極寒の日のランチ

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

このところ、寒い日が続いていますね~。外出するのが億劫になってしまいます。

昼の休憩のためランチに出かけるのも、「寒いから近場に」「暖かい場所に」という選択になっています。そんな寒い日には、ふと思い出して行きたくなる店があります。先日、極寒の日に久しぶりにランチに訪れました。訪れたのは約1年ぶりくらいではないでしょうか?

恵比寿にある、石鍋スンドゥブ専門店「チャメ」です。

恵比寿駅西口から、駒沢通りを中目黒方面へ数分行ったところ、スキンロジカルのオフィスからも近い場所にあります。

豚、きのこ、海鮮など、いろいろな種類の石鍋スンドゥブがあり、石釜ごはん、モヤシのナムル、飲み物がついて、1,000円程度~。

そう広くはないお店ですが、結構女性が多いのです。私が行った時も、カウンターに座っていたのは全員女性でした。一人でも入りやすく、数名の場合は、テーブル席や小上がりもあります。

この日は、冬の期間限定の「牡蠣スンドゥブ」をいただきました。1,230円也。

辛さは、お好みで選ぶことができます。また、卵がついているので、それを入れてまろやかにすることも可能です。私は、辛いのはあまり得意ではないので、標準の辛さにしました。それでも、熱くて辛くて・・・真冬なのに食べていると汗がタラーと出てきます。チーズなどのトッピングを選ぶこともできますよ。

作っているところを少し拝見していると、豆腐は四角の豆腐を切って入れるのではなくアイスクリームをすくう、大きなタッパー?のような容器に作ってある豆腐を匙ですくって鍋に入れているのです。ですので、「これ豆腐??」というような不思議な形で入っています。食べてみると豆腐だった!

石釜ごはんは、炊き立てのものを石釜のまま運んできてくれます。端のほうは、おこげになってパリパリです。お茶碗にするとたっぷりと2杯以上の量があるのではないでしょうか?けれども、スンドゥブの味の濃さでごはんも進み、ペロリと食べてしまいます。

なぜか、平日の昼間からビールを飲みながらスンドゥブを食べている人が結構います。仕事中??

体があったまりたいとき、辛い物を食べたいとき、ここのスンドゥブはおすすめです。

 お店の前の看板。なんて書いてあるのかなー???


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)