土用の丑の日

Last Updated on 2018年7月31日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは。
スキンロジカル スタッフのフジです。

全国的な異常な猛暑が連日続いており、
鬱々としてしまいます。
体調管理には気を付けなければと思います。

先日7月20日は「土用の丑の日」ということで
暑さに弱った体に元気を与えなけらばと
奮発して鰻を食べに行ってきました。

日本の暑い時期を乗り切るために
栄養価の高い鰻を食べるという「土用の丑の日」。
江戸時代から始まった風習だそうです。

近年は多くのメディアが報じているように
鰻の絶滅が危ぶまれています。
理由は海洋環境の変動、生息環境の悪化、過剰な漁獲などで
個体数が激減しているようです。

昔は専門店でしか食べられない高級食材というイメージでしたが
今では、丑の日にはスーパーなどで安価に大量に売られるようになりました。
大量消費がこのまま続くと絶滅が現実のものとなっていきます。

何年か前に「完全養殖に成功」というニュースがありましたが
いまだ普及にはまだ時間がかかるのでしょうかね。

鰻が簡単に食べられなくなってしまう日が
すぐそこにきているのかもしれません。


肝吸いも絶品!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)