からその名が有名になった成分のトラネキサム酸ですが、美容通の方はすでにトラネキサム酸がイオン導入可能な成分ということをご存じでしたので、このようなお問い合わせを沢山頂戴していたのです。

そこで、当社も新たなイオン導入化粧水としてトラネキサム酸を配合した化粧水を製造したいと考えていました。

 

☆ 医薬部外品という制約 ☆

ところが、現在の化粧品の製造販売に関する法律“薬事法”では、トラネキサム酸を配合した化粧品にはいくつかの決まりがあります。

トラネキサム酸配合の化粧品は「医薬部外品」扱いとなるということです。

「医薬部外品」を製造するには、その企業が化粧品の製造とは別に医薬部外品の製造の許可が必要です。また「医薬部外品」は、その商品の効果の検証を証明しなければなりません。

 (当社は、東京都の「化粧品製造業」と「化粧品製造販売業」の許可を受けています)

この二つをクリアにするためには、莫大な費用もかかります。ですから「医薬部外品」扱いの化粧品には、「医薬部外品」の認定をとるために要した経費が商品価格に反映されているということでもあります。

また、「医薬部外品」では一定の成分に対して配合する濃度が決められています。

〇%以上を入れなければいけないが、△%を超えて配合してはならない

ということです。

トラネキサム酸の場合はこれが2%ですので、市場で販売されているトラネキサム酸配合の化粧品は、ほとんどの製品がトラネキサム酸を2%配合しているということです。商品によって濃度に違いがありません。

 

☆ トラネキサム酸原料との出会い ☆

医薬部外品以外で、トラネキサム酸配合のイオン導入できる化粧品をなんとかお客様へ提供できないか・・・?このように考えていたところ、「トラネキサム酸」そのものへたどり着きました。

原料としての「トラネキサム酸」は、白くサラサラとした粉末です。そして、“水に溶けやすい”という特徴があります。

原料を製造している会社によると、皮膚科や美容クリニックなどでは、この「トラネキサム酸」の粉末を院内で溶液にしたり、クリームに混ぜるなどして処方し、患者さんへ提供しているとのことでした。病院では、処方となりますから「医薬部外品」の製造許可がなくても販売が出来る訳で、その濃度も自由に調整することが可能なわけです。

 

☆ 使う方自身に精製していただく ☆

なるほど!と思いました。

原料としての「トラネキサム酸」粉末は、まだ化粧品というカテゴリーにはありませんから、当社で販売することに何ら問題はありません。

また、“水に溶けやすい”という特徴がありますから、家庭でも簡単に溶液にすることができます。

そこで、原料の粉を購入していただき、ご自分で水に溶かして化粧水を作って頂く、

手作り化粧水としての販売をすることになりました。

 

☆ 手作りの嬉しい副産物 ☆

このようにして誕生した、原料を水に溶かして自分で作るという珍しい「手作り化粧水」ですが

蓋をあけてみると、通常の溶液タイプの化粧水にはない嬉しい副産物がありました。

 

♪ 新鮮!・・・だから、防腐剤等の添加物は一切なし

使う分だけ、必要な時に少量ずつつくるため、長期間保管することがありません。そのため、品質の変化を防ぐため防腐剤や酸化防止のための成分などを配合する必要がなく、溶液は純粋に「トラネキサム酸」という肌に与えたい成分だけが配合されたものです。市販の化粧水では、まずこのようなものはあり得ません。(水以外に化粧水などに溶かした場合はこの限りではありません)

♪ 自分で濃度調整が可能

医薬部外化粧品でのトラネキサム酸濃度は、約2%と決められていますが、手作り化粧水の場合は、自分で自由に濃度を調整することができます。

推奨の作り方(1gを20mLで溶かす)で精製すると、5%の濃度になります。この5%という濃度は、皮膚科や美容クリニックなどで処方されているものと同様です。濃度は高ければ高いほど効果も大きくはなりますが、一方で刺激も強くなり肌が赤くなるなどしますので、5%くらいが刺激のない範囲で最大限に効果が発揮できる濃度と考えられています。

この5%濃度を目安として、自分の肌の状態に合わせて濃度を調整することができるのは、手作り化粧品ならではです。

 

☆ 手に入りにくい、濃度と純度が高い化粧水をお手軽に ☆

現在、5%の高濃度のトラネキサム酸配合化粧品を入手するとしたら、病院で処方してもらうしかありません。その場合は、診察を受ける時間もお金も理由も必要です。

スキンロジカルでは、化粧品原料としてパウダータイプの商品で販売することによって、いつでも気軽にお求めいだだき、ご自分に合った使い方で使っていただくことができるようにしました。

溶かし方も、推奨の方法と溶剤(溶かす液)の種類に気を付けて頂く点はありますが※、ご自分で最適な方法を見つけて頂くと、オリジナルの化粧水として美しい肌へ導いていくれるベストアイテムになることは間違いありません。

 

※【TAパウダー】は、APPS(ビタミンC誘導体)がトラネキサム酸とともに配合されているため、ビタミンC配合の化粧水(アミノシーローション、VCローション、PCローーションなど)には溶けにくいので、溶液として使用しないでください。また、振って攪拌すると泡立つため、マドラーを使って混ぜて溶かしてください。

※【トラネキサム酸パウダー】は、弱アルカリ性です。弱酸性の【スキンロジカル リファインローション】に溶かすと、中性となりイオン導入の効果がかなり弱くなりますので、溶液に【スキンロジカル リファインローション】を使うことは避けてください。また、【トラネキサム酸パウダー】は、振って攪拌することができます。

 

トラネキサム酸を配合した商品は、現在4種類販売しています。

 

1. トラネキサム酸とAPPSを配合した原料パウダー

2. 【TAパウダー】と溶かすための【リファインローション】のお得なセット

 

3. トラネキサム酸だけの原料パウダー

 

4. トラネキサム酸パウダーのお得な大容量タイプ


食べる = 肌になる ・・・ではない理由

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

先日、
「お肌のためにコラーゲンを食べても直接肌になる
わけではない」
という話をしているテレビを見ました。

コラーゲンは、ご存知の通り肌の張りや潤いを保ち、
しわを目立たなくするアンチエイジングには
ピッタリな美肌成分です。

このコラーゲンは人を構成するタンパク質
30%にもなります。

実は、冒頭のお話はここがポイントなんです。

ご存知の方も多いと思いますが、コラーゲン
実はタンパク質がつながってできたものです。
タンパク質がつながって大きくなることで
独特の潤いや弾力を持つ成分になります。

食事やサプリメントなどでコラーゲンを食べると、
タンパク質へ分解され、さらに分解されて体内に
吸収できる小さなアミノ酸となって吸収されます。
つまり、この時点でコラーゲンはアミノ酸となり、
その特徴を失ってしまいます
結果として、肌に直接コラーゲンとして取り
込まれるわけではないのです。

さて、吸収されたアミノ酸は、血液によって
体の隅々に運ばれて、体の維持につかわれます。
この時に肌に運ばれたアミノ酸は、ビタミンCの
力によって一部がコラーゲンとなるので

テレビでは、
「コラーゲンはそのまま吸収されないが、
ビタミンCを同時に摂取することでコラーゲン
の生成を促す」
という話でした。

しかし、アミノ酸まで分解されたコラーゲンを
含め、多くの栄養素は優先的に生命の維持に
使われるといわれています。
つまり、一緒に摂取したビタミンCの力を
借りても必ず
「肌のコラーゲン」
として生まれ変わるわけではないのです。

では、直接肌に塗れば、コラーゲンの力を肌に
生かすことができるかというと、そう簡単に
いかないのです。

先にお話しした通り、コラーゲンはタンパク
質がつながってできた大きな分子です。
しかし大きなサイズの成分は、肌のバリア
機能によって跳ね返され、肌の一番欲しい
部分には送ることができません。

では、コラーゲンを肌に塗ることは全く意味が
ないのかというと、水分を伴った膜を作ることで
肌から水分の蒸発を防ぎ、乾燥から守ります
また、傷の修復を助けてきれいな肌に戻す力を
補助することができます

しかし、根本からの美肌やアンチエイジングを
求めるのであれば、コラーゲンをはじめとする
美肌成分を肌に直接取りこむのが近道です。

そこで、イオン導入です。
コラーゲンの元となるアミノ酸と、アミノ酸からの
コラーゲン生成を補助するビタミンCは、両方とも
イオン導入できる成分です。
直接イオン導入で肌に送り込むことができれば
最短で確実なケアともいえます。

スキンロジカルでは、自身も美肌成分であり
サポートも万能なビタミンCと、肌の材料でも
あるアミノ酸を無駄なく配合した化粧水
として、「アミノシーローション」をご用意
しております。
もちろん、イオン導入ができる処方で作られて
いるため、単純に肌につけるよりも、イオン
導入することでより効果が出やすくなります。

イオン導入器のブロードイオントライアルセット
には、この「アミノシーローション」が最初
からセットになっているため、初めてイオン導入
を試す方ももちろん、おすすめです。

さら今ならホイップピールパックを1箱プレゼント中。

下取りセットでさらに5,000円OFFの24,800円で
購入できます。

下取り可能な商品をお持ちの場合は、ぜひお得な
この機会にご検討ください