市販のトラネキサム酸錠剤を溶かして化粧水に?

Last Updated on 2021年8月19日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

日差しが増えてきたこの季節、美白成分のトラネキサム酸、気になりませんか?

肝斑の治療に使われる成分でもあるトラネキサム酸の化粧水を使いたい・作りたいと思っても、原料の価格が元々高いため、配合された商品も値段が高いのが実情です。

ならば・・・と、お医者様で処方されるトラネキサム酸カプセルや市販のトラネキサム酸錠剤を粉にしたりして、水や化粧水などに溶かして利用したら安く利用できるのでは?と考えたことがありませんか。

確かに処方や市販のトラネキサム酸錠剤は濃度も高く(種類にもよりますが50~75%程度含まれています)、配合化粧品に比べて濃度当たりの単価安くなる可能性はあります。

しかし、処方や市販されるトラネキサム酸は本来服用(経口摂取)するものです。
そのためトラネキサム酸以外の残りの25~50%の成分には、固めるための成分や、飲みやすくするための添加物、油、界面活性剤などが配合されています。また、シロップなどでは糖分や保存料も使用されています。

特にイオン導入する場合は、成分が浸透しやすくなるためイオン導入に不必要な成分や悪影響を及ぼす可能性のある成分は、できるだけ含まないことが重要となります。

どんなに安く手にはいるものであっても、きれいになるつもりがトラブル肌になるなどの本末転倒なことにならないように、肌につけるもの、ましてイオン導入する場合には、化粧品として使えるものをきちんと選ぶことが重要です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)