月別アーカイブ: 2020年3月

映画「パラサイト」とマスク狂騒曲

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

少し前に、米アカデミー作品賞を受賞直後の話題の映画「パラサイト 半地下の家族」を観てきました。

韓国映画を見るのは、いったい何年ぶりだろう・・・?思い出せないくらい久しぶりでした。

韓国映画を始めに見たのは、世界的に有名になったあの「シュリ」でした。いやあー、「シュリ」は衝撃でしたね、スピード感もあり、サスペンスあり、ヒューマニズムあり。韓国映画、見ごたえあるなという印象を受けたものでした。

その後、私が見たいくつかの韓国映画は、あまり外れ無し。

「JSA」「猟奇的な彼女」「親切なクムジャさん」「オールドボーイ」「私の頭の中の消しゴム」

などなど。ちょっと古いですけれど、どれもヒット作だけのことはありました。

「オールドボーイ」は、最後の落ちがとても印象に残っています。怖いというか、後味が悪いというか、強烈というか・・・でも、「え?これで終わり?でオチは何だったの?」という映画よりこのくらいインパクトがあるもののほうが、私は好きです。

最近は随分とみていませんでしたけれど、米アカデミー賞で初めてアジアの映画が作品賞を取ったということで、前評判もまったく知らずに見に行きました。

主役のソン・ガンホは、あの「シュリ」にも出ていた俳優で、韓国映画のヒット作にはかなりの確率で見かけます。日本で言ったら、役所広司とか佐藤浩市とかそんな立ち位置なのでしょうか、二枚目では決してないのですが・・・。

内容は・・・・観てのお楽しみなのですが、ストーリー展開は大きく3つに分かれるのかなと思いました。

「起」 「承」 「転」 (結?)

「起」

はじめは、「ああ、こうなるんだろうな」とい予測を裏切らないストーリー展開を巧みに。。。。シニカルさも交えた面白さで、テンポよく進んでいきます。

「承」

このあたりから、思いもよらない展開に。立場が逆転したり、手に汗握る展開があったり、でもやっぱり可笑しさもあったりと、このままでは終わらない感が満載です。

「転」

ストーリーはもちろん、視覚でも、大胆に見せてくれます。俳優さんたちの怪演が秀逸。韓国社会の陰と陽を、痛烈に描いている気がしました。“半地下の家族”ってねえ・・・予告だけ見て、半地下がわかればアカデミー賞はとれませんよね、ええ。

これだけでは、なんのこっちゃ?という感じですが、ぜひ見てみて下さい。好き嫌いの分かれる映画だとは思いますが、私は楽しめたなと思える作品でした。

「オールドボーイ」ほど、強烈とか怖いといった印象はありませんでしたが、括りで言うと同部類に属するタイプの映画じゃないかと思います。

 

映画を見に行った日は、もう既にコロナ感染の影響が生活に影響を及ぼし始めていましたが、その日の映画館は満員。意外に若い人が多かったですね。このころは、まだマスク着用率は半分あるかないかくらいだったようです。

 

ところでマスクと言えば・・・・高額転売だとか、○○万枚無償配布だとか、もう狂騒曲のレベルでその不足が社会問題になっていますが、当社にも少々おかしな影響が出ています・・・・

スキンロジカルの「コインマスク」が検索の1位に・・・?

当社のECサイトの検索上位は、大抵は主力商品の

イオン導入器【ブロードイオン】や化粧水の【アミノシーローション】

であったり、または最近人気急上昇中の

【トラネキサム酸パウダー】

だったのですが、最近はなんと【スキンロジカル コインマスク】が検索1位に上がるようになりました!?どうして??

これは、多分ですが世の中のマスク不足と関係があるようです。「マスク」で検索された方が、見当違いの「(コイン)マスク」にたどり着くのでしょう。。。残念でした。

 

スキンロジカルでは3/13(金)から春の限定キャンペーンがはじまりました!

話題の【トラネキサム酸パウダー】が、初めて30%OFFの割引価格です。

9%ビタミンCの美容液は35%OFF、美白に使いたいアイテムが勢ぞろいしています。

ぜひ、ご来店ください。


市販のトラネキサム酸錠剤を溶かして化粧水に?

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

日差しが増えてきたこの季節、美白成分のトラネキサム酸、気になりませんか?

肝斑の治療に使われる成分でもあるトラネキサム酸の化粧水を使いたい・作りたいと思っても、原料の価格が元々高いため、配合された商品も値段が高いのが実情です。

ならば・・・と、お医者様で処方されるトラネキサム酸カプセルや市販のトラネキサム酸錠剤を粉にしたりして、水や化粧水などに溶かして利用したら安く利用できるのでは?と考えたことがありませんか。

確かに処方や市販のトラネキサム酸錠剤は濃度も高く(種類にもよりますが50~75%程度含まれています)、配合化粧品に比べて濃度当たりの単価安くなる可能性はあります。

しかし、処方や市販されるトラネキサム酸は本来服用(経口摂取)するものです。
そのためトラネキサム酸以外の残りの25~50%の成分には、固めるための成分や、飲みやすくするための添加物、油、界面活性剤などが配合されています。また、シロップなどでは糖分や保存料も使用されています。

特にイオン導入する場合は、成分が浸透しやすくなるためイオン導入に不必要な成分や悪影響を及ぼす可能性のある成分は、できるだけ含まないことが重要となります。

どんなに安く手にはいるものであっても、きれいになるつもりがトラブル肌になるなどの本末転倒なことにならないように、肌につけるもの、ましてイオン導入する場合には、化粧品として使えるものをきちんと選ぶことが重要です。