そもそも、イオン導入って?

Last Updated on 2024年5月22日 by スキンロジカル スタッフ

皆様こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

さて、スキンロジカルは「イオン導入専門店」という肩書きが付いているのはご存知かと思います。

当店は元々、皮膚科医の先生との共同でまだ美容目的でのイオン導入が一般的ではなかった頃から、クリニックのケアを手軽にご家庭で行なえることをコンセプトにスタートしています。

現在もそのコンセプトは変わらずイオン導入でのケアを中心にして商品の開発や販売を行なっています

イオン導入は、電気の力で肌に有用な成分をイオン化することで単純塗布より肌の奥まで届けることができます。
イオン導入で現在一番メジャーな成分は皮脂抑制・美白・抗炎症作用・コラーゲン生成など、導入することで肌に対し様々な働きかけを行なうビタミンC(ビタミンC誘導体)です。

このビタミンCをはじめ、アミノ酸・プラセンタ・フィチン酸などは、イオン導入の際に電気の極性をマイナスにして行ないます。
イオン導入は電気の力を利用しますので、電池などと同じくプラスとマイナス(極性)が存在します。

イオン化できる(電気の力を帯びることのできる)成分に対し、電気を流すことで、プラスまたはマイナスの電気を与え、同じ極性同士が反発する力を利用して肌の奥へ成分を送り届けます。
磁石の同じ極が反発して押しやられるのと同じ作用です。

当店で取り扱いをしているイオン導入専用ローション・エッセンスについてはリファインローションを除き、マイナスでのイオン導入となります。

ではイオン導入器についているプラスのモードはどのように使用するのかというと、プラスでイオン導入できる成分のイオン導入にも使いますが、一般的な利用方法としてはイオン導出に使います。

イオン導出は簡単に言うと、マイナスの電気を帯びた目に見えない汚れなど電気の力を使って吸い寄せ取り除くことです。
導入とは逆で、磁石の異なる極同士が引き寄せあうのと同じ作用です。
なお、プラスの電気を帯びた汚れはイオン導入の際にコットンに付着します。

イオン導出は導入の効果を高める働きもあるため、当店でも週1~2回程度の導出をお勧めしております。
導出に使うローションは精製水や水道水が利用できます。導入とは違い電気を通し、汚れを吸着させるための水分となります。

「導出にどういったものを使えばいいのかイマイチ分かりにくい」

そんな場合は、体と等張である基材を元に保湿感の得られる成分などを配合したイオン導出ローション「リファインローション」を使ってみてください。
イオン導入の際にローションとして使うのはもちろん、シンプルな処方なので化粧水として肌の弱い方にもお使いいただけます。

使用方法はイオン導入器のPOLARITY(極性)をプラス(導出モード)に変更して、週1~2回リファインウォーターをしみ込ませたコインマスクやコットンを使って導出時間はイオン導入と同じく1回15~30秒。
この際、肌表面に浮いた汚れが気になるようであれば、軽く水で洗顔してください。
その後、イオン導入器のPOLARITY(極性)をマイナス(導入モード)に変更していつもの導入専用ローションで導入します。

「肌触りが変わったな」と思ったら、導出の効果が出ているかもしれません。
導出を今までしていなかった皆様、これを機会にぜひお試しを。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)