ピーリング」タグアーカイブ

ベーグル

「メラニン毛穴」なら「ピーリング」+「ビタミンC」+「イオン導入」

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
梅雨が明けてからというもの、毎日うだるような暑さです。皆様は体調を崩されてないでしょうか。
定期的に水分補給をして、涼しい場所で休憩するなど夏の熱中症対策を万全にしてお過ごしください

先日、美容誌を見ていたところ「メラニン毛穴」という惹かれるキーワードに出会いました。

この「メラニン毛穴」毛穴が詰まっていないにもかかわらず黒く目立ってしまう毛穴のことだそうで、特に鼻や頬に現れることで顔がくすんで見える原因の一つとされています。

若いころのUV対策やケアの不足で起こるとも言われていますが、原因が「ターンオーバー」の低下とのことでしたが、ターンオーバーも含めた体の新陳代謝は年齢とともに落ちていくものなので、そういった原因に限らずいつでも起こりえる悩みともいえます

そんな「メラニン毛穴」の対処方法は、紙面によるとターンオーバーを補ってあげるように肌表面に残った角質を取ってあげることと美白ケアを徹底すること。そして全身の筋力強化だそうです。

「メラニン毛穴」はその名の通り毛穴の付近に残った黒い色素でもある「メラニン」が原因。メラニンは紫外線から体を守るための重要な生体防御物質ですが、ターンオーバーとともに排出されず残ってしまったり、過剰に作られてしまったりすると、肌のシミやくすみの原因ともなります。

なので、このメラニンの排出を促すために、ターンオーバーの正常化と促進、そして過剰にメラニンを作らせないことが重要です。

紙面では角質の除去にはしっかりとした洗顔と洗い残しに注意することと、美白美容液で全体のケアと気になる部分への重ね付けなどが対処方法として紹介されていました。

さらに、スキンロジカル流にもう一歩ケアを進めるのであれば

ピーリングによる肌表面の不要な角質の除去と高濃度ビタミンCのイオン導入がおすすめです。

ご存知の通り、ビタミンCには美白や毛穴の引き締め、メラニンの生成抑制、メラニンの還元(漂白)作用と数多くの美容効果がある成分です。

ピーリングにより、古い角質を除去してターンオーバーの正常化を進めるとともに、ビタミンCをイオン導入することで、根本からの改善を見込めます。
また、ピーリングはイオン導入効果を高めることもわかっていますので一石二鳥のケアともいえます。

この夏の「メラニン毛穴」と「メラニン毛穴予備軍」にピーリング+ビタミンCのイオン導入を試してみてはいかがでしょうか


ピーリングの種類

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

ピーリングにはいろいろな種類あるのはご存知ですか?
現在、一般的なピーリングには大きく分けて以下の3つになります。

・物理ピーリング
・ケミカルピーリング
・レーザーピーリング

当店の新商品「ホイップピールパック」は「ケミカルピーリング」の一種に
なりますが、今までの一般的な

薬剤を使って古い角質を溶かして落とす作用と違い、
古い角質と新しい角質をつなげている成分を枯草菌の作用で分解して剥がす

という「バイオ酵素ピーリング」とも言うべき新しい方式を使っています。

結果、健康な肌に負担をかけることがほとんど無いほど優しいにもかかわらず、
キメの整ったお肌へと導いてくれるピーリング製品
であることをご案内しました。

以前のお話では、同じ「ケミカルピーリング」との比較をさせていただきましたが、
今回はもうひとつのご家庭でピーリングを行なう際の選択肢に入ると思われる
物理ピーリング」との違いについてお話いたします。

物理ピーリングとは・・・

一番分かりやすい例は、日々のお風呂で体をタオルなどで「擦って洗う」アカスリ
スポンジなどで「擦って落とす」など、何かを利用して「擦り落とす」ことを物理
ピーリング
といいます。
ただし、美容・・・とくにお顔などの部分に関しては「擦り落とす」という行為は
しないかと思われますが、実は

ピーリング剤をつけてマッサージすると「ポロポロ」と角質が落ちる

タイプのピーリングは物理ピーリングの一種でもあります。具体的には

配合されている成分のくっつく(取り込む)力や削り取る力によって
古い角質を剥がし取る

という作用になります。
イメージとしては、
消しゴムで字を消して黒くなったカスが出てくる
やすりで木材を滑らかにする」といったものです。

見た目には「ポロポロと角質が取れている」ように見えますが、実際にその大部分は
角質を取り込んだり削り取るための成分
になります。
また、古い角質が取れてしまった後はその粘着力や削り取る力は新しい肌に作用を
することになり、結果として肌にトラブルを起こす可能性があります。

ピーリングに関しては「古い角質を落とす」ことも重要ですが、今から育てていくべき
新しい肌にダメージを与えない」ことも重要です。

残念ながら見た目の「ポロポロ」さでは当店の「ホイップピールパック」はインパクトに
欠けるかもしれませんが、「古い角質を剥がし落とす力」と「新しいお肌への優しさ
に関しては自信を持ってオススメできる商品ですにこにこ

ぜひ一度お試し下さい。

見た目でいえば「泡立ち具合泡」に関してはどのピーリング商品よりもインパクトは
ある
と思います!

ホイップピールパック」に
ついては当店のホームページで詳しくご案内しています。

 

また、ご質問などもメール・お電話・コメントなどで受付しておりますので
ご遠慮なくお問い合わせ下さいぺこり


ピーリングアイテムなのに優しい理由

皆さまこんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
東京は、冬晴れともいえる天気が続いています。
空気もきれいで、通勤電車の中からもきれいな
富士山(のアタマ)を毎日のように見ることができます。
ただ、雨がほとんど降っていないので、連日の湿度は
25~30%台を行ったり来たり。
肌の乾燥が一層気になりますね。

さて、皆さまはこの時期「肌のくすみ」気になりませんか?
もし、夏より「くすみ」を感じられる場合、乾燥によって
肌のターンオーバーが乱れてアカとして剥がれるはずの
古い角質が肌に残ってしまっているからかもしれません。

古い角質が剥がれず、薄い紙のように少しずつ重なると、
肌本来の色が徐々にくすんでいきます。
洗顔やクレンジング等のいつものお手入れで取り切れない
角質が「肌に残ってきたな」と思ったら「ピーリング」で
肌をリセットするのは、角質ケアとしておすすめです。

でも、「ピーリング」と聞くと、文字通り「肌を一枚剥く」
ようなイメージを持たれる方も多いと思います。
そのため、肌が敏感な方はケアとして取り込むのを
ためらわれる場合もあるかもしれません。

ピーリングは一般的に2つの方法に分かれます

物理的にこすり落とす
韓国アカスリやスクラブ(ツブツブ入り洗顔料)など

薬剤で角層を溶かす等して落とす
グリコール酸・乳酸などのフルーツ酸(AHA)など

それぞれ、効果もあるケアではありますが、
物理的に落とすものは、直接肌を傷つけてしまう
リスクがあります。
また、薬剤を使用するピーリングは医療機関などで
使用される場合は効果的ですが、使い方や肌状態に
よっては必要以上に新しい肌を痛めてしまい、
逆効果となることもあります。

そこでスキンロジカルでは、違う方面から残存した古い
角質にアプローチする成分を配合したピーリングケア
アイテムを採用しています。

スキンロジカル ホイップピールパック」は、
古い角質が「剥がれずに残っている」部分に着目した
ピーリングケアアイテムです。

肌の一番外側にある角質は、異物を体内に取り込まず、
体内の水分を逃がさない重要なバリア機能をもっていて、
1ミクロンの厚さの角層細胞が10~20層重なってできて
います。
そして、それぞれの角層細胞は、「デスモソーム」と
呼ばれる接着剤のようなものでつながり、角層を形成
しています。

ターンオーバーによって古くなった角層細胞は角層の
タンパク質分解酵素によって、この「デスモソーム」
が消化されることで、結着力を失い皮膚から剥がれて
いきます。

「スキンロジカル ホイップピールパック」はこの
「デスモソーム」の結着を弱めるフランス生まれの
酵素と、古い角質を自己発泡したジェルによって
肌を傷つけることなく、やさしく古い角質のみを
取り去って、スルリとした明るい肌へ導くことが
できます。

この時期のかさつきケアにやさしいピーリングを
取り入れてみてはいかがでしょうか?


「かさつく肌」の原因は?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

ここのところ、関東は雨。気温も上がらずまるで
冬のような日が続いています。
体調も崩しがちな気候ですが、インフルエンザの
季節も近づきつつあり、予防接種のタイミングも
悩んでいるところです。

さて、皆さまは冬になると「かさつく肌」
気になってきませんか?

肌は、日焼けや乾燥等の刺激を受けると炎症を
起こします。
特に、顔は服などに守られることが少なく、
常に紫外線や風などの環境や、洗顔などの日常
生活により日々刺激を受けやすい部分でもあり、
腹部などに比べても、慢性的に微弱な炎症を
起こしているといわれます。

肌はターンオーバーによって常に新しく生まれ
かわりますが、炎症を起こすとターンオーバーは
乱れて、ガサガサした肌に変わります。
こうなった肌は、肌本来のもつ復元力で正しい
ターンオーバーを取り戻し、正常な状態に戻って
行きます。

しかし、この炎症が慢性化してしまうと、常に
ガサガサした肌となります。

炎症による肌のバリア機能の低下



刺激を受けやすくなる




防御反応によりターンオーバーが異常に速まる




未熟な角化細胞が増え、垢として剥がれにくくなり

肌表面に蓄積する



肌のバリア機能の低下




というように悪循環に陥ります。

冬はとくに湿度の低下・乾燥した風・暖房機器の
使用等の影響で、肌の保水力の低下から、この
炎症を起こしやすく、冬の肌がかさつく原因の
一つとなります。

乾燥によって角層の水分量が低下して、細胞同士を
結合しているデスモソームの分解がスムースに行われ
ないと角層がはがれず肌がくすんで見えたり、
かさついてしまいます。

ピーリングで溜まってしまった角層を取り除き、
アミノ酸などの保水成分を肌に取り込み、
保湿ケアをすることで正常な状態に戻すことが
できます。

なお、炎症がひどい場合は自己判断せずに皮膚科で
医師の診断を受けて下さいね。

古い角質をつなぐ「デスモソーム」の結着を弱めて
泡の力で優しく落とす
スキンロジカル ホイップピールパック

保水成分であり、ほかの保水成分の原料になる数種のアミノ酸を
バランスよく配合して、その産生の助けとなるビタミンCを2種類
配合した「スキンロジカル アミノシーローション」は、
電気の力で効率よく肌へ届けるイオン導入器「ブロードイオン
にも付属しています。

 


泡立不足?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
寒い
ですね。

この季節は乾燥した風が吹くことも多く、肌が「パリッパリ」
になってしまいます。
きちんとイオン導入+保湿を心がけていつでも「みずみずしいハリの
ある肌」を保つことはカナリ重要です
なにより乾燥対策はエイジングアの基本ですから

さて寒い・・・といえば・・・

角質ケアアイテムの「スキンロジカル ホイップピールパック


肌にのせると、自然に泡が出てきて 肌に優しく角質ケアが
できますが、 気温が低くなると発泡の力が弱くなることが
あります。

そんなときは、洗顔のあとに湯船に浸かって体温を上げてから
ホイップピールパック」をお使いになることを
オススメします。

また、ご利用になる場所の気温自体を上げることでも発泡を
促すことができます。
また、最近スキンケアアイテムで人気のあるスチーム式のケア
商品
で顔の表面体温を高くすることも良い方法です。
(超音波式は保湿に効果がありますが、体温は上がりませんので
ご注意下さい)
スチーム式の加湿器は、吹き出し温度に気をつけてやけどを
しないようにして下さい。

ホイップピールパックは乾燥しがちなこの季節でも突っ張り
感・乾燥感が無く肌にやさしく作られたピーリングパックなので、
ガサガサが気になるな」と思われたら、ぜひ使ってみてください。

これからますます寒くなりますが、こんな時期だからこそポイントを
抑えてぜひ効果的なスキンケアを