日別アーカイブ: 2019年6月25日

和菓子の日

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

去る6月16日は、「和菓子の日」だったということをご存じでしたか?

この「和菓子の日」は、全国和菓子協会が定めたものですが、ビジネス的な意味合いの濃い「〇〇の日」ではなく、由緒ただしい宮中行事に基づいて定められたものです。

宮中で16個の菓子を神前に供えて疫病を払い、「嘉祥」という元号に改元したことから6月16日を「嘉祥の日」と定めたそうで、それにちなんでいます。

昔は、16個の菓子(あるは餅)を食べるなどの風習があったようですが、現在は「和菓子を食べよう」的な位置付けにもなっているようですね。

ということで、最近和菓子づいている私です。

「嘉祥の日」の6月16日は、1年でこの日しか販売していない、虎屋のお菓子を注文して購入して頂きました。虎屋も一部の店舗でのみ販売されていたもので、江戸末期に宮中に納めていただものを復元したものだそう。

「嘉祥菓子」7ヶ盛 3,240円

かわらけに杉の葉が敷かれた上に、7個のカラフルなお菓子が乗っています。

7個はそれぞれ、外郎製や餅菓子、落雁、松風、干菓子など。

お供えした菓子ということで、贈答菓子のような見た目の華やかさよりも、それぞれの菓子に何らかの意味合いが込められているのでしょう。(そこまでは、しおりには記載してありませんでしたが)珍しいものをいただき、「嘉祥の日」を楽しめました。

 

そして、6月の和菓子と言えばこれですね。

「水無月」

夏至の日に食べる、有職菓子で

1年の丁度真ん中ですから、半年間の汚れや汚れをはらい、残り半年の無病息災を祈願して

それにちなんで食べるお菓子です。

下の白い部分は夏の暑さを払う氷室の氷に見立て、上にのっている小豆は邪気払いの意味があります。

こちらも、有職菓子ということでもともと京都で食べられていたものが、今は全国的にその風習が広がったようです。

私が今年頂いたのは、京都の桂にある「中村軒」さんの水無月です。

「中村軒」さんは、以前にお店に伺ったこともあるのですが、京都の桂離宮近くに古くからある団子屋さんで、今でも趣のある古い建物で商いをされていて、お店でこのようなお菓子やかき氷などを頂くことができます。

下の部分は氷をみたてているので、白い外郎で作られているものがオーソドックスですが、最近では黒糖製の外郎だったり、緑色で抹茶入の外郎もあります。この写真は黒糖入りの外郎で作られているタイプです。

小豆の、硬さやも丁度良く、さすがに長く続く有名なお店のお菓子というだけありました。

 

そして、外郎製の水無月が多い中、葛で作られた水無月もあります。

こちらは、京都鶴屋さんの水無月で、葛製です。

透明感があって、より氷のイメージに近いですね!小豆も数粒にとどめているのは、透明感を出すためでしょうか?意外と、甘さはあって1個でも十分な満足感があります。

お値段は、意外!葛製のほうか高かったです。

 

こんな感じで、最近は東京では購入できない、地方のお菓子などを取り寄せて頂いたりするのを楽しんでいます。地方の菓子といっても、東京ではデパートや、○○館といった都道府県のアンテナショップなどで、なんでも入手できてしまうので、珍しいものを見つけるほうが難しいのですが・・・。

さて、7月になったら何処の何をいただきましょうかね?

 

スキンロジカルでは、夏のキャンペーンを開催中です。

新しく、お求めやすい #トラネキサム酸パウダー も発売しましたのでぜひご利用ください。