月別アーカイブ: 2019年9月

白肌の貴公子も認めたイオン導入

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

先日、白肌の貴公子こと美容家のMattさんがバラエティー番組に出演されていて、普段のスキンケアの話をしていました。

Mattさんといえば、元プロ野球読売巨人のエース、桑田真澄さんのご子息で、インスタやテレビなどで人形のようなルックスと不思議なキャラクターで人気です。

当然家ではブースター美容液+化粧水x3+乳液+クリームとかなり過剰ともいえるケアを実践しているそうですが、「まつエク」や「ネイル」などお店や美容クリニックでのケアの話の中で「イオン導入」を行っているという話が出ていました。

美容にあまり理解のない男性出演者の方は

「イオンを導入してなんになるんだ」
「マイナスイオンとおなじだろう」

などとトークが飛んでいましたが、

「イオン導入」という仕組みがわからないと同じように

「胡散臭いシステム」

「本当に効果があるものなのか」

と思ってしまうのも当然かもしれません。

そこで、そんな疑問を少しでもなくすために、今回は簡単に「イオン導入」についてお話ししようと思います。

そもそも、イオン導入は電気の力で肌に有用な成分をイオン化することで単純塗布より肌の奥まで届けることができる仕組みのことです。

イオン化できる(電気の力を帯びることのできる)成分に対し、電気を流すことで、プラスまたはマイナスの電気を与え、与えた電気と同じ極性同士が反発する力を利用して肌の奥へ成分を送り届けます。
磁石の同じ極が反発して押しやられるのと同じ作用です。

ですから、世間一般でいういわゆる「マイナスイオン」というものとは全く違い、

「なんだかよくわからないけど、癒しの力やリラックス効果ですごい浸透する」

というものではなく、きちんと医療の現場でも実際に薬剤を注入する方法として確立された技術があってのケア方法です。

そのため、浸透させるには適した電流と時間、そして美容成分もどんなものでもよいわけではなく、電気を帯びてサイズ(成分の大きさ)が小さいものなどといった条件があります。

イオン導入は「謎なもの」「怖いもの」「得体のしれないもの」ではないので、より良い肌作りのためにぜひ「イオン導入」をケアに取り入れてみてくださいね。


商品の配送状況を確認しやすくなりました!

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは
スキンロジカルスタッフのフジです。

当店でご注文いただいた際は
発送時に商品の配送状況がわかる「お荷物問い合わせ番号」を
お知らせするメールをお送りしています。

この「お荷物問い合わせ番号」が会員マイページから
ご確認いただけるようになりました。

マイページの購入履歴から注文番号をクリックします。
注文詳細画面に移動したら、【配送状況を確認】をクリックで確認いただけます。


※クリックで拡大

 

また、発送連絡メールに記載のある、お荷物追跡確認用リンクをクリックすると、
「お問い合わせ番号」を入力しなくても、配送状況をすぐに確認できるようになりました。

発送メール内の【確認用URL】をクリックすると

↓↓↓↓↓↓↓↓

追跡状況ページを直に見ることができます。

これにより、「お問い合わせ番号」を入力する手間が省け、
スムーズに確認できるようになります。

今後もより快適に当店をご利用いただけるよう、
アップデートしてまいります。

 


残念ながら・・・消費税改正にともなう価格変更のお知らせ

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

いよいよ、残念ですが、10月から消費税率が10%に変更になりますね。

 美しい景観になった東京駅丸の内側

海外旅行に行って、外国の十何パーセントという消費税に驚き、戦々恐々としていた(でも大抵内税表示でしたから実感がありませんでしたが)のも今は昔・・・・日本もついに二けた台となり、それに近づきつつありますね。

「10%」というと商品価格の1割ですから、かなり大きな額ですが

すでに今8%なので、それに2%が加算されるだけ・・・と思えば大し増税でもない気がしてしまいますが、かつては0%だったものが、3%、5%、8%と段階を踏んできたため、10%も「8%とたいして変わらない」と思えてしまう、この心理操作の怖さね!!

こうなってくると、いろいろな買い物はできるだけお得に

・SALE とか

・ポイントバック とか

・送料無料 とか

・まとめ買い とか

知恵を絞りたいですね。

 

スキンロジカルで、このようなお得な買い物情報をGetするのであれば

●メールマガジン https://www.sophia-cosme.com/info/touroku.html

あるいは、

●ツイッター https://twitter.com/Skin_Logical

などで、最新情報をGETしてくださいね。

 

というワケで…前置きが長くなりましたが、10月からはスキンロジカルも10%の税込価格に改定をいたします。当店の商品は、もともと8%の税込価格で表示しておりましたので、現行価格に2%が加算されただけとなっています。ご注意いただきたいこととして、送料も税10%となるに伴い690円⇒710円となっております。

商品価格改定一覧はこちらからご覧いただけます⇒ https://www.sophia-cosme.com/info/info_191001.html

 

※下記の一部の商品は、価格改定を行っております

〇 イオン導入化粧水お試しセット

〇 スキンロジカル Pエッセンス 10mLお試サイズ

〇 アミノシーローション + コインマスクセット

〇 VCローション + コインマスクセット

〇 定期購入

〇 送料

2%の変更といっても、やはり9月の8%のほうがお得ですので、ぜひ今月中お早めにお求めください。

 

 真下から見上げるスカイツリーは圧巻です

 

 

 


そもそも、イオン導入って?

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

皆様こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

さて、スキンロジカルは「イオン導入専門店」という肩書きが付いているのはご存知かと思います。

当店は元々、皮膚科医の先生との共同でまだ美容目的でのイオン導入が一般的ではなかった頃から、クリニックのケアを手軽にご家庭で行なえることをコンセプトにスタートしています。

現在もそのコンセプトは変わらずイオン導入でのケアを中心にして商品の開発や販売を行なっています

イオン導入は、電気の力で肌に有用な成分をイオン化することで単純塗布より肌の奥まで届けることができます。
イオン導入で現在一番メジャーな成分は皮脂抑制・美白・抗炎症作用・コラーゲン生成など、導入することで肌に対し様々な働きかけを行なうビタミンC(ビタミンC誘導体)です。

このビタミンCをはじめ、アミノ酸・プラセンタ・フィチン酸などは、イオン導入の際に電気の極性をマイナスにして行ないます。
イオン導入は電気の力を利用しますので、電池などと同じくプラスとマイナス(極性)が存在します。

イオン化できる(電気の力を帯びることのできる)成分に対し、電気を流すことで、プラスまたはマイナスの電気を与え、同じ極性同士が反発する力を利用して肌の奥へ成分を送り届けます。
磁石の同じ極が反発して押しやられるのと同じ作用です。

当店で取り扱いをしているイオン導入専用ローション・エッセンスについてはリファインローションを除き、マイナスでのイオン導入となります。

ではイオン導入器についているプラスのモードはどのように使用するのかというと、プラスでイオン導入できる成分のイオン導入にも使いますが、一般的な利用方法としてはイオン導出に使います。

イオン導出は簡単に言うと、マイナスの電気を帯びた目に見えない汚れなど電気の力を使って吸い寄せ取り除くことです。
導入とは逆で、磁石の異なる極同士が引き寄せあうのと同じ作用です。
なお、プラスの電気を帯びた汚れはイオン導入の際にコットンに付着します。

イオン導出は導入の効果を高める働きもあるため、当店でも週1~2回程度の導出をお勧めしております。
導出に使うローションは精製水や水道水が利用できます。導入とは違い電気を通し、汚れを吸着させるための水分となります。

「導出にどういったものを使えばいいのかイマイチ分かりにくい」

そんな場合は、体と等張である基材を元に保湿感の得られる成分などを配合したイオン導出ローション「リファインローション」を使ってみてください。
イオン導入の際にローションとして使うのはもちろん、シンプルな処方なので化粧水として肌の弱い方にもお使いいただけます。

使用方法はイオン導入器のPOLARITY(極性)をプラス(導出モード)に変更して、週1~2回リファインウォーターをしみ込ませたコインマスクやコットンを使って導出時間はイオン導入と同じく1回15~30秒。
この際、肌表面に浮いた汚れが気になるようであれば、軽く水で洗顔してください。
その後、イオン導入器のPOLARITY(極性)をマイナス(導入モード)に変更していつもの導入専用ローションで導入します。

「肌触りが変わったな」と思ったら、導出の効果が出ているかもしれません。
導出を今までしていなかった皆様、これを機会にぜひお試しを。