日別アーカイブ: 2020年5月29日

アフターコロナの肌は紫外線の要注意!~免疫力DOWN!で敏感に~

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

まだ気を抜くことはできませんが、6月からは少しずつ外出ができるような状況になりそうです。

 

外出を避けて在宅する状況が始まった3月は、春とはいえまだまだ寒い時期でしたから、一足飛びに夏にやってきたようです。

あと1ヶ月もしないうちに夏至となり、日が一年で一番長い時期となります。

 

2ヶ月ほど一気に季節が飛んだ感じですので、お肌の手入れも切替が必要です。

お肌について、アフターコロナで気を付けたいことをまとめました。

 

★ 3月→6月 紫外線の強さが全く違う

3月はようやく日差しに温かみを感じるような時期で、紫外線もまだ強くはありませんでした。

ところが、現在はもうすっかり夏の日差し。朝も早い時間から、夕方遅くまで長時間に綿って紫外線が降り注いでいます。

3月までの感覚で外出していては肌に大きなダメージを与えるので、もう完全に夏仕様の紫外線対策をしましょう。

日傘

サングラス

防止

日焼け止めは夏用のSPFとPAの値の少し高いものがベターです。

コロナ期間にすっかり定着してしまったマスクは、顔の紫外線防止にはよいアイテムです。

今年は真夏にマスクを付けていたとしても、誰からも不思議がられないでしょう。

できれば黒色で大き目のマスクを着用して、シミができやすい頬骨の辺りまで紫外線をガードしましょう。

 

★ 肌の紫外線免疫力がDown

冬は紫外線が弱いため、紫外線に対する免疫力が下がっていました。

現在は、冬仕様で紫外線を浴びない肌のまま、急に夏の紫外線にさらされることになります。

短時間の紫外線を浴びただけでも、日焼けしやすいばかりか、アレルギー反応を起こすこともあります。

外出後、夜のお手入れでは肌を沈静化させるケアを行って下さい。

ビタミンCやトラネキサム酸は、美白などのエイジングケア効果に加えて肌の炎症を抑える働きもあります。

 

★ 肌の新陳代謝もDown

外出していないと、やはり運動量はどうしても減ってしまいます。

身体の新陳代謝も下がってるため、肌の角質がたまっていることもあります。

スキンケアで新陳代謝を上げるお手入れをして、肌をととのえましょう。

顔の皮膚がガサガサしていたり、硬くなっていると感じたらピーリングで角質を除去して新たしい皮膚を表面化させることができます。

 

身体もガサガサしていませんか?夏になって肌を露出する部分も多くなります。

身体を洗う際に肌をやわらかく整えると、保湿剤の浸透もよくなります。

 

アフタ―コロナのスキンケア方法いかがでしたか?

基本は3つ

・紫外線から肌を守る

・紫外線を受けた後の肌を沈静化させる

・代謝を高めて肌を柔らかく保つ

この3つに注意して、肌に刺激を与えないようにして夏を迎えましょう。