リンク

クリスマスが近づいてきました
丸の内の仲通のイルミネーションは、例年どおり白一色だけで
並木道もあまり広くないので、イルミネーションでとても明るくなります。

ブログ4__ ブログ2__

丸ビルでは、巨大クリスマスツリーがお目見えです。
クリスマスコフレなど、新しい化粧品を購入する機会も多くなります。
その際に、成分名は、化粧品選びのポイントのひとつです。
化粧品の箱や瓶などの裏面には、必ず沢山のカタカナ文字が並んだ
「全成分」が記載されていますが、読んだことはありますか?

「カタカナが多くて読みにくいし、何が書いてあるかわからない」
そんな方が大半で、読んでいる人のほうが少ないでしょう。 

化粧品は、薬事法という法律に基づいて規制されていて
化粧品に含まれている全ての配合成分を、化粧品の箱や容器に表示する
必要があります。

成分は、配合量の多い順に表示されています。
基礎化粧品は、「水」が一番にくるものがほとんどです。

そして、配合されている様々な成分が“表示名”という正式名称で並びます。

例えばビタミンCであれば、その種類によって、
アスコルビン酸○○や△△アスコルビルなどです。

この順番は、配合量の多い順に並んでいます。

ただし、1%以下の配合量のものは順不同でよいことになっていますから
1%以下の成分を沢山配合していても、どんぐりの背比べ、本当にわずかしか
入っていない場合でも記載されているのです。
もし、ご自分が新しく化粧品を購入する際、ちょとだけ裏面の全成分を眺めてみてください。

やたら沢山の成分名が並んではいませんか?そんな場合、ほとんどの成分が
1%以下であまり効果を期待できないこともあります。
自分が気になっている成分、知っている成分がどれだけ入っているか
それが記載されていることも、大きなポイントになりますね。

VCローションの全成分表示

VCローション表示__

スキンロジカルシリーズの化粧水は、本当にシンプルな処方です。
全成分表示を見ていただくと解りますが、必要な成分だけを充分に配合しています。

スキンロジカル VCローション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)