在宅でも日焼け止めで美白ケア ~変わる今年の夏の紫外線対策~

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

梅雨入りと前後して、暑さと日差しが半端ない日が増えてきました。

本日、6/10の熱中症指数は、日本全国ほぼ注意以上のレベルです。

東京は警戒レベル、九州や本州でも内陸部などでは厳重警戒レベルになっています。

環境省「熱中症情報サイト」より

なんだか、体がだるいような息苦しいような体調の変化を感じますね。

皆様もどうぞお気をつけください。

 

★今年の夏の紫外線対策

コロナの影響で、生活様式が随分と変わってしまった現在ですが

それと同時に紫外線防止のための日焼け止め方法も、今年の夏は変える必要がありそうです。

 

☆マスクしているから出ていない部分は化粧しなくていい?

マスクをしていても、日焼け止めや化粧は必要です。

皆さんのほとんどがつけている、白い不織布のマスクは紫外線を簡単に通過させます。

マスクをしているからと言っても、日焼けを避けることはできません。

マスクをしていても、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

☆マスクの着脱で日焼け止めの効果が下がる?

マスクを取った後は、日焼け止めを塗っていても、その効果は下がってしまっています。

それはマスクを付けることで、塗っていた日焼け止めが摩擦で取れてしまっているからです。

日焼け止めは、せっかく塗っても取れてしまえば何の効果もありません。

でも、厚い季節は呼吸が苦しくなることもあるので、マスクを外す機会も多くなります。

そこで、これまでよりもマメに塗りなおすことを意識しましょう。

 

☆在宅中こそしっかりと日焼け止めが必要デス

外に一歩も出なくても、曇りの日でも必ず日焼け止めはつけましょう。

家に居る時、日焼け止めをつけていない人はシミやシワができやすくなります。

紫外線のうち、UVA波は窓も透過し、曇りの日も雲を透過して私たちの肌へ届きます。

そしてこのUVA波こそが、肌の真皮まで届いてシミのもととなるほかにも、コラーゲンを破壊してシワの原因にもなる、肌老化を引き起こす紫外線なのです。

今までよりは、確実に在宅が多くなりそうな今年の夏。

これまではあまり意識してこなかった、家の中での紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

☆日焼け止めだけでもメイククレンジングを使って落とす

メイクをしないで、日焼け止めだけをぬった日でも、洗顔だけではなくてメイククレンジングが必要です。

日焼け止めじゃ、メイクと同様の油性の成分です。

近年は、日焼け止めが落ちないように長持ちするように機能がアップした分、肌にも残りやすくなっています。

油性の汚れを落とすメイククレンジングで、日焼け止めをしっかり落としましょう。

洗顔後にイオン導入を行う際にも、クレンジングの成分が肌に残っているのはよくありません。

クレンジングを使うのが面倒ですか??面倒くさがりでは、美肌にはなれませんよー!

 

★アフター紫外線のお手入れ

どんなに紫外線対策をしても、完全に紫外線を避けることはできませんので、アフターケアも毎日必要です。

今年の夏におススメしたいのは、「トラネキサム酸」です。

理由は、トラネキサム酸に美白の効果があるはもちろんですが、

炎症を抑える効果があるからです。

UVA波によって、急激ではなくジワジワと影響を受けた肌は、絶えずに肌が炎症を起こしています。それがいずれシミの元となるのですが、そんな肌の下で絶えず起こっている炎症を鎮めてくれれる効果があるのがトラネキサム酸なのです。

☆なじみやすくクセのない成分「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は、美白や抗炎症作用が高いのはもちろん、肌なじみがよくて使いやすい成分です。

無味無臭で、粉末は水にも溶けやすい性質があるので、イオン導入にもとても適しています。

ビタミンCの少しべたつく感触などが気になる方、脂性肌の方や男性などにはとても向いている成分です。

紫外線のアフターケアは、毎日必ず必要です。

ぜひトラネキサム酸を取り入れてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)