日別アーカイブ: 2016年3月30日

見て味わう飲み物

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

桜の季節ですねぇ。

私は、桜の塩漬けにお湯を注いだ「桜茶」がとても好きで、よく飲んでいます。お茶は、なんだかカフェインがきついけれど、白湯でも物足りない・・・そんな時にちょうどよいのが「桜茶」なのです。

先日、和菓子を置いているカフェで、珍しいお茶を頂きました。

「らん香煎」というお茶です。

IMG_6357

桜茶と同じように、蘭の花を塩漬けにして白湯を注いだものです。桜茶は、かなり桜の葉の香りや味がしますが、「らん香煎」はもっとまろやかな感じです。塩味と花の香り、そして視覚で楽しむお茶ですね。

桜茶はよく慶事などで出されていますが、「らん香煎」もそのようです。購入しようと思ってネットでいろいろと探したのですが、[販売終了]となっていてまだ購入できていません。花には旬があるし、桜ほど大量に収穫?できない蘭ですから、製造量にも限界があるのかもしれません。どなたか、購入できるサイトをご存知でしたらコメントくださ~い。

 

そして、もうひとつ・・・目で見て楽しめる飲み物。

先日、新潟の長岡へ伺った時に頂いたのがこれです。

 

 

IMG_6413

「かじか酒」

誰ですか~?見た目が気持ち悪いなんて言ってる人は!

たしかに見た目はちょっと異様な感じなのですが、こちらは新潟の魚沼地方の伝統的な骨酒で、魚野川の清流で捕れる「カジカ」という川魚を塩焼きして、熱燗に入れて飲むのです。カジカは、大人の指くらいの小さな魚で、ここでは2匹も入れてくれました。

魚の味ときつめの塩味が、熱燗に染み出して・・・濃い目のおすましのような感じもします。魚と日本酒の薫りがダメな方はダメでしょうけれども、なんだか見るだけで体が温まりそうですよ。

はじめはちょっと異様にも見えた「カジカ」が、なんだか可愛く見えてきました。