未分類」カテゴリーアーカイブ

クーポンキャンペーン開催

こんにちは
スキンロジカルスタッフのフジです。

本日より開催の「MAX1800円OFF!クーポンキャンペーン」
ご案内です。

購入商品額により、割引額がアップする
お得なクーポンを配布しています。

クーポンは3種類!

1万円以上購入でお使いいただける「700円OFF」クーポン」

15000円以上購入でお使いいただける「1200円OFF」クーポン」

2万円以上購入でお使いいただける「1800円OFF」クーポン

ご利用可能期間は5/23(木)~5/27(金)まで
期間中は何度でもご使用いただけます!

※クーポンは併用不可となります
※定期購入は対象外となります

——

6月10日まで!
9%高濃度ビタミンC誘導体美容液も今だけお得です!


GW期間中のお知らせ

こんにちは
スキンロジカルスタッフのフジです。

「平成」もいよいよ残りあとわずか。
天皇陛下の譲位による御代替わりが行われ
5月1日からは新元号「令和」となります。

昭和生まれの自分としては
平成が始まって30年以上も経っていることに
改めて驚かされています。
そして新元号が始まり「3時代を生きる」世代となることは
なんだか感慨深いものがありますね。

それでは平成最後&令和最初のスペシャルキャンペーンのお知らせです。

スキンロジカルではGW期間中に
お使いいただけるお得なクーポンキャンペーンを開催します!

本日10:00スタート!
「GW限定お得クーポン・キャンペーン」

GW期間中はずっとお得!何度でも使えるクーポンとなりますので
ぜひご利用ください。

——————————————————

スキンロジカルオフィシャルショップでは
GW期間中、発送・お問い合わせ業務はお休みとさせていただきます。

詳しくは下記をご確認くださいませ。

●2019年GW期間中の商品発送、お問い合わせのご案内

皆さまにはご不便をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。


新商品発売!【APPSパウダー】その秘密!

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

3/15に久しぶりの新商品が発売されました!

【スキンロジカル APPSパウダー】0.2g×4包入り ¥2,500(税込)

これまで、

★【TAパウダー】(トラネキサム酸&APPS)

★【トラネキサム酸パウダー】

この2種類の手作りタイプの化粧品パウダーを発売してきましたが、今回は「APPS」のみのパウダーです。

「APPS」は、言わずと知れた“進化型ビタミンC誘導体”のことです。(アプレシエという品名がついています)

何が進化かと言うと・・・浸透性が高いので、イオン導入しなくても、イオン導入した時ように、肌の深部への浸透が高い、というビタミンC誘導体なのです。

当社では、できれば毎日朝晩のイオン導入をお勧めしておりますが、忙しい現代人はなかなかそれもできません。そこで、イオン導入できない時はぜひこの「APPS」を使っていただき、イオン導入同様にビタミンCを肌へ送り届けて頂きたいと思い、発売しました

 

手作りパウダーの利点のひとつに、濃度を自分で調整できる点が挙げられます。

この商品は、0.2gの粉を20mLの水で溶かすことを推奨していますが、この方法で濃度1%です。APPSは1%が適正(効果がでる濃度で、刺激がない)といわれています。

ですから、これ以上濃度を濃くするのはNGですが、肌の調子がイマイチで刺激に弱く敏感になっている状態の時などは、多めの水で溶かし、濃度をもっと薄くして使う事ができます。

 

そして、【TAパウダー】【トラネキサム酸パウダー】を購入された方はお判りになると思いますが、この2つのパウダーに比べて、

❝APPSの粉は、軽くてフワフワ❞

ですから、0.2gと言っても見た目の分量はトラネキサム酸の1gに相当するくらいあります。

 

水にはしっかりと溶けます。

水に振り入れて、はじめは「ダマになりそう・・・?」と思うような状態が見られるかもしれませんが、マドラーでしばらく混ぜてていくうちに、すっかり溶けますので根気よく混ぜてください。

マドラーで混ぜるのが面倒だからと、決してボトル入れてシャカシャカ振ったりはしないでくださいね!泡立ってしまって(この泡は残って消えません)、最後まで使えなくなってしまいます。

 

水(水道水)に溶かすことに抵抗がある方がいるかもしれませんが、日本の水道水はかなり基準の高い検査をくぐっている安定した品質の水です。むしろミネラルウォーターなどよりも品質も一定ですから安心です。

また、APPSはほかのトラネキサム酸などと少々異なり、水に溶かしても使用感はサッパリしすぎず、少し保湿感のある柔らかい使用感になりますので、水で充分です。

それでも、水道水に溶かすのに抵抗がある場合は、【スキンロジカル リファインローション】に溶かしてみてください。さらによい使用感になります。

 

 

お値段的にも、とてもコスパのよい【スキンロジカル APPSパウダー】です。

ぜひお試しくださいね!

ビタミンCですので、酸化防止のためパウチの保管は冷蔵庫をお勧めしております。

 

只今、スキンロジカルでは春のキャンペーンを開催中です!

↓ こちらから ↓

 

 


濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、乾燥が強まりますので、そういった
意味では濃度の高さが副作用ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、例えば何種類もある「ビタミンCの誘導体」
は、ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
それぞれの誘導体のビタミンC含有率や、肌でビタミンCに
変換される効率がすべて違います。

油溶性のビタミンC誘導体は濃度が高く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのはこういった
理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。


ようやく!「ボヘミアン・ラプソディ」

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

先日、ようやく大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行ってきました。

公開開始から早3ヶ月も経ちますが、平日の夜にも関わらず、そう小さくもないシアターは上映開始時間には、ほぼ満員に。。。場所柄かもしれませんが、思ったより若い方が多かったです。

私は、フレディ・マーキュリーが存命で活動していた時のQUEENのことは、当時知りませんでしたが(子どもしたからね)、大人になってからアルバムを買って車でよくリピートしながら聞いて運転していましたので、曲はよく知っていました。

ボヘミアン・ラプソディはもちろん、映画では流れませんでしたが[バイシクル・レース」などは「可笑しな曲!!」と思いながらも、歌詞を口ずさめるくらいよく聞いていて好きでした。

QUEENをしばらく聞いていなかったのですが、映画の中でイントロが流れるだけで「あ、あの曲だ!」とわかるくらいよく覚えていて、思い出して懐かしかったです。

懐かしいいうのは、ちょっと失礼でしょうか。どの曲も、今でもいろいろな場面で流れているバリバリ現役の曲なのですよね。ビートルズの楽曲もそうですが、素晴らしい曲は一過性のものではなくて、時代に関係なく受け継がれていくんですよね。(クラッシックがその最たるもの)

このように、曲はよく聞いてしっていたものの、QUEENというバンドについては詳しく知らなかった(知っていたことは・・・フレディーがゲイで、エイズで亡くなったことくらい)私にはもってこいの、QUEENというバンド(特にフレディ・マーキュリー)に焦点を充てたストーリーでした。

ありがちな、栄光と挫折、復活。その途中にある、恋愛、裏切り、友情や家族との絆などが、史実に沿って描かれています。大半のファンは既に知っている内容だし、ありがちなストーリなのですが、そこにあの名曲の数々が流れて、とても心酔できました。そして、私には知らなかったことが沢山ありました。

曲にまつわる初めて知ったエピソードも感動です。

・「ボヘミアン・ラプソディ」の、あのヘンテコな部分はオペラから生まれた!

・「We will lock you」の導入部分は、観客に参加してもらうためにに作られたもの!

そして、最後のライブ・エイドの場面は、臨場感たっぷり。迫力のある音と映像は、映画館で見てこそですね。

※写真は映画公式サイトよりお借りしました

久しぶりに、「もう一回みたいな」と思える映画でした。

 

本当は、この映画を見に行ったのは、猫好きのフレディの愛猫が沢山出ているということだったかでもあったのですが・・・そんなに沢山は出てきませんでしたよ。

 

ひとつ突っ込みをいれると

“フレディ役の俳優のラミ・マレックの出っ歯はやり過ぎ!!”

でしょう??

 

実際のフレディは、あそこまで出てないし・・・(笑)

 

映画の中で、出っ歯の義歯をつけて演じるラミ・マレックが、しゃべっている途中で上唇が義歯に何度も引っかかって、口をモゾッとさせるのが、可笑しくてツボでした。

おわり