新年の皇居一般参賀

あけましておめでとうございます。

スキンロジカルの田中です。

すでに2020年も10日が過ぎましたが、1/2に行われました、皇居の一般参賀に初めて行ってまいりました!今日は、そのレポを・・・今後行かれる方の参考になればと思います。

宮内庁のHPによると、開門は9:30で、一般参加の皇族方のお出ましは、午前午後に分けて計5回ほど行われます。お出ましになる方々も、その回によって異なります。

この日は、生憎の曇り。

午後は、人が多くなるだろうと思い、1回目のお出ましを狙って開門時間の9:30に入場ゲートの大手門へ向かいますと・・・そこにはもう人がいっぱい。団体でバスで来ている方もいました。

ちなみに、退場は大手門のほか東西南北?の数か所の御門から可能なのですが、入場は二重橋前の大手門からのみです。セキュリティーチェックのためでしょう。

キャリーなどの大きな荷物は持ってこないように、との事前案内がHPにはありましたが、ちゃんと預かってくれるテントもあります。

大きな荷物出なく、ハンドバックレベルの小さな持ち物でも、中身を見せてチェックを受けなければなりません。その後、金属探知機のボディーチェックと、空港の保安検査なみの検査を受けてから進んでいくと・・・広い広場に通され、そこが待機列になっていました。5人一組の長ーい列が既に3列待機していましたが、その前の2.3列は既に進行していて、私が入った待機列は1回目のお出ましには入れないようです・・・そして1時間くらいこの場で待つことに・・・。

本を読んだり、スマホをいじったりして待っていると、しばらくすると1回目のお出ましが始まったらしく、歓声の後マイクを通したお言葉がわずかに聞こえてきました。

 

そして、1時間ほど砂利のうえの待機列で立ったまままって、やっと列がう動き始めました。

皇居内、写真はOKなのですが、列が動いているため人に迷惑がかかるので立ち止まって写真は撮れず・・・ずんずん進みます。途中の門には、バッキンガム宮殿の衛兵よろしく直立不動で台の上で警備しているお若い皇軍警察の方が・・・・寒そう。瞬きはしていましたよ、はい。

 

そして、ようやう宮殿前の広場に。

長ーいガラス面の宮殿の中央が、お出ましになるバルコニー。もちろんガラス内です。

この両サイドに大型ビジョンが設置されていて、情報が流れます。お出ましになられたら、こちらに映像も映し出されます。

凄い人、ギュウギュウ。どんどん奥の方へ進んでくださいと言われますが、基本的には好きな場所に立っていていいのです。

旗は途中で配布してくれますが、旗振りは強制ではありません。万歳している方も。後方には、すごい数のマスコミのカメラが。

時間ピッタリに、おでましになりました。

この回には、天皇・皇后両陛下、上皇・上皇后両陛下、秋篠宮皇嗣ご一家、常陸宮ご夫妻、三笠宮家ご一家、高円宮家ご一家がお出ましになりました。

最も華やな雰囲気だったのが、高円宮家の承子様。一番端に立たれていましたが、背が高く、ハッキリとした目鼻立ちにピンクのスーツが映えていらっしゃっって、ぱーっと目を引きました。

少しお手振りがあった後、天皇陛下のお言葉がマイクを通してあり、またお手振りがあって、終了。お出ましは10分もないくらいでした。

帰りは、各々好きな門から退出ができます。

冬は寒いですし、夏は遮る物がなくて暑いでしょうから、気候のよい時期に行くときっと皇居内ももっと景色がよいのではないでしょうか?

御城内は、結構アップダウンがあり歩くので、ヒールなどではなく歩きやすい靴がおすすめです。

本年も、スキンロジカルスタッフブログをお楽しみに!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)