未分類」カテゴリーアーカイブ

イオン導入におすすめ! 100均でみつけた便利で激安なコインマスク!

こんにちはスキンロジカルです。

イオン導入に必須のコインマスク。

「イオン導入しようと思ったらコインマスクがなくなってた!」

「消耗品だから、できるだけ安いのがないかな?」

「コインマスクトレーや手を汚さずに液を浸せないかなあ?」

こんな方におすすめのコインマスクをみつけましたのでご紹介します!

↓それがコチラ↓

【圧縮フェイスマス12個】

価格が12個入で110円 1個あたり約9.7円です。  激安!!

ポイントは個別にカップに入っているところです。

蓋を開けてカップに化粧水を直接注ぐだけで、マスクが膨らんでシートパックになります。

コインマスクトレーや手のひらにおいて化粧水を浸す必要がなく、簡単で衛生的。

カップ蓋の色もピンクで女子力も高く、使うのが楽しくなりそう。

これなら利便性もよく経済的で、イオン導入がどんどんやれちゃいますね。

 

 

スキンロジカルの【コインマスク】と比較すると

素材は同じ《パルプ》ですが、手触りはかなり違います。こちらのほうが少し地厚です。

地厚なので液も多めに吸い込むかと思いきや、検証してみたところ【スキンロジカル コインマスク】と同じく、約7mL程度でした。

広げたときの形はやや横長で、口周りがちょっと大きめに開口してます。目が縦に伸びるので、少し縦に引っ張って顔に広げるとちょうどよく大きさになります。

[Made in China]で中国製ですが、(スキンロジカルのコインマスクは日本製です)日本のメーカーさんの商品です。

今回は100均の「Can Do」でみつけました。

カップ入りコインマスクは類似品が100均の「Daiso」にもありますが

どちらとも、いつでもどの店舗にもあるわけではないのです。

品切れだったり、店舗によっては置いていなかったりでなかなか出会えない…だから見つけたらまとめ買いがオススメです。

 

スキンロジカルのイオン導入器【ブロードイオン】といえばオバケ?みたいなフェイスパッドが特徴。これを使うためになくてはならないのがコインマスクです。

 

イオン導出も時々するとなれば、1ヶ月でも30個以上のコインマスクを消費します。

イオン導入は、継続することで効果が出るスキンケアです。それにこれから紫外線が強くなるシーズン、ビタミンCなどのホワイトニングアイテムは毎日欠かせません。

 

そのためには、コインマスクは便利でコスパの良いものをストックしておくのがおすすめです。

街の100均へ行ったときは、こんなコインマスクがないか?美容コーナーを覗いてみて下さいね♪

 

↓ 5月中は【VCローション】を送料無料でお届けしています ↓

↓ スキンロジカルのオリジナルコインマスクはこちら ↓


ビタミンC誘導体は何に溶ける?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

今回は「何に溶ける?」のお話です。

みなさんご存じのイオン導入成分のエース、ビタミンCですが、このビタミンCはもともと水溶性です。
つまり水に溶ける成分(水溶性)で、油には溶けにくい性質を持っています。

それにもかかわらず、クリームなどの油性成分がメインの化粧品にもビタミンCは配合されています。

この場合、クリームはベースとなる成分(基材)の油性成分のほかに水を含む場合も多くあります。
この水に水溶性ビタミンCを溶かし、油と乳化させる形で配合しています。
また、ビタミンCそのものに油に溶ける別の成分(パルミチン酸やステアリン酸など)をくっつけることで、油に溶けるようにしたものもあります。
成分に別の成分をくっつけて、別の性質を持たせた成分を、誘導体といいます。
この場合、ビタミンCの誘導体となります。

そんなビタミンC誘導体には水にも油にも溶けるものがあります。
APPSは成分名を

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

といい、水に溶けるアスコルビルリン酸Naと油に溶けるパルミチン酸をくっつけて作られたビタミンC誘導体です。

そのため、APPSは水と油で守られた肌のバリア層へなじみが良く、水溶性ビタミンCや油溶性ビタミンCに比べても、肌への浸透率は上がります。
また、水溶性ビタミンCの特徴であるイオン導入が可能であり、水溶性ビタミンCで感じがちな乾燥感を、パルミチン酸で軽減しています。

このようにとても魅力的で非の打ち所のなさそうなビタミンC誘導体のAPPSですが、安定性に難があり長期保存ができません。また、ほかの成分との相性にもクセがあるため、高濃度配合することが難しい成分でもあります。

そんなAPPSを一番効率よく使えるのは、使う直前に作ってとにかく早く使い切る方法です。
作ってから長期保存すると、効果の低下はもちろん、細菌の発生による肌へのトラブルの原因ともなります。

水道水で作った場合は、作成から冷蔵庫で保存して1週間程度であれば問題なく使用ができます。

正しい作成方法と保存方法で最大限に効果を出す使い方をしてみてください。

スキンロジカル TAパウダー 4包
https://item.rakuten.co.jp/sophia-cosme/ta_powder/

 


乾燥から肌を守る

新年明けましておめでとうございます。

2021年もどうぞ「スキンロジカル」を
宜しくお願い申し上げます。

“福”が詰まったお得すぎる「スキンロジカル新春福箱」は
まもなく予定数に達するため販売終了となります。
迷われている方はお急ぎくださいませ。

ドライスキンが気になる今の時期は
乾燥対策が大切なのはご存じの通りです。

皮脂量が、夏の60%ほどしかなくなる
弱った肌を、しっかりケアしていきましょう。

おすすめは「スキンロジカル リペアモイストクリーム」。

肌の水分をしっかりと挟み込むセラミドを高配合。
保水力のある肌をキープして乾燥から守ります。

セラミドとは肌の細胞同士や水分を
つなぎとめる役割ももつ成分です。

乾燥やほこりなど外部からの刺激から
肌を守るバリア機能の役割も担っています。

このセラミドは年齢を重ねるほど
減ってしまうもので、セラミド不足によって
肌荒れやや乾燥、シワなどの老化が
現れやすくなっていきます。

「リペアモイストクリーム」は
このセラミドを高配合し
乾燥や肌トラブルから守ります。

また肌に刺激になりうる成分を
極力排除し、肌に必要なと機能を厳選した
成分配合となっています。

重さを感じず、さらっと伸びるテクスチャなのに
しっかり保湿力があるので、
べたつきやすいクリームが苦手な方にも
おすすめです。

今なら冬のキャンペーン特別価格でお買い求めいただけます。

1月12日(火)まで「スキンロジカル 冬のキャンペーン」

 

 


人気のビタミンC誘導体「APPS」の特徴を活かすスキンケア

こんにちは、スキンロジカルです!

今年最後のブログ更新です。

 

今回は、スキンロジカルの代名詞とも言える、

美肌作りには欠かせない「ビタミンC誘導体」についてお伝えします。

 

ビタミンC誘導体にも、いくつかの種類があり

少しずつその特徴が異なります。

違いを知ることでアイテム選びやお手入れの際使い分けがしやすくなりますので

ぜひ参考になさってください。

APPSは、イオン導入をやっていてビタミンCの重要性とデリケートさを理解されている方なら

その高機能さが良く分かる優秀な成分です

 

今回は、現在キャンペーン中の商品

スキンロジカル CEローション

 

スキンロジカル TAパウダー

この2つの商品に配合されているビタミンC誘導体<APPS>について

わかりやすくお伝えします。

 

★ビタミンC誘導体<APPS>★

表示名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

APPSは略称で、「アプレシエ」はAPPSを製造している原料メーカーの商品名です。

 

 

★人気のビタミンC誘導体<APPS>の特徴

進化型ビタミンCとも言われているAPPSの特徴は次の2つあります。

・高い浸透性

・両親媒性(水溶性と油溶性のどちらの性質も持っている)

 

★「高い浸透性」でイオン導入不要?

APPSの特徴は、なんといってもその浸透性の高さです。

化粧水中の美容成分は肌につけただけでは、肌のバリア機能に阻まれて真皮層までたどりつくことができません。

そのため、スキンロジカルではイオン導入という電気の力を使ったスキンケアで浸透させることをおススメしているわけです。

ところが、APPSはその高い浸透性で塗っただけでも真皮層まで到達することが可能です。

APPSならばイオン導入は不要とも言えます。

だからイオン導入をしないとき、(例:イオン導入は夜だけで朝は時間がないからできない場合など)は、 ビタミンCを肌の真皮層に届けるのにはこのAPPSが最適なのです。

※ただし、ビタミンC(アスコルビン酸)の含有量はAPSやAPMといったポピュラーなビタミンCよりも少なく比較すると60%程度になります。

 

★「両親媒性」で肌に馴染みやすい

水溶性と油溶性のどちらの性質も持っているため、肌に馴染みやく

つけた後の肌の質感が「しっとり」しているのも特徴です。

肌に水をつけたときと、油をつけたとき

どちらがしっとりとしますか?

やはり油をつけたときですよね?

それと同じ原理です。

APSやAPMなどのビタミンCを配合したイオン導入化粧水

例えば【スキンロジカル アミノシーローション】や【スキンロジカル VCローション】

はビタミンC以外の成分(保湿成分など)を殆ど配合していないので、つけた後の感触はとてもサッパリしています。

 

APPSを配合している場合、例えば【TAパウダー】を水に溶かしただけで肌につけた場合でも

しっとりとした感触が感じられます。

 

★[APPSを肌につけるだけ VS APS&APMでイオン導入]どちらが真皮層に多くビタミンCが到達する?

A:肌につけただけでも高浸透のAPPSを塗布する

B:APSやAPMをイオン導入する

この2つの方法を比べたとき、ビタミンCがより多く真皮層まで到達するのはどちらでしょうか?

答えはB

どんなに浸透性が高くても、自然の浸透と電気を使って浸透させるのでは、その強制力には勝てません。

また、APPSはビタミンCの含有量が少な目というのも難点だからです。

 

それでも、ビタミンCを肌につけるだけよりもずっと肌に浸透できるAPPSは

忙しくて毎回イオン導入できない人には、美肌の救世主ともいえる高性能な美肌成分です。

 

★忙しい朝の手早い浸透にピッタリ!冬のしっとり肌にもピッタリ!<APPS>

ビタミンC特有の使用感も和らぎ、しっとりとした感触で冬の肌を柔らかく保湿してくれます。

ぜひ、APPS配合の商品を普段使いにもお使いください。

↓数量限定商品です!残りわずかとなりました↓

【スキンロジカル CEローション】

 

↓冬のキャンペーンで35%OFF バリエーションも豊富に!↓

【スキンロジカル TAパウダー】

 

 


ビタミンCの「乾燥感」

 


こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

ビタミンCは、イオン導入ととても相性の良い美容の万能成分ですが、お使いになる肌によって使用後に「乾燥」を感じられる方がいらっしゃいます。

ビタミンCには、抗酸化・抗炎症・コラーゲンの生成促進・メラニンの抑制・メラニンの還元などなど・・・と、この後20個くらい「など」が続くほど、体や美容に重要な成分です。

その効果の中に「皮脂抑制」の効果があります。特に水溶性ビタミンC誘導体はその作用が強いため、脂性肌、テカリ、化粧崩れにお悩みの方にはとても相性の良い成分です。
しかし、逆に使用後に肌の乾燥や突っ張りを感じることがあることもあります。
こんな場合は、ビタミンCをイオン導入した後に保湿をしてあげると、ビタミンCの様々な美容作用を受けながら、ツッパリ感や乾燥感を低減することができます。

また、アミノシーローションやPCローションは、ビタミンCは高配合のまま、他の保湿成分を配合することで使用後の乾燥感が無いように調整されています。

アミノシーローション・・・各種アミノ酸
PCローション・・・プラセンタ

ビタミンCのイオン導入はやってみたいけど、乾燥するからちょっと…という方は、イオン導入の後に、手持ちの乳液やクリームで保湿してみてください。
イオン導入の後であれば、どのような美容アイテムを使用しても問題ありません。
また、根本からの保湿も視野に入れるのであれば、保湿成分の入ったアミノシーローションやPCローションを検討してみてください。


イオン導入後の保湿には、今ならこれがおすすめ

スキンロジカルリペアモイストクリーム
https://www.sophia-cosme.com/SHOP/cream_30.html