鮭の「鼻」から保湿成分

Last Updated on 2016年10月21日 by スキンロジカル スタッフ

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

鮭の旬が真っ只中
いろいろな調理でおいしい鮭ですが、最近化粧品の原料としても
話題になっているのをご存知でしょうか?

その成分の名前は「プロテオグリカン」

ヒアルロン酸やコラーゲンと同じように細胞外のマトリックスを形成する生体成分
で、保水力と弾性力に優れた特性を持っている成分です。
元々は、コラーゲンのように鶏のトサカや豚の皮や牛の軟骨から作られていた
成分ですが、最近は鮭の鼻部分の軟骨から高精度で抽出できる技術が
開発されました

ちなみに、鮭の鼻軟骨より生成されたプロテオグリカンは

肌の細胞の増殖
ヒアルロン酸産生促進
I型コラーゲン産生促進
高い保水能力

などの特徴を持ち、

肌荒れ改善
シワ改善
肌の弾力再生
メラニン生成抑制作用
色素沈着改善作用

を確認しているそうなので今後さらに保湿・保水・美肌の原料として注目をあびると
思われます。

当店でも、今後の原料として考慮していきたい成分です

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)