スキンケア豆知識」カテゴリーアーカイブ

ニキビが気になる時に保湿は必要?

こんにちは、スキンロジカルイノウエですトロ

先週末はちょっと運動すると汗ばむくらいの陽気太陽だったのに、
真冬雪だるまに逆戻りしていますが、皆様お風邪風邪ひきなどひいてないでしょうか?

さて、スキンケアの中でも、保湿は大変重要なケア重要です。
肌の保湿が足りてない状態が続くと、角質はさらに水分を保持しに
くくなり、バリア機能はどんどん低下下がるしていきます。
また、ニキビなどができやすい方はクリームなどで保湿することを
ためらいがちですが、正しく肌の保湿水がされていないとバリア機能を
補おうとして角質保護成分を分裂させ角質層と表皮を硬くバリアしようと
します。

しかしその過程で分裂した保護成分が正しく角質層や表皮に生成され
ないと
、バリア機能が復活しないばかりか、古い角質がはがれにくくなり
結果として毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると知ってのとおり、ニキビの原因菌とされるアクネ桿菌A・オリゼー
増え酵素を出すことで、結果として炎症を伴ったニキビニキビに発達します。

また、過剰な消毒マキュロンや洗浄掃除は過度に皮膚の水分を奪い、バリア機能の
低下を招くため、肌の角質化やじるし 毛穴の詰まりやじるし ニキビ発生の悪循環循环
を起こしてしまいます。

肌機能を正常に保つには「肌の保湿」はカナリ重要なケアなんですポイント


肌がかゆい、赤い・・・その皮膚炎は花粉が原因かも

皆さまこんにちは、スキンロジカルのイノウエです

3月に入って本番を迎えている花粉の飛散・・・。
花粉症の人にはつらい日々が続いていると思います

花粉症は、ご存知のとおりアレルギー疾患のひとつ
で、体が花粉に対する免疫をもった後に、再度花粉
(アレルギー原因物質=アレルゲン)に接触したとき
に、体内の免疫が過剰に反応して、くしゃみや鼻水、
目のかゆみや違和感など様々な症状が現れます。

このように、一般的には上記のような症状が
「花粉症」として知られていますが、今年特に
多いといわれているのが

「皮膚炎」

です。

通常、花粉症の症状は目や鼻などの粘膜を中心に
現れやすいのですが、今年は花粉の飛散量が多く、
が少ないことも重なって平年以上に皮膚炎が
増えているとのことです。

症状が出やすい部位としてはまぶたの上が多く、
その他にも頬骨、顎、首など、発症部位は赤くなっ
たり痒みを伴ったりします。
基本的には、すでに花粉症を発症している患者さん
に多いそうですが、自覚症状がない潜在花粉症患者
の方もおられるそうです。

花粉症による皮膚炎は、子供から高齢者まで様々な
年齢で発症しますが、とくに20代から50代の女性
に多いそうです。

また、症状として女性のまぶたの上に現れやすい
原因となっているのが、皮膚が薄く、「アイメイク」
とその「メイクを落とす」ことを
繰り返すことで、
肌のバリア機能が壊れ
やすくなり、さらに修復され
にくい
という実情があります。

あまりにもひどいときは、

・眼鏡を併用してメイクの頻度を下げる・薄くする
・すぐに落とせるタイプを使い、強くこすらない
・使用前と使用後の保湿をしっかりとする

など、できるだけ肌に負担をかけず、保湿を中心と
したスキンケアを心がけると症状も現れにくくなり
ます。

季節的にもまだ乾燥が続き、特に今年は冬からの
雨が少なく、肌が乾燥することで肌バリアが壊れ、
花粉がその肌の弱まった部分に触れる機会が
増えたことで、皮膚炎の患者が今年増えた原因の
一つと言われています。

ちなみに、いくつかあるアレルギーの中でも
花粉症のアレルギーはアトピー性皮膚炎と
ほぼ同じで、皮膚に起こる症状は似ています
これは、アトピー性皮膚炎が肌のバリア機能
が正常に働いていないことが原因の一つと
言われていることにも一致しています。

実際にアトピー性皮膚炎の患者さんは、花粉が
アトピー性皮膚炎の擬似因子として働くことで、
この時期症状がひどくなる場合があるという
実例もあるようです。
※アトピー性皮膚炎は他因子疾患なので、全て
において同様ではありません。

花粉症皮膚炎は比較的症状が軽い場合が多く、
基本的に抗アレルギー薬の服用などの花粉症の
対策で症状を和らげることができます。
また、肌のバリア機能を高めるような保湿を
中心としたケアをするように気をつけること
で、花粉に負けない肌づくりをすることも
おすすめです。

肌が炎症を起こして、かゆいと掻いてしまうと
肌のバリア機能の修復が遅れ、色素沈着などにも
つながります。
皮膚炎が気になる場合は、やはり皮膚科を受診
するのが一番です。
薬はアレルギーの型が同一であることからも、
基本的にはアトピー性皮膚炎の塗り薬が処方され
ます。

スギ花粉が終わるとヒノキ花粉とまだ憂鬱な
季節は続きますが、日ごろの保湿ケアを
入念にすることで少しでも快適にこの季節を
乗り切ってみてください

春のキャンペーン中
春爛漫、美白アイテムそろい踏み。
MAX 20%OFFアイテムはこちらから。

スキンロジカル リペアモイストクリーム
肌の水分をしっかりと挟み込むセラミドを高配合し、
保水力のある肌をキープして乾燥から守ります。

保湿成分の「素」を肌に送り込み、イオン導入で
肌の「元」からのレベルアップを
肌をワントーン明るく、人気のマイルドピーリングケア
「ホイップピールパック」プレゼント


濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、乾燥が強まりますので、そういった
意味では濃度の高さが副作用ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、例えば何種類もある「ビタミンCの誘導体」
は、ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
それぞれの誘導体のビタミンC含有率や、肌でビタミンCに
変換される効率がすべて違います。

油溶性のビタミンC誘導体は濃度が高く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのはこういった
理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。


まさかのアレが、見た目年齢にも影響するなんて!

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

今年は乾燥が続くせいもあるのか、インフルエンザが大流行して
いますね。皆様は大丈夫でしょうか。
予防や対策方法は数あれど、やっぱり、うがい・手洗い・マスク
と、まずは体内にできるだけウィルスが入る要因をカットする
のが一番有効的です。
また、ウイルスは乾燥を好みますので、マスクをしたり部屋を
加湿するなどして増殖しにくい環境を整えるのも重要です。

かかったかなと思ったらすぐにお医者さんにかかるのも重要ですが、
病院は同様の患者さんも多く、逆にうつってしまうなんて話も。
病院によっては、熱がある患者さんはすぐに隔離するように
しているところもあるようですが、病院にかかる際にも
うがい・手洗い・マスクを徹底しましょう。

さて、前置きが長くなりましたが、皆様は「見た目年齢」気になりませんか?

実際の年齢より若く見られるのは、多くは問題にならないとは
思いますが、逆に年を取っているように見られるのは、あまり
うれしくないことだと思います。

そんな見た目年齢に大きくかかわってくるのが、顔のシワ。
ご存知の通り、シワにも様々な種類がありますが、実は意外な
あるものがその原因の一つであるそうです。

その原因とは、骨密度
年齢を重ねていくと、腸でのカルシウムの吸収が低下していくのと同時に、
骨の形成を促進して、骨の破壊(吸収)を抑える女性ホルモンの一種である
エストロゲンの分泌が少なくなります。
これによって、骨の密度が下がっていき、ちょっとしたことであっても
骨折しやすくなったりします

同様に頭蓋骨であれば、目の周囲や頬、あごの骨が少なくなったり、
薄くなることで、目の周りのシワやほうれい線が深くなったり、
フェイスラインが不明瞭になったりと「見た目年齢」に影響がでます。

骨密度が下がって骨粗しょう症になれば、見た目年齢はおろか
健康にも大きな影響が出てしまいます。

対策としては、やはりカルシウムの多く含まれる食品を積極的に
摂取すること

元々、日本人はカルシウムの摂取が少ないので、よっぽどでないと
取りすぎまでの状態にはなりにくいとのことです。
また、骨に適度な衝撃を与えることで、新陳代謝が上がって
骨ほ生成する細胞を活性化させることができるそうで、
かかとを「コンッコンッ」と軽く落とすように1日50回程度
運動すると良いそうです。

かかとを刺激するだけでも、骨を生成する骨ホルモン
「オステオカルシン」は、血管を介して全身の骨にその命令を
届けることができるそうです。

あまり気にしなかった肌の奥のさらに奥にある骨も見た目年齢に
重要な役割があるとは知りませんでした。
「かかと落とし体操」は簡単そうなので、これから実践して
見た目年齢はともかく、健康の一助としてみようかと思います


「冬の足のお悩み」を簡単に解消?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

冬になると普段はスニーカーやヒール等を履いて
いる方も
ブーツや革靴といった靴を履く機会も
多くなると
思います

そんなとき、スニーカーではあまり気になら
なかったものが気になったりしませんか?

そうです、「足のムレから来るニオイ」です。

スニーカーなどに比べて、ブーツや革靴はほと
んどの場合通気性が悪く、しばしばこういった
悩みが起こりがちです。
最近では、中敷きや防臭スプレーなど予防対策
商品も増えて以前ほど多い悩みではなくなって
きたとは思いますが、そういった商品以外にも
日常の案外簡単な方法でその悩みを軽減する
ことが
できることをご存知ですか?

それは毎日のお風呂での体の洗い方です。

「足も含めて体は毎日きちんと洗ってるよ」
「毎日きちんと洗ってるから清潔だよ」
と思われると思いますが、最近は、体を洗う際
石鹸ではなく、ボディソープを使う方も多い
と思います
ご存知の通り、ボディソープは、石鹸に比べて
あたりが柔らかく、洗いあがりも石鹸独特の
乾燥感
やツッパリ感がないように作られている
ものが
ほとんどです。

これは、ヒアルロン酸や油分など製品に配合
された成分とpHの調整による効果です。
特に最近は、リピジュアなどを配合して水で
流しても保湿成分が肌に残るタイプがトレンド
になっています。
この「長く保湿される」という冬の乾燥する
季節、特にありがたい利点ですが、冬の
ムレ
やすい足に限れば欠点にもなります。

つまり、足をボディーソープで洗うことで、
足の裏は保湿され、もともと通気が悪く温度と
湿度が高いムレやすい靴の中でも、
水分を好む
ニオイの原因
となる雑菌が繁殖しやすい状況に
なります。

 

このような状況が原因の場合、

「足だけを石鹸で洗う」

を実践してみるのもいいかもしれません。

特に体質やホルモンバランスで足裏に汗を
かきやすい方は、ボディソープではなく石鹸で
足裏を洗うことで、過剰な足裏の保湿が原因の
ムレを抑えることが期待できます。

また、足裏用の殺菌石鹸などもありますので、
気になる方は合わせて利用すると効果を
出しやすくなります

この季節は特に、かかとのひび割れなどが気
になって、石鹸を使うのをためらわれる時は、
殺菌成分が配合された足・かかと用のクリーム
などで対処してみてください。

なお、当店はご存知の通り肌のケアとして、
イオン導入を専門としておりますが、この
イオン導入は足裏から汗が多く出てしまう
多汗症の保険適用治療にも用いられています。

全く違うジャンルでの使用方法ですがイオン
導入はこんなところにも使われています。

冬の靴が原因のニオイに悩んでいる方は、
いつもの体の洗い方、ちょっと変えてみては
いかが
でしょうか?

 


イオン導入器のブロードイオントライアルセット
は、最初からセットになっているため、初めて
イオン導入
を試す方ももちろん、おすすめです。

下取りキャンペーンでさらに5,000円OFFの24,800円で
購入できます。下取り可能な商品をお持ちの場合は、
ぜひお得なこの機会にご検討ください

下取り対象商品をお持ちでない場合は、簡単な
アンケートにお答えいただくことでお得に
ブロードイオンを手にすることも可能です。