スキンケア豆知識」カテゴリーアーカイブ

市販のトラネキサム酸錠剤を溶かして化粧水に?

 

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

日差しが増えてきたこの季節、美白成分のトラネキサム酸、気になりませんか?

トラネキサム酸の化粧水を使いたい・作りたいと思っても、原料の価格が元々高いため、配合された商品も値段が高いのが実情です。

ならば・・・と、医者で処方されるトラネキサム酸カプセルや市販のトラネキサム酸錠剤を粉にしたりして、水や化粧水などに溶かして利用したら安く利用できるのでは?と考えたことがありませんか。

確かに処方や市販のトラネキサム酸は濃度も高く(種類にもよりますが50~75%程度含まれています)化粧品のそれに比べて安くなる可能性はあります。

しかし、処方や市販されるトラネキサム酸は服用するものです。
残りの25~50%には、固めるための成分や、飲みやすくするための添加物、油、界面活性剤などが配合されています。また、シロップなどでは糖分や保存料すら使用されています。

特にトラネキサム酸をイオン導入する場合は、イオン導入に不必要な成分や悪影響を及ぼす可能性のある成分は、できるだけ含まないことが重要となります。

どんなに安く手にはいるものであっても、きれいになるつもりがトラブル肌になるなどの本末転倒なことにならないように、肌につけるものましてイオン導入する場合には、化粧品として使えるものを選ぶことが重要です。

 

 


トラネキサム酸「本当に肌が白くなりますね」

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今年の冬は暖かかったですね。

まだ2月で冬は終わってはいないのですが、もう陽射しはすでに春の強さが感じられます・・・。

各、化粧品メーカーはすでに

「美白!」 「美白!」 「美白!」

美白商戦真っ盛りです。

でも、これは大正解なのです。

冬は紫外線も弱く、肌もあまり影響を受けずにいましたし、私たちの紫外線に対する認識も薄らいでいましたから、本格的な春になる前に警告を鳴らすのが、化粧品メーカーの使命でもあります。

季節が本格的に変わると、紫外線が強くなるとともに花粉の飛散などで、肌が「ゆらぎ」などどよばれる不安定な敏感肌の状態になりやすいですから、そのような状態だと、新しい化粧品を試したりするのが難しくなります。今から少しずつ、春仕様に変更をしていくのが適切なのです。

春仕様といえば、新し美白の定番「トラネキサム酸」。

まだ、化粧品として発売されているものは多くありません。

 

先日、当店から【イオン導入器】【トラネキサム酸】を購入されたお客様から
とても丁寧なレビューの投稿を頂戴しました。

成分についても、きちんと調べられていて、充分な知識をお持ちの方です。

皆様にもぜひご参考にして頂きたく、ご紹介をさせていただきますね。

化粧水原料【トラネキサム酸パウダー】 のレビューです。

▽  ▽  ▽

イオン導入で効果抜群でした

トラネキサム酸のイオン導入は資生堂が特許を取った技術のようです。

ネットで検索してそのやり方を自己流で再現しました。
トラネキサム酸のイオン導入はプラスの方がマイナスよりも効果がとても高いとのこと。
で,その場合,トラネキサム酸は2%,ph5程度がより望ましいと。ph調整にはクエン酸が適すと。

トラネキサム酸のパウダーって入手しにくいんですね。検索していたら,こちらのお店で見つけました。
しかも,スキンロジカルで扱っているイオン導入器は,しくみがシンプルでプラスの導入もできるとわかり,即購入しました。

(ちなみにクエン酸を入れた溶液がどのくらいのphかを測定するのに,溶液にたらすと色の変化でphがわかる試薬をわざわざ買いました。色ではっきりわかるので便利。
Amazonで1200円くらいかな)で,この弱酸性にした2%トラネキサム酸の化粧水(導入のたびにその場で作成します)20mlをですね,「カット綿」一枚分にたぷたぷに浸して,薄く剥がして顔全体に貼ります。そこにプラスにセットしたイオン導入器で導入しました。毎晩1回,もう10日ほど連続でやりました。それだけで,かなりの効果を実感しました。

ビタミンC(apps)のイオン導入も以前からやっているのですが,ビタミンCとはまた違って,本当に白くなりますね。

なんかうまく説明できないのですが,個人的にはビタミンCより白くなる。驚きです。

自分は更年期障害のホルモン治療中なので,トラネキサム酸の内服はできません。

なので,このトラネキサム酸パウダーは肝斑対策や美白にぴったりと思っております。現時点での感想です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(本文のまま)
△  △  △

実際のレビュー(投稿)はこちらでお読み頂けます
⇒ https://review.rakuten.co.jp/item/1/286683_10000196/1.1/?l2-id=item_review

 

>>スキンロジカルでも、『イオン導入研究所』などでもご案内していますが
「トラネキサム酸」は、+と-のどちらでもイオン導入ができます。

溶かした溶液が、酸性になったら+で導入し、アルカリ性になったらで導入します。

当社では、まず水に溶かして使う事を前提にしていますので、その場合はアルカリ性になるため
での導入をご案内しています。また、スキンロジカルの各化粧水に溶かしてイオン導入することもできますが、その場合も、殆どがアルカリ性となるため、基本的には、アルカリ性をマイナスで導入する方法をご案内しています。

資生堂の研究では、+で導入したほうがトラネキサム酸の累積透過量が多いとの結果がでていますが、マイナスの場合との差に大きな違いがあるわけではありません。

また、当社のトラネキサム酸パウダーは5%の濃度で溶かすのを推奨していますから
なおさら、そこまでの差は生じないと考えらえれます。

 

>>>このお客様のように、充分に知識をお持ちのうえで+で導入なさるのは問題がありません。

けれども、安易に市販の化粧水に溶かして、イオン導入することは避けてくださいね。
配合されている成分が、イオン導入に適さなかったり、トラネキサム酸との相性がよくないものもあります。

 

このレビューを見て、春の美白ケアに【トラネキサム酸】のイオン導入を試してみたくなりませんでしたか?

スキンロジカルは1g×10包入りのレギュラー商品のほか

【1g×4包入り】の小ロットバージョンと【0.4g×4包入り】の濃度2%バージョンも取り揃えていてます。

 


冬の外出前は「保湿ケア」を

みなさまこんにちは、スキンロジカルイノウエです

2020年に入ってすでに1月が過ぎようとしています。
早いです

今冬は暖冬であることを感じる、冬とは思えない暖かい日が多くありますが、
暖かくても冬は冬。乾燥は続き、暖房を入れた室内では20%台になることも
あります

自宅であれば、加湿器や洗濯物の室内干しなどである程度湿度の調整が
できますが、外やお出かけ先では思った通りに湿度管理ができません。

重要なのは、普段のお手入れはもちろん、

お出かけ前にもしっかりとした
保湿ケア

をして乾燥から肌を守りましょう

イオン導入で美容成分を肌に送り込むことができればより良い保湿ケアが
できますが、お出かけ前だと時間もなく、そこまで手が回らないのも
事実です

そんな時は、イオン導入ローションを肌につけて、クリームなどでケアする
のも良いですが、塗るだけでもより保湿を求めたいときにオススメなのが、
期間限定で発売しているCEローションです。

CEローション」は、当店の導入ローションや美容液と違い、とろみのある
テクスチャーとなっており、肌につけるだけでもその保湿感を得られるよう
になっています。
肌に塗りこむと浸透していきますので、保湿を完璧にしたい場合は、その後に
クリームを重ねることでよりしっとりとした肌が持続します。

よく、クリームを付けたあとにファンデーションをつけると、
カスのようなものが出ることがあります。
これは垢などではなく、クリームとファンデーションの成分が混ざり合う
ことでダマのようになったものです。
これを防ぐには、クリームを付けた後にしっかりと肌に浸透させて、
時間をおいてからファンデーションを使うと出にくくなります。

また、ファンデーションは塗り伸ばしたりこするように使わず、
肌にポンポンと乗せるように使う
ことで、カスのようなものが

出にくくなり、さらに毛穴をうまく隠すこともできます。

まだまだ乾燥した季節が続きます。
外出時に「カサカサ」を感じる場合は、外出前の「保湿ケア」を
一度見直してみてはいかがでしょうか

 

スキンロジカル CEローション 100mL
肌なじみの良いビタミンCビタミンEの誘導体であるAPPSTPNa
配合したプレミアムなローションです。
まるで美容液のようなとろみのあるテクスチャーで、肌に塗るだけでも、
保湿感を得られ、ビタミンCやビタミンEの浸透性も上がっています。
もちろんイオン導入も可能となっています。
※数量限定商品となっておりますので、売り切れの際はご容赦ください
ますようお願いいたします。


そもそも「ビタミン」ってなに?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

最近、ふとタイトルの通り

そもそも「ビタミン」ってなに?

という疑問が出てきたので、いろいろと調べて
いました。
知ってるようで意外としらない「ビタミン」に
ついて、今回少しお話しようと思います。

ビタミン(Vitamin)は、ご存知の通りいろいろな
種類があります。

当店でもよく話に出る「ビタミンC」をはじめ
AやBやD・・・そしてPやHなど様々です。

実はこの「ビタミン」直接体を作る元となったり、
活動するためのエネルギーではありません。

人間における「ビタミン」の定義は

正常に体の機能が働くために、「必要不可欠な
有機物」

かつ

体内で必要な量を作り出すことができないため、
外部から取り込む必要がある

成分のことをいいます。

例えばビタミンC(アスコルビン酸)は、体を
構成するコラーゲンの生成などに必須の成分で、
不足すると骨の成長不全や皮膚や粘膜の異常、
出血など様々な
問題が起こり、健康を維持することができなく
なります。

そしてこのビタミンCは人間やサルなどの
霊長類と一部の哺乳類は体内で作り出すことが
できません。
しかし、それ以外の哺乳類のほとんどが体内で
合成することができる成分でもあります。
つまり生物達にとっては「ビタミンC」は外部から
取り入れることが必要でないため「ビタミン」
ではないワケです。

体内で作り出せない「ビタミン」は基本的に食べ
物として体内に取り込み体内の様々なところに
使われます。

また、一般的に「ビタミン」は、「ビタミンB」
や「ビタミンC」などと呼ばれていますが、
実は物質の名前ではありません。

例えばビタミンC配合の化粧品を見ても、全成分
には

「ビタミンC」

ではなく

「アスコルビン酸〇〇」
「〇〇アスコルビル△△」

などと書かれています。
これはビタミンが単一の「物質」ではなく「機能」
で分けられているためです。

日本は食に恵まれているため、食べられないこと
による欠乏症は少なくなっていますが、偏った
食事によるビタミン不足問題も起こっています。
体のためにもお肌のためにも、食生活を見直し
必要なビタミンをバランスよく取ることが重要
なようです。

そして、さらなる美肌を求めるのであれば、
食事で摂った「ビタミン」は先に生命活動の
維持に使われてしまうため、お肌には直接
「イオン導入」で成分を届けてあげましょう。

 


何かの集まり「スキンフローラ」とは

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

さて、最近「スキンフローラ」という言葉を耳にしました。

〇〇フローラ」といえば、某大手整腸剤メーカーがCMしていた「腸内フローラ」を思い出しました。

そもそも、「フローラ」とは「細菌叢」「微生物叢」のことです。
※「叢(そう)」は「集団」を意味するので、この場合「微生物の集団」のことをあらわします。

例えば「腸内フローラ」を例にしてみると、人間の腸内では、いくつかの菌が存在することにより食品の分解や養分の吸収を助け、悪玉菌と呼ばれる体に害をなす菌を抑制し腸内の環境を保っています。

これらのは1つの菌だけでは成り立たないため、このような効果を表す複数の腸内細菌類をまとめて「腸内フローラ」と呼んでいます。
腸内細菌のバランスが崩れるとおなかを壊したり便秘になったりと体に不調をきたします

 

同様に人の肌にも、顔に限らず常にいくつかの細菌が存在しています。その中でも肌に常在する代表的な菌として、

表皮ブドウ球菌
アクネ桿菌
黄色ブドウ球菌

の3つがあります。

菌の名前だけ見ると、なんだか「悪い菌」みたいに見えてしまいますが、実はすべてが「悪」なわけではなく肌には欠かせない働きを持つ菌もあります。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗を元にグリセリンや脂肪酸を作り出すことができます。ご存知の通り、グリセリンは肌の保湿やバリア機能を高め脂肪酸は肌を弱酸性に保ちます。

アクネ桿菌は毛穴や皮脂腺に存在して、皮脂を元に脂肪酸などの酸性成分を作り出し、肌を弱酸性に保つ働きをします。

それに対して病原性の高い黄色ブドウ球菌は肌がアルカリ性に傾くと皮膚炎の原因となったり傷を悪化させるたりします。

そのため表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌によって、肌の表面が弱酸性に保たれることで、黄色ブドウ球菌をはじめとしたトラブルの元となる菌の増殖を防ぐことができます。

一方、肌を弱酸性に保つ働きを持つアクネ桿菌はご存知の通りニキビの原因の一つでもあります。
皮脂が増え過ぎてしまったり、毛穴をふさいだりしてしまうと、アクネ桿菌が増殖して炎症を起こすことで「ニキビ」となります。

腸内と同じく、肌に存在する常在菌のバランスが崩れると肌トラブルの原因となります。
長時間の入浴肌を強くこすって洗ったり何度も洗顔等を行ったりすることは常在菌を減らしてしまい、バリア機能の低下にもつながります。また、乾燥は表皮に存在する表皮ブドウ球菌が減る原因となり、肌はアルカリに傾きやすくなります。

冬に向けて乾燥する季節は、

・適度な洗顔
・保湿
・皮脂量の調節

これらをスキンケアの際に心がけることで、「スキンフローラ」のバランスを整えてしっかり「肌バリア機能」を高めて、この秋はトラブル知らずの肌を作りましょう。

皮脂のバランスを整える米ぬか成分「フィチン酸」を配合したイオン導入ローション

FHローション150mL

 

3種類のセラミドとグロースファクター+ビタミンEでバリア機能を高めつつ潤いを貯めることができる本来の肌へ

リペアモイストクリーム30g