リン酸型以外のビタミンC誘導体

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

雨が続く梅雨の季節になりました。
憂鬱な時期と思われる方も多いですが、適度な雨の音は
ヒーリング効果もあり、アジサイをはじめ多くの花が咲き、
夏の野菜や果物などが出回り始める季節でもあります

・・今から楽しみです

と、季節のお話は置いて・・・

最近こんな話がありました。

ビタミンC誘導体で「リン酸型」以外のものって無いの?

当店のアミノシーローション・VCローションを始め

「ビタミンC」

を配合している商品にはすべて

ビタミンC「誘導体」(プロビタミンC)

が使われています。
ビタミンCは、非常に酸素と結びつきやすい成分で、その
特徴により肌内に存在する活性酸素と強く結びつき(=酸化)、
自身が酸化することで活性酸素を無力化します

しかし、ビタミンC(ピュアビタミンC)はそのままの形では
肌のバリア機能に阻まれ、肌に浸透しにくく、空気中に
存在する酸素と結合して、ビタミンC本来の力を失います

そこで登場したのがビタミンC「誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンC(ピュアビタミンC)の
性質を残したまま分子構造を一部変更(誘導体化)することに
よって、酸素に対して不安定であるビタミンCの安定を高めた
成分です。

このビタミンC誘導体はビタミンCの酸素が結合しやすい部分に、
別の成分を結合させることでビタミンCと酸素が結びつくことを
防ぎます。

つまり、くっつく所に先にバリアを張ってしまうわけです

この際に結合させる別の成分が「リン酸」である場合は
「リン酸型ビタミンC誘導体」となります。

AP

ビタミンCは、リン酸型のビタミンC誘導体となる事によって、
安定しますが、当然そのままの形では、ビタミンCの最大の
長所でもあり短所でもある、酸素と結びつきやすい部分に
リン酸が結合しているため、活性酸素を取り込み無力化
する等、ビタミンC本来の効果を発揮することができません。
「リン酸型ビタミンC誘導体」から
「ビタミンC」と「リン酸」へ分解
しかし、肌に取り込まれたリン酸型ビタミンC誘導体は、人の体内に
豊富に存在するフォスタファーゼ(ホスタファーゼ)という酵素によって
「ビタミンC」「リン酸」に分解されます。

分解されたビタミンCは肌内でピュアなビタミンCとして、その効果
を発揮します。

肌内ではじめて「リン酸」のバリアが取られるので空気中の酸素と結合
することなく、活性酸素を取り込むことができるのです。

また、リン酸はごく少量であり、もともと体内に存在する物質のため
肌に影響を与えることはありません
ビタミンC誘導体として「リン酸型」以外にも、

・水溶性であるビタミンCを油溶性を持たせて、浸透率を上げ、
クリームなどに配合しやすいように、テトラヘキシルデカン酸を
結合させた
「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」

・油溶性の浸透性を持たせながら、化粧水等の水溶液にも配合を
可能にするために、リン酸とパルミチン酸を結合させた
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」

・ビタミンC独特のつっぱり感を押さえるために、保湿成分の
グリセリンを結合させた
「グリセリルアスコルビン酸(VC2G)」

など、その用途によって様々なビタミンC誘導体が存在します。
誘導体は、結合させる成分によって浸透スピードや切り離しに必要な
酵素の種類や数が違うため、効果を発揮するまでの時間や、効率が
変わっています。
弊社のイオン導入用化粧水に使用しております誘導体は、
イオン導入に最適で、体内でビタミンCに戻るスピードの早い

「アスコルビルリン酸Na」「リン酸アスコルビルMg」

の2種類の「リン酸型」ビタミンC誘導体を主に配合しています。
化粧品や医薬品の新成分開発や研究も日進月歩

スキンロジカルでも新しいビタミンC誘導体の可能性を、安全性を第一に
効果、そしてイオン導入との相性などを検討して、新商品やリニューアル
商品に役立てて行きたいと思っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)