日別アーカイブ: 2016年1月29日

コーヒー1杯のお値段

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

最近、自宅の近くに「椿屋珈琲店」が新しくオープンしたので、出勤前に立ち寄ってみました。

銀座や新宿などで看板を見かけたことのある「椿屋珈琲店」ですが、利用するのは初めてです。

どんなお店なのかなー?店頭のサービス案内の看板を見ると「モーニングセット1,200円」とあります。えっつ??ちょっと高くないですか??私は、勝手に名古屋式の珈琲にプラス100円でモーニングがついてくるのをイメージしていたのですが・・・。

入ってみると、可愛いサロンエプロンをまとい、ヘアーバンドをつけた女性スタッフが、広いボックス席に案内してくれました。なるぼど・・・ここは、スタ〇や〇トール、上〇珈琲などのカフェスタイルとは一線を画すお店のようです。また、最近東京を席巻している、青いコーヒー店(?)とも異なります。言ってみれば、昔ながらの本格珈琲を出す喫茶店といったところでししょうか?タバコが苦手な私は、最近はいわゆる「喫茶店」というもの(大抵喫煙可という店が多い)にはとんとご無沙汰していました。

IMG_6198

↑これは、襖に芸者さんが描かれているのをイメージしている壁画しょうか。

内装は大正ロマンを感じさせる雰囲気で、壁には日本画風の絵が飾られています。照明もオレンジのランプのような明かりです。

さて、珈琲です。

注文したのは、

[椿屋オリジナルブレンド 980円]

IMG_6196

ロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーで出てきます。もちろんシュガーポットやミルクピッチャーも同様です。オープンしたばかりなので、カトラリーもピカピカ!

でも・・・高っ!

コーヒー1杯が約1,000円って、ホテルのラウンジ並みですね。もちろんおかわりは自由なんかじゃありませんよ!

店内はとても落ち着いた雰囲気ですので、慌しく朝のコーヒーを飲むのではなく、ゆっくりと新聞やお気に入りの本などを広げながらコーヒーを飲む時間を楽しむ場所、そんなコンセプトのお店のようです。

1杯ずつ、マシーンではなくマイスターが入れてくれたコーヒーはとても香り高く、大変おいしいものでした。

kagurazaka

↑大正レトロな店内の様子(写真はHPよりお借りしました)