三浦でみかん狩り

Last Updated on 2020年12月11日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは

先日、神奈川県の三浦へみかん狩りへ行ってきました。

三浦といったらマグロといった魚のイメージが
ありますが、実はみかんも三浦の名産品なんですね。

調べてみると三浦市のいたるところに
みかん園があるんです。

市内の12か所のみかん農家が集まった
「三浦みかん狩り組合」があり、
観光客がみかん狩りへ行きやすいように、
京浜急行線の三浦海岸駅と三崎口駅に、みかん狩りの案内所を設けています。

そしてこの組合の、どのみかん園へ行っても、料金は統一されていて
どこへ行っても、同じように楽しめます。
農園の方もお客さんも双方にとっても良い仕組みだな思いました。

ちなみにお値段は

大人(中学生以上):900円
小人(小学生):800円
幼児(3歳以上):700円

その場で好きなだけ食べ放題。
持ち帰り用のお土産みかんももらえます。

※みかん園は毎年10月15日~11月30日まで

今回訪れたのは、
三浦海岸駅から程近くにある「奥本園」

入口で入園料を払うと、
ハサミとお土産用の袋、みかんの皮を捨てるゴミ袋をもらい
園の奥へ行くと、みかんがたっぷりついた木々が並んでいます。

シーズン終わりにみかん狩りに行くと
ほとんど狩られていたりしますが、
今回はどれもたっぷりと残っていました。

木を渡り歩き、1個ずつ食べ比べていきます。

美味しいみかんをひとつ見つけたら、
その木に成っているみかんは
どれも大体同じ味になるとのこと。

しかし、同じ木でも、その年々でも味は変わるので
毎年行く度に、美味しい木を探しだす楽しみがあるそうです。

木によって、酸味や甘みの強弱はありますが
どれを食べてみても、美味しくないと思ったものは
ひとつもありませんでした。

それもそのはず、三浦のみかんは市場にはあまり出回らずに
ほとんどミカン狩りと地元で消費されるそうです。
ですので、見た目よりも、味にしっかりこだわったみかん作りが
できるのですね。


(お土産用のみかんは10個位お持ち帰りできます)

都心からもほど近く、手ぶらで気軽にいけるスポットとして
おすすめです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)