ビジネスリーダーたちのいけばな展

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、お昼休みにコチラへ出かけました。

[代官山ヒルサイドフォーラム]

代官山蔦屋書店の近くにあり、スキンロジカルのオフィスからも10分弱の場所にあります。

こちらで「第3回 ビジネスリーダーたちのいけばな展」が開催されていて、友人が出展していましたので伺いました。

「ビジネスリーダーたちのいけばな展」とは、Flower Japanが主催するいけばな作品の展示会です。

『Flower Japanは、日本文化である「いけばな」を軸に、より豊かなライフスタイルを日本に、世界に、次世代へと伝え創出してくプロジェクトです。いけばな作家・州村衛香の呼びかけに賛同した様々なジャンルのオピニオンリーダーたちが集い、2015年からいけばなを通した文化発信を行っています。』(パンフレットより)

出展者は、誰もが知っているような大会社のCEOだったり、役員をされている方だったり、ビジネスのトップレベルで活躍しているような方ばかり。男性のほうが多く、いったいどんな作品を見せてくれるのでしょうか?

↓ 今回のテーマはこちら ↓

本と -心に残るあの言葉ー

ビジネスリーダーたちが心に残る1冊の本から、作品タイトルといけばなが生まれ、私たちにメッセージが届けられます。

3フロアーに、37人の作品が展示されています。

私が素敵だなと思った作品をご紹介しますね。

 

スキンロジカルにとっては、競合他社?となる企業の方の作品。撮影技術が拙いため、実物作品の良さがお伝えできていないと思いますが、展示されているスペース、ライトアップによる影の演出も手伝って、季節感たっぷりの作品でした。使っているのは、花はなく枝と葉のみ。シンプルだから伝わるものってあるのですねー。

 

グリーンの使い方が、絶妙で自然だなと思いました。いくつもの種類を詰め込んであるのに、ゴチャッとはしていない、でも作為的でもない。ジブリ映画などで描かれているような、現実にはないような緑の世界がふっと頭に浮かびます。

 

そして、友人M女史の作品です。

オレンジ色のサンダーソニアが、きっと彼女のイメージの“ランプ”なんだと思います。とても想像力(妄想?)豊かな方なので、それが花に乗り移ったのでしょうか?花も葉も、メチャメチャ活き活きピンピンしています。多分、全作品の中で一番・・・贔屓目かもしれませんが。

会場内のプロジェクター映像では、ちょうどM女史が妄想?をめぐらせながら、制作しているところが映し出されていました。

 

「第3回 ビジネスリーダーたちのいけばな展」は、11/19(日)まで開催されています。

詳しくはこちら⇒ http://www.flowerjapan.jp/exhibition.html

 


イオン「導出」と「導入」の順番は重要です!

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

10月下旬にもかかわらず、1週間で立て続けに2つの台風が
やってきたり、真冬かと思うような寒さが続いたり、
夏のような暑さが戻ってきたりと、体にも肌にも 負担が
かかるような日が続いています。

特に風の強い日や、湿度の低い日は肌のケアをいつもより
保湿を意識するようにすると、厳しい季節でもより良い
肌の状態を保ちやすくなります。

さて、当店のブロードイオンをはじめ、イオン導入できる
美顔器には、イオン導入のほかに、イオン導出ができる
ものも多くあります。
メーカーによっては、クレンジングモード・+(プラス)
モード等の呼び方をされている場合もあります。

これは、イオン導入がマイナスにイオン化した成分
マイナスの電気で肌に送り込むイオン導入とで、
肌や毛穴に存在する、マイナスの電気を持っている
汚れや老廃物プラスの電気でひきつけ、取り除く
ことを表します。

当然、プラスの電気を持つ美容成分は、イオン導出の
モードで肌に「導入」されますし、マイナスの電気を
持つ汚れや老廃物は導入のモードで「導出」されます。

イオン導入の際にコットンなどが汚れることがある
のは、プラスの汚れがマイナスの電気に引き寄せ
られてコットンに付着するためです。

このように、成分の特性によって「導入」「導出」は
変わるともいえるのですが、ちょっとややこしいので
ここでは、一般的な

「導入」 → ビタミンCなどの成分を肌に送り込むこと
「導出」 → 肌の見えない汚れを引き付けること

としてお話いたします。

ところで、「イオン導出」をお使いの皆様は、正しい
ケアの順番でご使用になっていますか?

「イオン導出」はお話ししました通り、汚れを引きつけ
取り除くケアでご利用いただくものなのですが、いわゆる
ファンデーションなどのメイクを直接取るほどの力は
ありません。

ご利用いただく正しい順番は、

1.クレンジングと洗顔で、メイクを落とし肌をきれいに
します。

2.「イオン導出」で肌に残った見えない汚れを引きつけ
取り除きます。
浮き上がった汚れが気になるようであれば、一度流して
いただくか、拭き取って下さい。

3.フェイスマスクやコットンを替えて、美顔器のモードを
導入(マイナス)に切り替えて、ビタミンCなどの美容成分を
肌に送り込みます。

実は、この「導出」「導入」の順番について、逆にして
しまうと せっかく導入したビタミンCなどのマイナスに
イオン化した 美容成分が、プラスの電気に引き寄せられて
一緒に抜けてしまいます。

イオン「導出」を忘れてイオン「導入」した場合は、
改めて導出せず、次回のイオン導入ケアの前に行って
いただければ十分です。
(イオン導出は普段きちんとクレンジング・洗顔を行って
いるのであれば毎回のケアに取り入れなくても十分効果が
ございます)

手間をかけて行うケアだからこそ、しっかり順番を守って
最大のプラスを得られるように注意してみてください。

保水成分であり、ほかの保水成分の原料になる数種のアミノ酸を
バランスよく配合して、その産生の助けとなるビタミンCを2種類
配合した「スキンロジカル アミノシーローション」を、電気の
力で効率よく肌へ届ける「ブロードイオン」が、簡単なアンケート
に答えるだけで お得に購入できるキャンペーン中!!

古い角質をつなぐ「デスモソーム」の結着を弱めて
泡の力で優しく落とす
スキンロジカル ホイップピールパック


11月のピックアップアイテム

 

こんばんは
スキンロジカル スタッフのフジです。

11月入り、より気温も下がって冬の気配を
感じてきました。

さて、今月のスキンロジカル ピックアップアイテムは

「スキンロジカル Pエッセンス」です。

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素を始め、
ミネラル、ビタミン、アミノ酸、成長因子「EGF」「FGF」等々、
肌の栄養がたっぷり詰まった「プラセンタエキス」配合のイオン導入美容液です。

さらに、「Pエッセンス」には
プラセンタでも、希少価値の高い『馬』の胎盤から抽出したエキスを使用しています。

プラセンタのもつ秘めた力を最大限に引き出し、
肌の奥からうるおいをもたらし、
エイジングケアに適したエッセンスは、
気温が下がり、より空気も乾燥してくる
これからの季節にぴったりの商品です。

今月はこの「Pエッセンス」を
1本からでも送料無料でお届けいたします。

この機会にぜひお試しください。

 


スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

先日、【スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース】を観に行ってきました!

場所は、「新橋演舞場」です。この日は冷たい雨でしたが、沢山の来場者で熱気ムンムンでした。

歌舞伎の定式幕もなんとワンピース仕様に!

 

オリジナルグッズも飛ぶように売れていました。

 

私は、漫画の「ワンピース」は全く読んだことがないのですが、筋は舞台を見ればOKとのこと。

3幕あり、2回の休憩を挟んで3時間半。

3幕とも異なる場面や登場人物が出てきて話がどんどん進みますが、飽きさせず、登場人物も多いのに複雑な人間関係やストーリーもなくて、とても分かりやすい内容です。

衣装も、カラフル&豪華、とても凝ってる・・・ミュージカルみたいでしたが、どこかに歌舞伎の様式を取り入れた和テイストが入っているんですよ。

歌あり(ゆず)

踊りあり(日本舞踊ではない)

決闘あり(殺陣とか「○○の術」とか)

宙乗りあり(サーフボードが小さいよ?)

本水あり(水にぬれても化粧はまったく取れない)

お色気あり(男性は太ももが細いなー)

オカマちゃんあり(やっぱり男だから女装してもデカイ)

中国雑技団ばりのアクションあり(対空時間ハンパない)

お涙あり(客が泣く)

内容は盛りだくさんすぎて・・・うまく説明できませんが、端的に説明すると、主人公の少年ルフィの冒険物語(根底にあるテーマは愛と友情)のエンターテイメント舞台!

この日の数日前に、この公演の主役ルフィを演じていた市川猿之助さんが、「セリに衣装が巻き込まれて、左手を骨折する重傷」という、大変な事態に。。。そのため、その後の公演はもともと若手主体の役替わり公演でルフィを務めていた、尾上右近さんが演じていました。

尾上右近さんは、女形を主にされている役者さんなので(素顔はなかなかのイケメン)、女性の役では姿形も声もとても美しいし、お若いので、ルフィはぴったり?と思っていたのですが・・・。

なんだか大人しい??お利巧すぎてやんちゃ感が足りないのか???

絶対的な主役で中心人物のルフィの存在感が・・・ちょっと薄いかなあと思いました。

やっぱり、主役ってどんなに出番やセリフが少なくても、舞台に出てくるだけでそこだけスポットライトがあたってるようなオーラがいるんですねえ。

なんとなく・・・主役が不在で、「ONE PIEACE」が足りないなと、私は感じたのでした。

でも、とっても楽しい舞台でおススメです。公演は11月末まで続きます。

 

 

 

 


「かさつく肌」の原因は?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

ここのところ、関東は雨。気温も上がらずまるで
冬のような日が続いています。
体調も崩しがちな気候ですが、インフルエンザの
季節も近づきつつあり、予防接種のタイミングも
悩んでいるところです。

さて、皆さまは冬になると「かさつく肌」
気になってきませんか?

肌は、日焼けや乾燥等の刺激を受けると炎症を
起こします。
特に、顔は服などに守られることが少なく、
常に紫外線や風などの環境や、洗顔などの日常
生活により日々刺激を受けやすい部分でもあり、
腹部などに比べても、慢性的に微弱な炎症を
起こしているといわれます。

肌はターンオーバーによって常に新しく生まれ
かわりますが、炎症を起こすとターンオーバーは
乱れて、ガサガサした肌に変わります。
こうなった肌は、肌本来のもつ復元力で正しい
ターンオーバーを取り戻し、正常な状態に戻って
行きます。

しかし、この炎症が慢性化してしまうと、常に
ガサガサした肌となります。

炎症による肌のバリア機能の低下



刺激を受けやすくなる




防御反応によりターンオーバーが異常に速まる




未熟な角化細胞が増え、垢として剥がれにくくなり

肌表面に蓄積する



肌のバリア機能の低下




というように悪循環に陥ります。

冬はとくに湿度の低下・乾燥した風・暖房機器の
使用等の影響で、肌の保水力の低下から、この
炎症を起こしやすく、冬の肌がかさつく原因の
一つとなります。

乾燥によって角層の水分量が低下して、細胞同士を
結合しているデスモソームの分解がスムースに行われ
ないと角層がはがれず肌がくすんで見えたり、
かさついてしまいます。

ピーリングで溜まってしまった角層を取り除き、
アミノ酸などの保水成分を肌に取り込み、
保湿ケアをすることで正常な状態に戻すことが
できます。

なお、炎症がひどい場合は自己判断せずに皮膚科で
医師の診断を受けて下さいね。

古い角質をつなぐ「デスモソーム」の結着を弱めて
泡の力で優しく落とす
スキンロジカル ホイップピールパック

保水成分であり、ほかの保水成分の原料になる数種のアミノ酸を
バランスよく配合して、その産生の助けとなるビタミンCを2種類
配合した「スキンロジカル アミノシーローション」を、電気の
力で効率よく肌へ届ける「」が、セットで
お得なキャンペーン中!!