イオンクレンジング」タグアーカイブ

イオン導出 使ってますか?

みなさまこんにちは、スキンロジカルイノウエです。

各地続々と梅雨入りしてきました。
湿度もかなり高く、今までとは一転してじめっと暑い日も増えてきました。

さて、皆様は「イオン導出」したことがありますか?

美肌成分を浸透させるイオン導入とちがってイオン導出は、あまり注目されませんが、普段のケアに加えることで、肌をより良い状態に保てます。

イオン導出をする場合、すでにイオン導入器をお持ちであれば、イオン導出(イオンクレンジング)の機能も持っていることが多いので、お持ちの機器を確認してみてください。

当社の「ブロードイオン」であれば、POLARITY(ポラリティ)を「」にすることで導出モードに変わります。

イオン導出は、マイナスの電気で美容成分を肌に送り込むイオン導入と反対で、名前の通りプラスの電気で肌に存在する目に見えないような微細な汚れを取ることがメインとなります。

導出に使う溶液は、最低限電気を通す液体であることと、プラスに電気を帯びた無駄な成分が入っていなければどんなものでも利用できます。

つまり、導出に限って言えば水道水でも使用できます。

ちなみに導出は「汚れを取る」ことがメインのケアとなります。普段の汚れはクレンジングや洗顔で取れていますので、ケアの頻度としては週1~2回ぐらいであっても十分です。

導出の後、顔の汚れが気になるようであればさっと水で流していただくか、清潔なタオルなどで浮いた汚れを取っていただき、イオン導入を行ってください。

電気で引き寄せることのできる汚れは、基本的に目に見えてコットンにつくことは稀です。
クレンジングや洗顔を行ってる状態であれば目に見えるような汚れは取れているので、なかなか実感がないかもしれませんが、汚れが見えないからと、コットンでゴシゴシこするのはNGです。

イオン導出は、水道水でも問題ないと先ほどお話いたしましたが、当店では導出用化粧水もご用意しております。

導出用化粧水「スキンロジカルリファインローション」

は、体の塩分濃度をベースに、電気の伝導性を高めて、導出の効果が上がるように成分配合されています。
また、同時にプラスの電気を持つオリゴ糖の一種「トレハロース」「ラフィノース」イオン導入におけるビタミンC誘導体と同じく、プラスの電気の力で反発して浸透します。

この糖類は肌内部で水分を抱え保湿をサポートしてくれますので、導出ケアをしながらもイオン導入では導入されない成分を送り込み保湿ケアもできる一石二鳥のアイテムでもあります。

リファインローションは、糖類とヒアルロン酸の保湿成分を配合して、弱酸性に調整してあるので、シンプルな化粧水や手作り化粧品のベースとしても利用しやすいローションです。

なんだか肌の感じがすっきりしないと思った時は、時々イオン導出を試してみると、イオン導入の効果も違ってくるかもしれません。

なお、導出をする場合のケアの順番は、

クレンジング・洗顔→ 導出 →導入→保湿・・・

となります。導出の場合でも、洗顔後の何もついてない状態の肌に使うと覚えてくださいね。

【過去記事】イオン「導出」と「導入」の順番は重要です!

いままでイオン導出を試されたことない方も、ぜひ「イオン導出」試してみてください。


イオン導出も最短でできるイオン導入器
ブロードイオン トライアルセット

保湿成分であり、コラーゲンの原料になるアミノ酸と、その産生の助けとなるビタミンCを配合した、売り上げNo.1のイオン導入専用化粧水「スキンロジカル アミノシーローション」にコインマスクがついているので、届いたその日からイオン導入ケアデビュー!

フェイス型パッドで、イオン導出も導入も簡単&時短ケア


イオン導出化粧水【スキンロジカル リファインローション】開発秘話

こんにちは、スキンロジカルです。スキンロジカルでは、2014年3月14日のホワイトデーに、新しい化粧水を発売しました。

【スキンロジカル リファインローション】(150mL)

商品のリニューアルなどはありましたが、新商品の発売は久しぶりです。化粧品の発売は、1から開発するには長い時間が必要です。[スキンロジカル リファインローション]も、はじめの企画・構想から約2年を要しています。

 

☆ お客様からのご要望で誕生した【リファインローション】 ☆

商品の開発のきっかけは、イオン導入器の機能イオン導出をのための「イオン導出専用」のローションをつくれないだろうか?というところから始まりました。

それまでイオン導出の際には「水や精製水」を利用することをお客様にご案内していましたが、「イオン導出ローションはないですか?」とのお問い合わせや要望を多く頂いていました。

 

☆ イオン導出に必要なアイテムは「水」 ☆

イオン導出は、(+)の電流を流すことにより(-)に帯電した肌に残留している目に見えない汚れや角質などを吸着する、クレンジングの役割をします。
成分を送り込むイオン導入とは目的が異なり、汚れを電気のチカラでひきつけるのが目的です。

導出の場合も電流を媒介するものが必要となり、その役割が水です。

イオン導出をするには、単純に水道水を使えばOKです。現在の日本の水道水品質は高くて安定しているので、イオン導出液として使用するのに、条件を充分満たしています。塩素やカルキなどを気にされる方もいますが配合量は極微量であり、イオン化(電気を帯びること)されてイオン導入されてしまうことはありません。心配は不要です。

※注意:ミネラルウォーターでのイオン導出はおすすめしません。塩素やカルキ、防腐剤などは入っていませんが、ミネラルなどが溶け込んでいます。純粋に真水とはいえないからです。

薬局で販売されている脱塩精製した蒸留水の精製水も、イオン導出に使用することができます。

 

☆ 肌への負担を考えた浸透圧に ☆

「水道水」や「精製水」でイオン導出をすることは可能で、コストパフォーマンスもよいと言えます。けれども肌への影響やイオン導出の効果、利便性の面から考えると果たしてこれが最適なものなのでしょうか?

気になるのは「水道水」や「精製水」が、人の体液と塩分濃度と異なる点です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たとえばコンタクトレンズを装着するときを思い出してください。コンタクト専用の液ではなく真水を使用した場合、刺激を感じとても目が痛くなります。体液と真水では塩分濃度が異なるため、同じになろうとする浸透圧が原因です。

コンタクト装着時に使用する液体は、真水ではなく塩分が加えられた液体です。この液体は体液と等張(塩分濃度がほぼ等しい)ため、浸透圧の影響を受けません。刺激を感じずに、体もすんなりと受け入れることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お肌の場合も、同じことが言えます。体液と塩分濃度が異なる水を媒介とした場合、浸透圧によって少なからずお肌に負担が生じます。肌への刺激や負担が少ない最適な媒介水は、本来は生理食塩水なのです。

 

☆ 生理食塩水からの着想を得たイオン導出液 ☆

※写真はイメージです

イオン導出に最適な媒介液は生理食塩水だわかっても、簡単に入手することは困難です。

生理食塩水は一般流通はしておらず、購入するには処方箋が必要です。化粧品として製造販売することはできません。

そこで生理食塩水をベースにし、そこにスキンケアのための成分も配合した化粧水を作ることになりました。

折角イオン導出をするのですから、汚れを取るクレンジングだけが目的の液ではなく、美肌に効果的な美容成分も一緒に配合して、化粧水としての機能も果たせるものにしました。

 

☆ 導出しながら保湿もする【イオン導出化粧水】 ☆

>>ヒアルロン

まず代表的な保湿成分のヒアルロン酸を配合しました。これにより肌表面の角質内で水分を抱え込んで肌のみずみずしさを保たれます。ヒアルロン酸は空気中の湿度などに左右されることなく、保湿性を一定に保つことができる安定した成分です。

>>トレハロース・ラフィノース

さらに保湿効果のある糖類トレハロースラフィノースを配合し、導出しながらも反対に保湿成分を導入することを可能にしました。
この成分は(+)プラスの電気を帯びます。そのためイオン導出機能で(+)プラスの電流を流した場合には、(+)プラス同士で反発しあい、肌の隅々へ浸透することができます。

>>リピジュア(ポリクオタニウム)

通称リピジュアと呼ばれるポリクオタニウムは、肌へ塗布後に水洗いしても水分保持能力が継続するという非常に高い保湿能力を持っています。

保湿成分を配合したことで肌の表面だけでなく内側でも水分をキープして、しっとりとしたうるおいを保つことが可能です。

 

☆ イオン導出の邪魔をしないシンプル設計に ☆

【リファインローション】はあくまでもイオン導出の効率を上げるために非常にシンプルに設計されています。保湿成分は“体との浸透圧を考慮し、導出の際の肌の負担をなくす”という商品のコンセプトを崩さないように配合し、イオン導出の副次的な効果として期待できます。

肌への負担を軽減しながらイオン導出で汚れを吸着し、同時に保湿成分を肌へ与えるとこができる化粧水として[スキンロジカル リファインローション]は完成しました。

 

☆ シンプルスキンケアの日はこれ1本でもOK! ☆

化粧水イメージ

化粧水イメージ

【スキンロジカル リファインローション】はイオン導出のための化粧水ですが、保湿成分も含まれている化粧水です。「今日は、イオン導出だけをする!」とスキンケアを簡単に済ませる日は、リファインローションだけで済ませることも可能です。(その後は必ず乳液などの保湿剤を使用してください)

[スキンロジカル リファインローション]は常温で長期保存も可能と、とても扱いやすいアイテムです。

これからのイオン導入スキンケアのラインナップにぜひ、【スキンロジカル リファインローション】も加えてみて下さい。

 

[スキンロジカル リファインローション]