長く導入すれば効果も上がる?

Last Updated on 2024年5月23日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルスタッフです

残暑の時期になりましたが暑い日が続いています
熱中症もまだしばらく注意が必要そうです

さて、今回は「イオン導入と時間」のお話

日焼けのケアや、シミやニキビの対策に有効と言われているビタミンCなどをイオン導入できる「イオン導入美顔器」は「イオン導入を行う時間」 がたいていの機種で設定されており、商品によってはブザー音など で目安となるタイミングを教えてくれます。

では、その目安の時間を超えてイオン導入すると効果は上がるのでしょうか?

答えは「 No」です。

イオン導入の効果は、イオン導入器を正しく使用することではじめて発揮することができます。
少しでも効果を上げようと、利用する機器の推奨する時間を超えてイオン導入をすることは効果がなくなるばかりか、逆に肌にとって負担をかけることがあります。

長時間のイオン導入には例えば以下ようなデメリットが考えられます。

・電気を肌に流すことは少なからず肌の負担となるため、トラブルに対するリスクが増える

・導入面をマイナスにする場合、水溶液は時間経過とともにアルカリ性に偏るため肌への刺激が強くなる可能性がある

・肌への成分の吸収量は限度があり、長時間導入することにより効果が時間に比例して上がることは見込めない

・電気を長時間流すことで成分の分解が促進される可能性があるため、本来の効果を得ることができなくなる

このような理由により、効果的にイオン導入を行い、トラブルを起こさないためには決められた使用時間を守って、定期的に継続することがとても重要な意味を持ちます。

当店で販売している「ブロードイオン」は、一般的なスティックタイプのイオン導入器が全顔10~15分かかるのと比べて「15秒~30秒」というかなり短い時間で全顔をケアできます。
これは、ブロードイオンの形状とイオン導入の特性に着目して作られた電流波形によるもので、これにより短時間かつ毎日ケアできるイオン導入美顔器として設計されています。

ブロードイオンの場合は、1回15秒、フェイスマスクの左右・上下をそれぞれ押さえて使用して、全顔のケアには30秒で十分な時間となります。

もし、コインマスクに使用した導入液が「もったいないな」と感じられる場合は、長時間同じ部分に導入するのではなく、デコルテや手の甲、背中などにも使用できますので、場所を変えてご利用する方法もおすすめです。

その際にイオン導入する場合も、一ヵ所につき15秒~30秒の時間を守ってケアしてみてくださいね

bi_try2_36_2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)