日別アーカイブ: 2018年10月12日

食べる = 肌になる ・・・ではない理由

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

先日、
「お肌のためにコラーゲンを食べても直接肌になる
わけではない」
という話をしているテレビを見ました。

コラーゲンは、ご存知の通り肌の張りや潤いを保ち、
しわを目立たなくするアンチエイジングには
ピッタリな美肌成分です。

このコラーゲンは人を構成するタンパク質
30%にもなります。

実は、冒頭のお話はここがポイントなんです。

ご存知の方も多いと思いますが、コラーゲン
実はタンパク質がつながってできたものです。
タンパク質がつながって大きくなることで
独特の潤いや弾力を持つ成分になります。

食事やサプリメントなどでコラーゲンを食べると、
タンパク質へ分解され、さらに分解されて体内に
吸収できる小さなアミノ酸となって吸収されます。
つまり、この時点でコラーゲンはアミノ酸となり、
その特徴を失ってしまいます
結果として、肌に直接コラーゲンとして取り
込まれるわけではないのです。

さて、吸収されたアミノ酸は、血液によって
体の隅々に運ばれて、体の維持につかわれます。
この時に肌に運ばれたアミノ酸は、ビタミンCの
力によって一部がコラーゲンとなるので

テレビでは、
「コラーゲンはそのまま吸収されないが、
ビタミンCを同時に摂取することでコラーゲン
の生成を促す」
という話でした。

しかし、アミノ酸まで分解されたコラーゲンを
含め、多くの栄養素は優先的に生命の維持に
使われるといわれています。
つまり、一緒に摂取したビタミンCの力を
借りても必ず
「肌のコラーゲン」
として生まれ変わるわけではないのです。

では、直接肌に塗れば、コラーゲンの力を肌に
生かすことができるかというと、そう簡単に
いかないのです。

先にお話しした通り、コラーゲンはタンパク
質がつながってできた大きな分子です。
しかし大きなサイズの成分は、肌のバリア
機能によって跳ね返され、肌の一番欲しい
部分には送ることができません。

では、コラーゲンを肌に塗ることは全く意味が
ないのかというと、水分を伴った膜を作ることで
肌から水分の蒸発を防ぎ、乾燥から守ります
また、傷の修復を助けてきれいな肌に戻す力を
補助することができます

しかし、根本からの美肌やアンチエイジングを
求めるのであれば、コラーゲンをはじめとする
美肌成分を肌に直接取りこむのが近道です。

そこで、イオン導入です。
コラーゲンの元となるアミノ酸と、アミノ酸からの
コラーゲン生成を補助するビタミンCは、両方とも
イオン導入できる成分です。
直接イオン導入で肌に送り込むことができれば
最短で確実なケアともいえます。

スキンロジカルでは、自身も美肌成分であり
サポートも万能なビタミンCと、肌の材料でも
あるアミノ酸を無駄なく配合した化粧水
として、「アミノシーローション」をご用意
しております。
もちろん、イオン導入ができる処方で作られて
いるため、単純に肌につけるよりも、イオン
導入することでより効果が出やすくなります。

イオン導入器のブロードイオントライアルセット
には、この「アミノシーローション」が最初
からセットになっているため、初めてイオン導入
を試す方ももちろん、おすすめです。