戦前のオフィスビル☆明治生命館

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

古い時代の建築物に興味のある私は、都内でも気になる建築物がたくさんあり、そのひとつに、皇居のお堀の前にあるとても印象的な建物が気になっていました。

古代ギリシャやローマの建築物を思わせる荘厳な柱た並ぶその建物は「明治生命館」です。(明治記念館とは違いますよ!)昭和9年に建築された戦前のオフィスビルで、東京大空襲の戦火をくぐりぬけ、戦後はGHQに接収されて使用されていたという建物です。

IMG_6286 IMG_6287

現在は、明治安田生命ビルの一角がこの明治生命館で、一部は現在もオフィスとして使用されながら、一般公開もされています。ようやく先日、行って来ました。

この建物の一般公開は、近年始められたものであまり一般に知られていないせいか、訪れている人も多くありませんでした。ゆっくり見る事ができるのに、入館料は無料!!都心でこんな場所はめったにはありません。

IMG_6276

IMG_6280

1~2階の吹き抜けには、大理石の太い柱が立ち並び、大変荘厳な雰囲気です。石膏彫刻による天井は、コファリングという八角形のくぼみいとロゼットという丸い花飾りで、華やか。

 

 

IMG_6277
戦時中に金属回収令で供出されてしまった、ブロンズ製の美しい手すり。戦後復刻されました。

 

 

 

 

IMG_6273「会議室」GHQ接収の当時には、米・英・中・ソの4カ国による対日理事会がひらかれた場所です。

 

 

 

 

 

さて、これはなんでしょう??

IMG_6278

隣は食堂。そうです!先ほどの窓は食堂の食事を提供する窓口なんですね。IMG_6279

 

昔ながらの消火栓。現在は、透明ではありませんが今でも消火栓の中はこんな感じですよね。

IMG_6281

IMG_6284IMG_6283

とても面白い、郵便差出口。

8階建てなので、上層階のから郵便物をこれに入れると、下で集約されたんですね。

 

 

 

現在も、お客様相談窓口として使用されている1階部分。店頭ロビーの長いすも、建物にあわせてデザインされ、製作されたものです。

IMG_6290

IMG_6292

昭和初期、今から100年近く前に、こんなにも趣向を凝らしたオフィスビルが都心にあったなんて、日本人の美への造詣は捨てたもんじゃありませんね。最近は、直線的でスタイリッシュなオフィスビルへどんどん建て変えられていますが、時代の変遷を見てきた建築物をヨーロッパのようにずっと使い続けてもらいたいものです。

東京駅、有楽町からも歩いてちょっとの場所にあるこの明治生命館。駆け足だと30分程度で内覧できるでしょうか?付近に来て、ちょっと時間がある時に立ち寄ってみてはいかがでしょう?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)