皮膚の凹凸とイオン導入・ピーリングの関係

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

さて、今日は皮膚の凹凸についてのお話を。
皮膚の炎症のあとに残ることのある凹凸・・・
「あばた」ともいわれますが、これを元の戻す
ことはなかなか難しいことです。

現在、外科的治療以外で普段のケアにより改善を
目指すのであれば、やはり継続的なビタミンCの
イオン導入による、コラーゲンの生成を促すことで
皮膚を押し上げていくことが薦められています。
あわせて、ケミカルピーリングを行なうことでより
効果的になります。

ピーリングを行なうことで、皮膚表面を溶かして
(削って)滑らかにすると誤解されそうですが、ここ
でのピーリングは物理的な作用を期待しているわけ
ではなく、古い角質を除去することによるビタミンCの
導入効果を高めるためのものになります。

また、不要な角質を除去することで、肌は本来の
バリア機能を維持するために、新しい角質を生み
出します。
つまり、新しい肌の生成が促されるということです

そういった意味で、ピーリングは新しい肌を生成する
ために優秀なケアの1つともいえます。

スペシャルケアとしてのピーリング。
ぜひ取り入れてみてください。

当店の「ホイップピールパック 」は肌に優しく作って
あるため「酸性のピーリング剤はちょっと怖いな」と
いう方にもオススメしてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)