麻布十番の老舗 「更科堀井」

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

東京人は蕎麦好きが多いようです。お店も、老舗の蕎麦屋から駅の立ち食い蕎麦まで、駅前は50メートルに1件くらいはあるでしょうか?

先日は、麻布十番の老舗蕎麦屋「更科堀井」へはじめていってきました!

創業は寛政元年(1789年)ということで、なんと226年もの歴史がある蕎麦屋さんです。

老舗といっても、蕎麦屋のいいところは、いつ・誰とでも気軽に入れるところ。

ここも、閉店前1時間くらいだったのに、家族連れや、外国人の観光客、会社帰りのサラリーマンなどで大変賑わっていました。やはり、欧米人・アジア人の観光客が多いのは、六本木に近い立地だからでしょうか?

こちらでは、更科蕎麦といわれる、そばの実の芯の部分だけを用いて打つ真っ白なそばが、お店のウリなのですが、やはり見た目も蕎麦らしいのが食べたい!と思い、江戸前のもりそばをいただきました。(790円)

IMG_4555

細くて、コシは適度にありますが強すぎることはありません。蕎麦独特のザラザラ感も余り感じません。

そばつゆは・・・江戸前らしい、辛くて濃い汁です。どっぷり蕎麦をつけてしまうと辛いので、お酒が欲しくなります。お酒の代わりに、蕎麦屋の定番玉子焼き(700円)を頂きました。すでにお醤油味のついた大根おろしつき。そばつゆの辛さが、玉子焼きの甘さでちょうどよい感じになります。

IMG_4554

この日、またひとつ江戸の名店を尋ねることができました。蕎麦好きというわけでもありませんが、沢山あるお店を色々食べて比べるのも面白いです。(比べる舌は持ちあわせていないけれど・・・)

でも、蕎麦が790円で玉子焼きが700円って・・・?蕎麦が安いのか?玉子焼きが高いのか??

どっちでしょう?

»› 更科堀井のオフィシャルサイトはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)