ビタミン」タグアーカイブ

そもそも「ビタミン」ってなに?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

最近、ふとタイトルの通り

そもそも「ビタミン」ってなに?

という疑問が出てきたので、いろいろと調べて
いました。
知ってるようで意外としらない「ビタミン」に
ついて、今回少しお話しようと思います。

ビタミン(Vitamin)は、ご存知の通りいろいろな
種類があります。

当店でもよく話に出る「ビタミンC」をはじめ
AやBやD・・・そしてPやHなど様々です。

実はこの「ビタミン」直接体を作る元となったり、
活動するためのエネルギーではありません。

人間における「ビタミン」の定義は

正常に体の機能が働くために、「必要不可欠な
有機物」

かつ

体内で必要な量を作り出すことができないため、
外部から取り込む必要がある

成分のことをいいます。

例えばビタミンC(アスコルビン酸)は、体を
構成するコラーゲンの生成などに必須の成分で、
不足すると骨の成長不全や皮膚や粘膜の異常、
出血など様々な
問題が起こり、健康を維持することができなく
なります。

そしてこのビタミンCは人間やサルなどの
霊長類と一部の哺乳類は体内で作り出すことが
できません。
しかし、それ以外の哺乳類のほとんどが体内で
合成することができる成分でもあります。
つまり生物達にとっては「ビタミンC」は外部から
取り入れることが必要でないため「ビタミン」
ではないワケです。

体内で作り出せない「ビタミン」は基本的に食べ
物として体内に取り込み体内の様々なところに
使われます。

また、一般的に「ビタミン」は、「ビタミンB」
や「ビタミンC」などと呼ばれていますが、
実は物質の名前ではありません。

例えばビタミンC配合の化粧品を見ても、全成分
には

「ビタミンC」

ではなく

「アスコルビン酸〇〇」
「〇〇アスコルビル△△」

などと書かれています。
これはビタミンが単一の「物質」ではなく「機能」
で分けられているためです。

日本は食に恵まれているため、食べられないこと
による欠乏症は少なくなっていますが、偏った
食事によるビタミン不足問題も起こっています。
体のためにもお肌のためにも、食生活を見直し
必要なビタミンをバランスよく取ることが重要
なようです。

そして、さらなる美肌を求めるのであれば、
食事で摂った「ビタミン」は先に生命活動の
維持に使われてしまうため、お肌には直接
「イオン導入」で成分を届けてあげましょう。

 

肌に良いビオチンはビタミンB

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

ビタミン・・・皆様もよくご存じのとおり、 ビタミンCビタミンA
ビタミンEなど、美容にも関係の深い栄養素ですが、ビタミンB7
ご存知でしょうか。

ビタミンB7は、ビオチンと呼ばれている成分で、不足すると皮膚の
炎症や変色、筋肉痛、味覚の異常など色々な欠乏症状がおこります。

ただし、ビタミンCなどと違い健康であれば、普段の食事と体内の
腸内細菌により必要な量を供給される栄養素のため、ほとんどの
場合、ビタミンでありながら積極的な外部からの摂取を行うこと
なく、欠乏症にならない栄養素とされています。
そのため、ビタミンの定義から若干外れていることもあり、
ビタミンB7ではなくビオチンと成分の名前で呼ばれる ことが多く
なっています。

ビオチンはタンパク質の生成に関与し、皮膚を産生する細胞を賦活
させるため、新しい肌を作り出し、ターンオーバーを 正常にすること
で、くすみを排出して、明るくきめの細かい肌を維持することに役
立ちます。

また、コラーゲンやセラミドの産生を助ける作用もあるため、 水分を
保持して肌を内側からふっくらとさせることで、シワなど年齢の悩み
にも 期待されています。

この美白やアンチエイジングにおすすめの成分ビオチンは、当店の
商品のスキンロジカルFHローションにも、相乗効果のあるフィチン酸と
ともに配合しています。

ビタミンCに比べてマイナーな成分ですが、その作用は 勝るとも劣らない
ビオチンは、Haut(肌:ドイツ語)の為のビタミンとしてビタミンHとも呼ば
れていた通り注目の美肌成分でもあります