サクラとイチゴやナシ、リンゴ

こんにちは、スキンロジカルイノウエです 😀

今年のサクラは本当に早く咲きましたね。
landmark_sakura

東京ですと、5分咲きのところもあればほぼ満開のところまで
開花も様々。

ただ、最近風が強い日が多くて自然に散る前になくなって
しまうんじゃないかと少し心配です 🙁

サクラといえば、先日テレビで「分類学上【バラ科】の植物である」と
説明してましたが、皆さんは知っていらっしゃいましたか?

バラ科の特徴は、
「花びら・ガクは5枚、おしべは10本ないし多数、めしべは1本~多数。
葉は単葉または複葉で葉根元に小さな葉のようなもの(托葉)がある」
となっています。

でも、現在売られている一般的なバラや、八重桜などは花びらが5枚
以上あります。
これは、品種改良によってできたもので、野生のバラなどは5枚の花びら
なのだそうです。

サクラをはじめ、イチゴビワアーモンドナシリンゴなどもバラ科に
含まれます。

現在では、姿や形で分類を決める形態的特徴分類のほかに、染色体や
DNAから分類するより正しいAPG植物分類も進んでいます。

ちなみに、APG植物分類で分けるとバラ類は被子植物の1/4以上の種
含んでいるらしいです。かなりのグループになんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)