肌がかゆい、赤い・・・その皮膚炎は花粉が原因かも

皆さまこんにちは、スキンロジカルのイノウエです

3月に入って本番を迎えている花粉の飛散・・・。
花粉症の人にはつらい日々が続いていると思います

花粉症は、ご存知のとおりアレルギー疾患のひとつ
で、体が花粉に対する免疫をもった後に、再度花粉
(アレルギー原因物質=アレルゲン)に接触したとき
に、体内の免疫が過剰に反応して、くしゃみや鼻水、
目のかゆみや違和感など様々な症状が現れます。

このように、一般的には上記のような症状が
「花粉症」として知られていますが、今年特に
多いといわれているのが

「皮膚炎」

です。

通常、花粉症の症状は目や鼻などの粘膜を中心に
現れやすいのですが、今年は花粉の飛散量が多く、
が少ないことも重なって平年以上に皮膚炎が
増えているとのことです。

症状が出やすい部位としてはまぶたの上が多く、
その他にも頬骨、顎、首など、発症部位は赤くなっ
たり痒みを伴ったりします。
基本的には、すでに花粉症を発症している患者さん
に多いそうですが、自覚症状がない潜在花粉症患者
の方もおられるそうです。

花粉症による皮膚炎は、子供から高齢者まで様々な
年齢で発症しますが、とくに20代から50代の女性
に多いそうです。

また、症状として女性のまぶたの上に現れやすい
原因となっているのが、皮膚が薄く、「アイメイク」
とその「メイクを落とす」ことを
繰り返すことで、
肌のバリア機能が壊れ
やすくなり、さらに修復され
にくい
という実情があります。

あまりにもひどいときは、

・眼鏡を併用してメイクの頻度を下げる・薄くする
・すぐに落とせるタイプを使い、強くこすらない
・使用前と使用後の保湿をしっかりとする

など、できるだけ肌に負担をかけず、保湿を中心と
したスキンケアを心がけると症状も現れにくくなり
ます。

季節的にもまだ乾燥が続き、特に今年は冬からの
雨が少なく、肌が乾燥することで肌バリアが壊れ、
花粉がその肌の弱まった部分に触れる機会が
増えたことで、皮膚炎の患者が今年増えた原因の
一つと言われています。

ちなみに、いくつかあるアレルギーの中でも
花粉症のアレルギーはアトピー性皮膚炎と
ほぼ同じで、皮膚に起こる症状は似ています
これは、アトピー性皮膚炎が肌のバリア機能
が正常に働いていないことが原因の一つと
言われていることにも一致しています。

実際にアトピー性皮膚炎の患者さんは、花粉が
アトピー性皮膚炎の擬似因子として働くことで、
この時期症状がひどくなる場合があるという
実例もあるようです。
※アトピー性皮膚炎は他因子疾患なので、全て
において同様ではありません。

花粉症皮膚炎は比較的症状が軽い場合が多く、
基本的に抗アレルギー薬の服用などの花粉症の
対策で症状を和らげることができます。
また、肌のバリア機能を高めるような保湿を
中心としたケアをするように気をつけること
で、花粉に負けない肌づくりをすることも
おすすめです。

肌が炎症を起こして、かゆいと掻いてしまうと
肌のバリア機能の修復が遅れ、色素沈着などにも
つながります。
皮膚炎が気になる場合は、やはり皮膚科を受診
するのが一番です。
薬はアレルギーの型が同一であることからも、
基本的にはアトピー性皮膚炎の塗り薬が処方され
ます。

スギ花粉が終わるとヒノキ花粉とまだ憂鬱な
季節は続きますが、日ごろの保湿ケアを
入念にすることで少しでも快適にこの季節を
乗り切ってみてください

春のキャンペーン中
春爛漫、美白アイテムそろい踏み。
MAX 20%OFFアイテムはこちらから。

スキンロジカル リペアモイストクリーム
肌の水分をしっかりと挟み込むセラミドを高配合し、
保水力のある肌をキープして乾燥から守ります。

保湿成分の「素」を肌に送り込み、イオン導入で
肌の「元」からのレベルアップを
肌をワントーン明るく、人気のマイルドピーリングケア
「ホイップピールパック」プレゼント


スキンロジカルお友達紹介キャンペーン

こんにちは
スキンロジカルスタッフのフジです。

スキンロジカルでは
お友達をご紹介いただくと
お得な特典がもらえるキャンペーンを実施しています。

ぜひお友達にもスキンロジカルを勧めてみませんか?

「イオン導入を試してみたい友達がいる。。」

「そういえば、友達が肌荒れで悩んでいた。。」

「スキンロジカルをぜひ薦めてみた。。」

こんな方は、ぜひお友達にスキンロジカルをご紹介ください!


【お友達紹介キャンペーン特典】

●紹介者には・・・
WEBポイント「1000ポイント」をプレゼント(1ポイント=1円でお買いものに使えます)

●お友達には・・・
購入商品価格が10%OFF」(初回購入限定)

 

【お友達紹介キャンペーン申し込みの流れ】

★お申し込みはお友達本人よりお願いいたします。

・インターネットからご注文の場合
商品購入時に備考欄に「ご紹介者様のお名前・TEL番号」を記載してご注文ください

・お電話からご注文の場合
商品購入時にオペレーターに「ご紹介者様のお名前・TEL番号」をお知らせください

詳細はキャンペーンページをご覧ください。

「スキンロジカルお友達紹介キャンペーン」

 


代官山 it COFFEE

こんににちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、代官山shop情報をお届けします。

たしか、昨年2018年の秋ごろだったと思いますが、代官山駅前に新しくカフェがオープンしました。

「it COFFEE」

代官山駅前も、「大阪王将」ができたり「串カツ田中」ができたり関西の庶民的な飲食店が出来たかと思えば、相変わらずパンケーキ店やパン屋など代官山らしい?といえるようなオサレな店ができたり、なんだか不思議な様相を呈するようになりましたが、このカフェは後者に属するようないわゆる「らしい」店に属するかもしれません。

表はウッドデッキがあり、ガラス戸から店内が見えて、入りやすい雰囲気です。

店の看板には、「犬もOK!」の印があります。


実際に、私が訪れた時は、男性が一人小さな犬を連れていました。(結構吠えていて、吠える犬は私は怖いし店内は衛生的にも???だなと思いましたが・・・)

店内はかなりコンパクトです。カウンターで注文して好きな席に座るスタイルで、10席くらいはあり、TAKE OUTももちろん可能。

ドリップコーヒー、カフェラテなどのコーヒーのいくつかのバリエーションから、オーガニックティー、アルコール、スイーツもあります。コーヒーには、博多の「REC COFFEE」という自家焙煎の豆をつかっているんだそうです。

この日、私が注文したものが、「カフェラテ」562円也。

少しお高いでしょうか・・・でも、とても美味しかったです。

コーヒーも、濃すぎず薄すぎず、甘すぎず苦すぎず、しつこく後に残るような感じでもなく、牛乳も薄くなくコーヒーとバランスが良い感じです。(某大手チェーンのカフェラテは、牛乳が薄すぎて水で薄めてるんじゃないかと疑義あり)

TAKE OUTで562円は高いけれど、お店で座ってゆっくり飲んだら562円の価値があるカフェラテかもしれません。
でもそれは、お店が居心地がよかったら・・・の話です。

座席の配置は悪くないのですが、ちょっと音楽がうるさかったです。極小の店内だから、BGMのチョイスも音量も難しいですね。
(そう考えると、スタバって色々なファクターをよく考えられて運営されているなあと改めて感心します)

それから、代官山は最近若い(20代前半くらい?)のビジネスワーカーではない方(学生?さんや観光客)も多く見かけるようになったのですが、やはり女の子同士のおしゃべりは音量2倍以上!?聞きたくなくても話の内容が耳に入ってきてしまうと、なんだか落ち着かなくてその場を離れたくなってしまいます。

あ、また辛口批評になってしまいました。。。でも、今日頂いたカフェラテはとても美味しかったです。今度は、豆を購入してみようと思います。

代官山駅前は、意外に飲食店の入れ替わりが早いのです。でも、スタバもドトールもなくて、コーヒーはコンビニで購入するしかなかったので、「it COFFEE」が代官山のコーヒーの代名詞になるように長く続いてほしいものです。


濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、乾燥が強まりますので、そういった
意味では濃度の高さが副作用ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、例えば何種類もある「ビタミンCの誘導体」
は、ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
それぞれの誘導体のビタミンC含有率や、肌でビタミンCに
変換される効率がすべて違います。

油溶性のビタミンC誘導体は濃度が高く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのはこういった
理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。


濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、乾燥が強まりますので、そういった
意味では濃度の高さが副作用ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、例えば何種類もある「ビタミンCの誘導体」
は、ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
それぞれの誘導体のビタミンC含有率や、肌でビタミンCに
変換される効率がすべて違います。

油溶性のビタミンC誘導体は濃度が高く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのはこういった
理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。