UVケア」タグアーカイブ

ベーグル

「メラニン毛穴」なら「ピーリング」+「ビタミンC」+「イオン導入」

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
梅雨が明けてからというもの、毎日うだるような暑さです。皆様は体調を崩されてないでしょうか。
定期的に水分補給をして、涼しい場所で休憩するなど夏の熱中症対策を万全にしてお過ごしください

先日、美容誌を見ていたところ「メラニン毛穴」という惹かれるキーワードに出会いました。

この「メラニン毛穴」毛穴が詰まっていないにもかかわらず黒く目立ってしまう毛穴のことだそうで、特に鼻や頬に現れることで顔がくすんで見える原因の一つとされています。

若いころのUV対策やケアの不足で起こるとも言われていますが、原因が「ターンオーバー」の低下とのことでしたが、ターンオーバーも含めた体の新陳代謝は年齢とともに落ちていくものなので、そういった原因に限らずいつでも起こりえる悩みともいえます

そんな「メラニン毛穴」の対処方法は、紙面によるとターンオーバーを補ってあげるように肌表面に残った角質を取ってあげることと美白ケアを徹底すること。そして全身の筋力強化だそうです。

「メラニン毛穴」はその名の通り毛穴の付近に残った黒い色素でもある「メラニン」が原因。メラニンは紫外線から体を守るための重要な生体防御物質ですが、ターンオーバーとともに排出されず残ってしまったり、過剰に作られてしまったりすると、肌のシミやくすみの原因ともなります。

なので、このメラニンの排出を促すために、ターンオーバーの正常化と促進、そして過剰にメラニンを作らせないことが重要です。

紙面では角質の除去にはしっかりとした洗顔と洗い残しに注意することと、美白美容液で全体のケアと気になる部分への重ね付けなどが対処方法として紹介されていました。

さらに、スキンロジカル流にもう一歩ケアを進めるのであれば

ピーリングによる肌表面の不要な角質の除去と高濃度ビタミンCのイオン導入がおすすめです。

ご存知の通り、ビタミンCには美白や毛穴の引き締め、メラニンの生成抑制、メラニンの還元(漂白)作用と数多くの美容効果がある成分です。

ピーリングにより、古い角質を除去してターンオーバーの正常化を進めるとともに、ビタミンCをイオン導入することで、根本からの改善を見込めます。
また、ピーリングはイオン導入効果を高めることもわかっていますので一石二鳥のケアともいえます。

この夏の「メラニン毛穴」と「メラニン毛穴予備軍」にピーリング+ビタミンCのイオン導入を試してみてはいかがでしょうか


肌が白く輝くワケ

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。
東京はほとんど梅雨らしい雨が降らずに
梅雨明けとなったようです
すでに真夏な日差しに肌が痛めつけられて
いるのを実感します

そんな紫外線ちょっとしたお話。

みなさんがメイクの基本として使用されている
「ファンデーション」などのベース系メイク。
目指す肌の色や雰囲気、流行りのメイクに合わせて様々な
カラーをチョイスしてているかと思います

そしてほとんどのベース系メイクは肌のトーンをあげたり、
美白や透明感を演出するために、顔料や金属の微粉末を
配合しています。

顔料は成分は違いますが、絵の具と同じように、色を
肌の上に重ねて目的の肌の色に近づけるものです。
対して、酸化チタンなどの金属性の微粉末は太陽や照明の
光を反射することで、肌を明るく、透明感を持たせることが
できます

金属製の微粉末というとなんだか怖い気もしますが、基本的
には、肌に傷などをつけるサイズではなく、粉末自体を
コーティングしてあるため、偶然口に入ったとしても安全な
ものです。
また、コーティングしてあることで金属に対するアレルギーを
持っている方でも使用できる可能性があります。
※個人差・材料による製品差はありますので、気になる
成分は必ずパッチテストをしてからご使用ください。

最近はベース系メイク商品にもSPFやPAなどの紫外線防御
指数が書かれているものが多くありますが、実は書いて
いないものであっても、肌を明るくするために配合した
酸化チタンなどは、UVケアアイテムに紫外線散乱材として
配合されていますし、色の付いた不透明顔料は素材自身が
日差しを遮る(透明な下敷きにポスターカラーで色を塗ると、
光が透けなくなるのと同じ原理)ので、少しではありますが
紫外線を防ぐ効果もあります

そういった成分を配合している物をお使いの場合は、知らない
うちに普段の紫外線対策にプラスアルファしているかも
しれません