月別アーカイブ: 2014年12月

スキンロジカル リペアモイストクリーム開発秘話

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

2014.12.19 Friday スキンロジカルから待望の保湿クリームが誕生しました。2年越しの企画で、やっと皆様のお手元に届けることができました。

IMG_3482
[パッケージは、おなじみの白地&シルバーロゴのスキンロジカルカラーにイオン導入をデフォルメした模様です。シンプルデザインですんなり決定しました]

 

<遅れてしまった発売時期>

本来、乾燥が始まる時期の10月ごろに発売したかったのですが、最後のところで、クリームのテクスチャー(=使用感:のびのよさ、しっとり感、サラット感などの触感で感じるもの)が「これが最後!」という段階でもがまだ納得できるものにならず、「発売時期が遅れてしまうけれど・・・」という決断がせまられましたが、やはり再度試作を試みたのでした。

IMG_3500
[テクスチャーは、分かりやすく例えると・・・マヨネーズくらいの硬さ?といったところ]

 

<保湿を最優先>

スキンロジカルシリーズをご利用者の方は、そのほとんどが「イオン導入」を行っている方です。

イオン導入に最適で、ニキビ・皮脂対策、美白、エイジングケアと万能の美肌成分であるビタミンCですが、乾燥感を伴いやすいという性質も持ち合わせています。そのため、イオン導入のご説明の際には「導入後は必ず、乳液やクリームで保湿をしてください」とご案内しています。

スキンロジカルシリーズでは、【スキンロジカル Bジェルプラス】というアイテムがありますが、これはジェル状の軽いテクスチャーのクリームで、水がベースとなっています。もともと、ニキビのトラブルなどがある方(どちらかといえば脂性肌の方)向けに開発されたもので、バリア機能を高め、ダメージ回復、にきび等のトラブル防止に焦点をあてており、保湿効果はさほど高いとはいえません。

そのため、保湿力のあるアイテムが必要でした。クリームは、油分を補給するアイテムではありますが、油分だけでは本質的な保湿にはなりません。「保湿成分」をお肌に与えることが必要なのです。そこで私たちがこだわったのが、セラミドという保湿成分でした。

 

<セラミドにこだわる>

セラミドの詳しいご説明は、オフィシャルページをご覧いただくとして(http://www.sophia-cosme.com/SHOP/cream_30.html)、セラミドにもいろいろな種類があり、配合濃度をどのくらい入れるか保湿成分はセラミドだけで充分か?という点から、配合保湿成分についても充分に検討をかさねました。

市場に出ているセラミド関連の商品には、セラミド配合とうたっていても、擬似セラミドを使用しているものや、ほんのわずかな濃度しか配合していないものもあります。セラミドの効果を感じるには1%の配合濃度は必要であるといわれていますので、濃度が低すぎると配合されていても効果は望めません。また、セラミドは原料自体の価格も高価ですので、本当のセラミドを効果的な濃度配合し、さらに価格もお手ごろなものを製造するのは大変難しいのです。

そこでスキンロジカルでは、人肌に馴染みやすい皮膚に存在するものと同じ構造の”ヒト型セラミド”
3種類配合し、効果的な濃度を考慮して2%高配合しました。

IMG_3501
[容器は、水分を挟み込みセラミドをイメージした透明感のある二重のデザイン]

 

<エイジングケア機能も兼ね備える>

保湿重視のクリームといっても、やはりお客様は保湿だけでは物足りません。美肌になるための、エッセンスも同時にクリームでも補いたいのが本音です。そこで、保湿以外の機能も兼ね備えるとしたら・・・?そう考えたときに、美白やコラーゲンの生成促進はイオン導入で充分に補えていますので、足りないのは更に強力なエイジングケアのための機能でした。そこで、近年抗老化の成分として大変注目されているEGFを始めてとして、FGF、IGFの3種のヒトオリゴペプチドを配合しました。自ら肌を再生するために重要なこの成分は、年齢とともに減り続けるので化粧品で補給することでエイジングケアすることができ、小じわ、たるみ、シワ、シミなどの予防を行うlことができるのです。

[保湿する=モイスト]+[エイジング対策=リペア]という意味を込めて、[リペアモイストクリーム]に落ち着きました!

<ノンシリコン>

スキンロジカルシリーズでは、当たり前ともいえる、防腐剤無添加、無着色、無香料ですが、それ以外にも界面活性剤や鉱物油などにより肌トラブルが起こることもあります。そこで、スキンロジカルでは機能ばかりを重視するのではなく、「お肌の刺激となりうる成分はできるだけ配合せず、肌にやさしい」という、デメリットを排除することも重視しました。それは、スキンロジカルシリーズを利用されている方は、肌トラブルをお持ちの方や、これまでに化粧品による肌トラブルの経験がある方などが多いためです。

シリコンは、手触りや伸びをよくするという使用感向上の目的ために配合されている成分で、使用直後は肌を膜のようなもので覆うので「しっとりした」や「ツルツル」といった感触がするのですが、一方でコーティング力が強いため毛穴を塞いでしまい、ニキビや吹き出物ができる原因となることもあるのです。

クリームなどのアイテムには、ほとんどといっていいほどシリコンが配合されています。それは、クリームなどは、使用感のよさが大きく影響するためです。そのため、シリコンなしで理想的な使用感に仕上げるのは、なかなかに大変なものでした。それで、なんどもなんども、試作⇒試用⇒試作⇒試用、ヒアリングなどを繰り返し行い、出来上がったのが【スキンロジカル リペアモイストクリーム】なのです。

IMG_3487
[ノンシリコンだけれど、ごわつき感がまったくなく、むしろのびのよいサラットした仕上がりで、緩すぎることも硬すぎることもありません]

 

【スキンロジカル リペアモイストクリーム】の詳細はこちら

 


ホエイ・乳清・・・成分表示名:ヨーグルトエキス

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
12月9日に人気の「スキンロジカル ホイップピールパック」をリニューアル
しました。

リニューアルにあたり、よりケアの実感が高まるように成分を再度見なおし
つつ、追加の成分を配合しました。

追加された主な成分は3つ

・ヨーグルトエキス
・パインセラC
・アンズニカ-AG

今回はその成分の中でも、「ヨーグルトエキス」のお話です。
ヨーグルトエキスは、ホイップピールパックの成分表示では
「ヨーグルト液(牛乳)」と表記しています。
文字の通り、原料は牛乳から生成されたもので、牛乳に含まれる
乳脂肪分や乳蛋白等を除いた「ホエイ」または「乳清」とも呼ばれる
成分から調製される水溶液です。

なんだか小難しいはなしですが、「ホエイ」とは身近なもので、ヨーグルトを
開封した時に水のようなものが上に溜まっている事がありますが、これが
「ホエイ」です。

ホエイは牛乳からヨーグルトやチーズなどを作り出す菌である、「乳酸菌」
の発酵物で、乳酸、アミノ酸、乳糖、ミネラル等を含んだ成分です。
また、ヨーグルトやチーズを作る際に出る副産物でもあります。

乳酸はAHA(α-ヒドロキシ酸・フルーツ酸)の一種で、皮膚に存在するNMF
(天然保湿成分)に乳酸塩としても約10%含まれるため、ケミカルピーリング
にも使用されるAHA類の中でも肌に優しいとされる成分です。

乳酸によるソフトなピーリング作用は、角質除去の補助や肌荒れの改善が
期待され、乳酸を含めたホエイの成分は、NMF自体の成分に近いため
肌を柔軟に保ちつつ、保湿や免疫低下制御作用、チロシナーゼ阻害に
よる美白作用など様々な効果も期待されます。

スキンロジカル ホイップピールパックは、「ケラトリン」のタンパク質分解
作用で、古い角質を結着させている古いタンパク質を取り除き、発泡
することにより浮かせて除去します。
さらに今回配合したヨーグルトエキスの作用で、事前に角質を柔軟に
することで、余分な古い角質を取り除く力をアップさせながらも、より
肌に優しくなりました。

生まれ変わった「スキンロジカルホイップピールパック」をお試し下さい。

詳細はこちら
→ スキンロジカル ホイップピールパック


角質ケアパックがリニューアル!

こんにちは
スキンロジカル スタッフのフジです。

古い角質を泡で落とす
スキンロジカル ホイップピールパックが
パワーアップしてリニューアルしました!

wp_300px

3つの新成分を配合して
さらにスキンケアの実感が高まるように
生まれ変わりました。

★ヨーグルエキス(ホエイ)
角質を柔軟にして、古い角質をはがれやすい状態に

★パインセラC
植物性セラミドが角質層のバリア機能をキープして乾燥を防ぐ

★アンズニカ-AG
ピーリング成分の刺激を抑えて、敏感な肌の方でももっと使いやすく

今までのホイップピールパックも
使ってすぐに、その高い効果を実感できると
大変好評いただいていた商品です。

今回はその効果をさらに高め、
より多くの方におすすめできる
アイテムとして生まれ変わりました。

冬の乾燥環境にさらされた肌は
古い角質が溜まりやすく
ほっておくと
さまざまな肌トラブルの元となります。

スキンロジカル ホイップピールパックは
泡で古い角質だけを落とし、
肌環境を整えて、くすみしらずの肌へ導きます。

シュワシュワと刺激のない泡パックの心地よさを
ぜひ体感してください!

リニューアル記念として
ただいま送料無料でお届けしています♪

s_wp_new_sale


恵比寿ランチ☆スタミナ編「kintan」

こんにちは、スキンロジカルスタッフの田中です。

本日は、また恵比寿でのランチ情報をお伝えしたいと思います。

今回行ってきたのはココ、恵比寿のおしゃれな焼肉店「kintan」です!

「kintan」って、変な名前・・・と思っていたら、由来は“金舌”で牛タンがおいしいお店のようですね。

恵比寿駅西口から3分ほどでしょうか(ちなみにスキンロジカルオフィスからも5分ほど)、恵比寿神社前の参道に当る場所にあり、外観は、焼肉屋さんっぽくないオシャレな雰囲気です。

kintan

中に入ると、床や壁はウッディで暖かい雰囲気で、煙臭さなどはまったくしません。

いつもながら、遅めのランチ時間だったので、お客さんはチラホラ。

ランチは、定食もありますが、お値打ちで軽い焼肉も食べられます。もちろんテーブルで焼きながら・・・

この日私は、お値打ちランチの「石鍋すき焼」のセットを注文しました。スープ、サラダ、飲み物、石鍋すき焼、ご飯、デザートまでついたボリュームで、税込ジャスト1,000円です。

kintan2

しかも、サラダ、スープ、ご飯はお代わり自由。「お代わりはいかがですか?」と、丁寧に勧めてくださいます。石なべすき焼きのお肉は、ロースではなくカルビ(おそらく)が入っていました。私には、ちょっと脂っぽいので沢山は食べれない感じではありましたが、具沢山でおいしかったです。やはり女性としては、デザートが少しでもいいので付いていると、本当に満たされた感じがしますね。

隣に来た女性は、手短に一人焼肉をしていました。これも、ビジネス中のランチタイムならではです。夜の人がわいわいといる焼肉屋さんでは、とても一人焼肉をする勇気はありませんから・・・

この「kintan」は人気店で、夜はなかなか予約が取れないのだとか・・・ランチにこられてラッキーでした。次回はランチで、一人焼肉に初挑戦してみたいと思っています。

恵比寿焼肉「kintann」⇒ http://www.ebisu-yakiniku-kintan.com/