未分類」カテゴリーアーカイブ

ビタミンC誘導体の美白効果とデメリット

こんにちは、スキンロジカルです。

シミのない透きとおるような肌のために欠かせない美白ケアは、春~夏の定番ケアというしてだけでなくエイジングケアにもアプローチできるスキンケアです。

ビタミンCは美白効果だけでなく、抗酸化(エイジングケア)や抗炎症(肌あれ防止ケア)、皮脂抑制(ニキビや毛穴ケア、テカリや化粧崩れ防止)の効果もある万能の成分。

美しい肌のためには必須の成分ビタミンCですが、デメリットもあるのをご存知でしょうか?

万能ともいえるビタミンCのデメリットとは…?メリットを最大限活かすためには、デメリットについて理解しておくこともポイント。

デメリットを理解しておくことで、最適な使い方ができます。

美白ケア、ニキビケア、エイジングケアでビタミンC誘導体化粧品をお使いの方はぜひチェックしてください。

 

>>ビタミンC美白ケアのデメリット

ビタミンC誘導体の化粧品を使っていると感じつことがあるのが、”肌の乾燥”。。。

”乾燥”を誘発してしまう性質があるのが、ビタミンC誘導体のデメリットです。

感じ方には個人差がありますが、配合されている濃度に比例して乾燥しやすくなるのが一般的です。

とくに女性は男性に比べて皮脂の分泌量が少なく、30歳をすぎると顕著になるので、年齢を重ねている肌ほど乾燥しやすい傾向があります。

 

>>美白ケアとは

春~夏のスキンケアでクローズアップされる”美白ケア”は、美白成分が配合されたアイテム(主にスキンケア)を使って肌のお手入れをすること。

美白ケアに使用する美白成分はいろいろなものがありますが、基本的には「シミのもとになるメラニンの産生を抑える」という作用をもつ成分です。

代表的なものが、ビタミンC誘導体です。

 

>>ビタミンC誘導体の種類と乾燥感

ビタミンC誘導体の種類によって、乾燥の誘発度合いは異なります。

脂溶性(=油溶性)のビタミンC誘導体は油分がベースなので水溶性よりも乾燥しにくく、両親媒性(水溶性と油溶性の両方の性質をもつ)のビタミンC誘導体も同様です。

 

>>ビタミンCの含有率

ここで、どんなビタミンC誘導体が乾燥しにくいか?についてお話ししましょう。

”ビタミンCの含有率が低いビタミンC誘導体”は乾燥しにくいです。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの安定性を高めるために(酸化し難くくする)ビタミンCにほかの物質をくっつけたもの。その誘導体に「純粋なビタミンCがどれだけ含まれているか?」がビタミンCの含有率です。

製品のなかでどれだけビタミンC誘導体の配合濃度が高くても、その成分自体のビタミンC含有率が低くければ、ビタミンCの効果は低いということになります。

★含有率の低いビタミンC誘導体 → 乾燥は誘発しにくいが、ビタミンCの効果も低い

★ビタミンC含有率の高いビタミンC誘導体 → ビタミンCの効果は高いが、乾燥を誘発しやすい

 

▽ 主なビタミンC誘導体のビタミンC含有率 ▽

・VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)

・APM(リン酸アスコルビルMg)

・APS(アスコルビルリン酸Na)

・APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

・VC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

 

>>ビタミンC誘導体は保湿を充分に!

よく効く薬には副作用のリスクがあるのと同様に、効果が高く高濃度であれば乾燥しやすいデメリットもあるのがビタミンC誘導体。

適正な濃度アイテムを適正に使うのがベストですが、肌質などの個人差があり、乾燥しやすい人とそうでない人がいます。

対策としてのおすすめは、必ず保湿成分とセットで使うこと。

乳液やクリームに配合されているVC-IPなどの油溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCの含有量も低く乾燥しにくいですが、化粧水などでビタミンC誘導体を取り入れる場合は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された乳液やクリームでの保湿も必ずセットで行うようにしましょう。

 

↓ビタミンC誘導体についてもっと詳しく知りたいときはこちら↓

イオン導入研究所 成分セミナー3【ビタミンC】ビタミンCの種類と特徴

 

 

 

 

 


レビュー投稿キャンペーンがリニューアル

こんにちは
スキンロジカルです。

レビュー投稿キャンペーンが
内容新たにスタートしました。

当店では実際に商品を購入し、ご使用いただいたお客様の
生の声を商品レビューとして掲載しています。

皆様からのお声は、これからお買い物をされる方や、
当店の品質向上に役に立つ、大変貴重な情報となります。

今なら、商品お届けから1ヶ月以内に商品レビューを
投稿いただくと、もれなく500ポイントをプレゼントいたします。

ポイントは1ポイント=1円としてお買い物時にご使用いただけます

商品レビューはマイページのご注文履歴から投稿いただけます。
(レビューの投稿は事前の会員登録が必要となります)

※同一商品に対してポイントプレゼントは1回まで。
※以前にレビュー投稿された商品でも2024年4月15日以降の投稿は
キャンペーン対象とさせていただきます。

皆様からの貴重な声で、より多くの皆さまに
スキンロジカルの良さを知っていただきたいと思います。

ぜひご協力をお願いいたします。

「スキンロジカル レビュー投稿キャンペーン」

 

 


紫外線対策に「VC-HG」

こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

ご存知のとおり、夏のピークである7月~8月は
紫外線の「量」「強さ」ともに年間で一番高くなります。

そんな紫外線をたっぷり浴びた肌は
「シミ」の原因となるメラニンが過剰に作り続けられ
肌老化が一気に進行していきます。

そんな、今の時期におすすめすしたいアイテムが
「スキンロジカル VCIPエマルジョン」(乳液)です。

「VCIPエマルジョン」は、数あるビタミンC誘導体の中でも
肌のブライトニングに特化したビタミンC誘導体「VC-HG」を
配合した乳液です。

VC-HGは、シミの原因となるメラニンが作られるメラノサイトで作用し、
優れたブライトニング効果を発揮します。

★4つのブライトニング効果
シミの原因となるメラニンに対して4方向から作用します。

 Action1:シミを作らせない
メラノサイトでメラニンができる過程で、その司令を出す物質”チロシナーゼ”
ができるのを防ぎます。

 Action2:シミを閉じ込める
メラニンを輸送するための因子ができるのを防ぎます

 Action3:シミを分解する
オートファジー(自己分解能力)を活性化させて
メラニンの蓄積を防ぎます。

 Action4:シミを蓄積させない
余分な糖質が老化を促進させる要因となる「糖化」を抑制することてで
メラニンが蓄積されるのを防ぎます。


★抗シワ効果

オートファジーの活性化、コーラゲン産生機能を回復させることで
シワのできにくい肌を形成します。


★保湿効果

皮脂分泌を抑える作用を持つビタミンCは、一方で肌の乾燥を招きやすく
肌のつっぱりを感じさせてしまう面もあります。
VC-HGはグリセリンをビタミンCを融合させたビタミンC誘導体なので
保湿力を高めてうるおいもキープします。

 

夏でも冷房などで乾燥しがちな肌には
保湿ケアもかかすことはできません。
メラニン対策と合わせて保湿ケアも行える
スキンロジカルの乳液で、夏のシミや乾燥に特化した
ケアをしてみてはいかがでしょうか。


「スキンロジカルVCIPエマルジョン」

 


夜の大山詣 

 

こんにちは
スキンロジカル スタッフです。

もう1ヶ月も前となりますが
神奈川県の伊勢原市にある
大山阿夫利神社へ行ってきました。

こちらは都心からもアクセスもよく
相模国の霊山として多くの人が参拝に訪れる場所です。

大山は、別名「あめふり山」とも呼ばれ、
雨乞い信仰の中心地としても広く親しまれてきたそうです。

本社は山頂にあり、中腹に下社があり、
下社までは、ケーブルカーで行くことができます。
そこから1時間半ほど歩くと標高1251.7m頂上の本社があります。

ケーブルカーは通常の運行は17時までとなりますが、
1月の週末限定で夜間運転とライトアップのイベントが
開催されていました。


日暮れ前、17時頃に到着。
麓の駐車場からケーブルカー乗り場までは道は、
階段数382段の上り坂「こま参道」で向かいます。
歴史ある旅館や土産屋、食事処を眺めつつ15分ほど歩きます。


ケーブルカーはかなりの斜面を登ります。


日没前の車内からは
遠く相模湾まで景色が望めました。


急坂をどんどん登っていきます。


終点でおりるともう夕暮れです。
お休み処で名物の団子でお腹を満たします。

店を出たら日は落ち、あたりは真っ暗に。



ライトアップされた夜の神社は
昼とはまったく違いとても神秘的。


遠く麓に広がる街灯りがなんとも幻想的で
冬の澄んだ空気が、夜景を一層綺麗にしてくれます。

山頂は「かながわの景勝50選」の一つに選ばれ、
江ノ島、三浦半島、房総半島、都心の高層ビル群まで
見ることができるそうです。


夜景と夜の神社を堪能し帰路へ。

昨年は夏(8月)と、紅葉時期(11月)にも
ケーブルカーの夜間運行が実施されたそうなので
今年もあれば、ぜひまた訪れたいと思います。

 

 


イオン導入の後に化粧水をまたつけたくなるのはなぜ?

こんにちは、スキンロジカルです。

今年は秋をすっ飛ばして、いきなり冬?みたいな気温が続いています。10月は、お天気がいまいちな日も多く、日照時間もとても少ない月に。

紫外線の驚異?から開放されたものの、今度は”乾燥”というお肌の大敵がやってきます。

けれどもこの大敵もお手入れや環境づくりで工夫すれば、不可抗力なものではなくガードできます。しっかりと知識を身に着けて実行すれば、乾燥などのトラブルも防げるものです。

これからの時期は、ますますしっかりとスキンケアしていきましょう。

 

<イオン導入とスキンケアの順番>

「イオン導入をするとき、スキンケアってどうしたらいいの?」

と、迷われている方がいるかもしれません。

答えは…「イオン導入自体がスキンケア」です。

スキンケアでは、化粧水を手で直接かコットンにとってから顔に塗布します。イオン導入では、それと同じ行為が”コインマスクに化粧水を染み込ませて、イオン導入器で浸透させる“ことです。

そのため、イオン導入するときのスキンケアの基本は次のとおり。

1. 洗顔(肌を清潔にし、何もつけていない状態)

2. イオン導入(化粧水を塗布するのと同じ)

3. 保湿(乳液やクリームなどの油分を塗布する)

 

<イオン導入後、化粧水はつけなくていいの?>

イオン導入をしていても、化粧水もプラスしてつける方がいます。

コレ自体は、イオン導入の後につけるのであれば何ら問題ありません。

けれども「なぜさらに化粧水をつけようと思うのか?」は、ちょっと問題です。

なぜでしょう…?それはおそらく、「もっと水分を肌につけたい」という感覚があるからではないでしょうか?

化粧水で水分をたくさん肌につけると、肌が潤った”ような”気になります。けれども、それは保湿にはなっていません

水分を肌につけると皮膚表面の”角質層”の部分までは浸透し、皮膚が柔らかくなるので一時的に肌がうるおったように感じます。けれども、肌のベースを作っている部分では水分量は伏せていないため、うるおいをもった肌にはなっていないのです。

化粧水で肌につける水分は、あくまでも成分を届けるための媒介でしかありません。水そのもので肌を潤わせることはできないのです。

水分を沢山つけ過ぎても、ムダ!保湿成分を肌に届けるのが大切なのです。そのため、イオン導入で最低限の水分を肌に塗布されていれば、成分はしっかりと肌の奥まで届きます。

さらに化粧水をつける必要はないのです。

 

<スキンケアの極意 ~ポイントを抑えること・継続すること~>

スキンケアでは、もっといろいろなことを付け加えてたくなって、あれもこれもしてしまうのは、誰にでもありがちなこと。でもキリがありません。いろいろやったから、その分キレイになれるわけでもありません。

毎日のスキンケアでは要を抑え、最も効率よくケアをして”続ける”ことが一番大切です。なぜなら、肌は短期集中ではキレイにはならないから。一定の期間を必要とし、少しずつ改善されていくから、継続が必要なのです。

スキンロジカルは、最短・最小限で最大の効果を引き出せるケアとしてイオン導入をおすすめしています。

イオン導入すれば、スキンケアはプラス保湿ケアだけで十分。

1万円以上する高価な美容液が不要なのは、美容液で届ける以上の成分をイオン導入で浸透させているからなのです。

イオン導入化粧水をお得にお求めいただける<秋トクキャンペーン>を10/31(月)まで開催中です。15,000円以上のご購入で15%、5,000円以上のご購入で10%が割引されます。

ぜひ期間中にご利用ください♪

↓詳細はこちらから↓