スキンケア豆知識」カテゴリーアーカイブ

日焼け止め効果を高めるパウダー

こんにちは!スキンロジカルです。

ようやく長かった梅雨が明けましたね!

梅雨明けは嬉しいですが、今度は太陽光の強さにタジタジとなってしまい、外出を躊躇してしまいます。

これからの夏本番は、「黒いマスク」が断然おススメです!

紫外線防止対策には、白いマスクよりも黒いマスクのほうが絶対的に遮光率が高いからです。

黒い日傘と白い日傘では、黒い日傘を使ったほうが日差しを遮ってくれるのと同じです。

「黒いマスク」は、ドラッグストアなどで見つけられなければ、ネットショップではいろいろな店で販売されていますので購入可能です。探してみて下さいね。

 

★日焼け止め+αでダブルの紫外線ブロックをしましょう!★

大きな黒いマスクをつけても日焼け止めはもちろん必要デス。

あまりにも紫外線が強い日は、「日焼け止めはしっかり塗っているけれど、本当にカットできているのかな?」と心配になりませんか?

SPFやPAの数値がどんなに高くても、強い日差しは肌に影響がありそうで心配ですよね。

そんな時におススメしたいのが、パウダーでも紫外線ブロックすることです。

 

★パウダーの粒子による日焼け止め効果★

パウダーファンデーションや、フェイスパウダーの粒子には

日焼け止めに使われている「紫外線防止成分」のうち、

紫外線散乱剤の成分である“酸化チタン”という成分が含まれている場合が多く

そのため紫外線を跳ね返す力があります。

 

商品に「UVカット」の表記(SPF○○PA××)などがなくても

紫外線防止の効果があります。

 

 

 

★夏におススメのフェイスパウダー★

日焼け止めクリームに加えて、ダブルの紫外線防止効果のためには

パウダーファンデーションやフェイスパウダーを付けるのがおススメです。

 

その場合、夏は汗や皮脂で化粧崩れがしやすく、今夏はマスクで蒸れることもありますので

崩れにくいパウダーを付けたいもの。

そこで、崩れにくいおススメのフェイスパウダーをご紹介します。

 

エレガンス ラ プードル オートニュアンス

出典:エレガンスHPより

出典:エレガンスHPより

 

このパウダーは崩れにくさが抜群です。

色も豊富で、ツヤありタイプマットタイプがありますので

ご自分のなりたい肌に合わせた最適なものを選ぶこともできます。

ちょっと値段は高めですが、小さいコンパクトサイズもあります。

コンパクトを携帯しておくと、化粧が崩れた時や日焼け止めの効果がなくなった時(塗ってから時間が経過したとき)に、上から重ねるてつければきれいな肌を再現し、紫外線も防止することができます。

 

 

★紫外線のアフターケアはスキンロジカルのイオン導入を!★

日中は、日焼け止め&パウダーでしっかりと紫外線を防止して

夜のスキンケアでは、ビタミンCやトラネキサム酸のイオン導入で

浴びてしまった紫外線のアフターケアをしっかり行い、

シミや肌老化の原因となる活性酸素のを作らないようにしましょう。

 

☆彡スキンロジカル オフィシャルShopでは、8/6(木)まで10%ポイント還元SALE開催中です。

☆彡スキンロジカル楽天市場店もお買い物マラソン期間中(8/9(日)01:59まで)10倍にポイントアップ中です。

ぜひ、紫外線のアフターケア用のアイテムのご購入にご利用ください。

 

 

 

 

 

 


マスクによる肌への影響は?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

関東の梅雨明けは今週末との話でしたが、どうやらこの様子では8月に入り込みそうなかんじです。
湿度が高くて肌にはよさそうですが、感じる不快指数はMAX
さらに四六時中マスクをしている関係で、口鼻周りは「うるおい」を越して「ムレムレ

さて、今回はそんなマスクの話を。

この時期、特にマスクという密閉空間の中は気温と吐く息の水分、体温で蒸れてしまいます。
湿度が高く、温度も高い状態は細菌が増殖しやすい環境でもあります。
マスクで繁殖した細菌は、当然肌にも付着します。
この細菌は肌荒れの原因となるため、できるだけ細菌を増やさないためにも、マスクを外せる場所では外して、汗はしっかり拭くのがおすすめです。

また、一時的にマスクを外してバッグなどに入れる前に、マスクの外側と内側をアルコールなどで除菌をして持ち運ぶとさらに細菌の繁殖や感染を防ぐことができます。

ファンデーションや口紅、リップなどは色を付け、肌にのせるために油性成分が多く、細菌も付着しやすくなっています。
帰宅したら、クレンジングと洗顔で早めにメイクと一緒に細菌も洗い流しましょう

また、以前お話ししたマスクと肌との摩擦も肌に刺激を与え、トラブルのもとになります。
そんなときにおすすめなのが、フェイスパウダー
特にルースタイプのフェイスパウダーやおしろいは、もともと汗や皮脂を抑えて化粧崩れや化粧のヨレを防ぐ目的のため、油分を含まないものも多く、サラサラとしているためマスクと肌との摩擦を和らげてくれます。
また、マスクに化粧が付くことも防ぐことができるので一石二鳥です

感染も肌も対策を万全にしてこの夏を乗り切りましょう

メイク落としも洗顔もこれでOK
肌にも優しいウォーターベースのクレンジング&洗顔料


なぜ紫外線でシミが増えるのか??

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
梅雨の晴れ間はすでに夏の日差しを感じるようになってきました。
これからの季節、やはり気になるのが「紫外線」です。

そもそも、肌に紫外線を受けるとなぜシミの原因になるのでしょうか。
じつはそれにも、最近よく出てくる「アイツ」の存在があります。
そう、「活性酸素」です。

紫外線が肌にあたると活性酸素が肌に発生します。

活性酸素によって刺激を受けた細胞は、メラニンを作る細胞であるメラノサイトを刺激する物質を作り出します。
刺激を受けたメラノサイトは、メラニンを作り出し肌の細胞(ケラチノサイト)へ送ります。
この作用によって、サングラスが目を守るように、肌が紫外線によるダメージを受けないようになっています。
このメラニンがなくなってしまうと、肌の細胞は直接紫外線の影響を受けることになり、肌を作り出す細胞が壊され、正しく分裂できない細胞によって肌の機能が正常でなくなるばかりでなく、皮膚がんなどの原因ともなります。

とはいえ、紫外線に過度に増えてしまうと、活性酸素も増えてしまいます。増えすぎてしまった活性酸素は、酸化を促して肌を痛めその部分に継続的な炎症を起こしメラニンの生成を刺激します。
そういった理由で必要のないメラニンが多く作られすぎてしまうと、ターンオーバーが遅くなり、長期間肌に不要なメラニンが残る原因にもなります。これがシミが消えない原因ひとつとなります。
また、過剰なメラニンの生成により、本来肌の浅い部分の細胞に向かって渡されるはずのメラニンが、行き場をのなくして深い部分の細胞に渡ってしまい、ターンオーバーされることなく延々と残ってしまう場合があります。
これも消えにくいシミの原因となっています。

紫外線は人にとって、ビタミンCの生成に必要であり、またシミの原因であるメラニンも、紫外線のデメリットから体を守るために重要な機能の一つです。

シミの原因となるメラニンを過剰に作らせないためには、まず、日傘や日焼け止めなどで肌にたくさんの紫外線を浴びないこと。
食事や肌ケアなどで体に抗酸化物質をきちんと取り込んでおくこと。
できてしまいそうなシミや、できてしまったシミには、早め早めに美白ケアを行うこと。
このような対策を行うことで、将来できるシミをグッと減らすことができるはずです。

本格的な夏を迎える前に、もう一度紫外線対策をチェックしてみてください。

抗酸化には ビタミンC誘導体

活性酸素からの刺激をブロックするには トラネキサム酸

深いシミはキレート作用のある フィチン酸

お得なキャンペーンを7月20日まで開催中!


日焼け止めは使い方が間違ってたら意味なし!

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

いよいよ梅雨入りしました。コロナが禍が少し収束してきて、やっと少しは外出しやすい雰囲気となったのに、雨の日が続きそうです。

またまた在宅が多くなり、天気も曇りや雨・・・

「じゃあ、化粧もしないし日焼け止めは必要ないよね?」という人は、残念ながらどんどんシミだけでなくシワも増えて、エイジングが進んでしまいます。

 

日焼け止めは使い方を間違っていると意味のないスキンケアです。

日焼け止めの間違った使い方とは??

みなさんはこんな使い方をしていませんか?

 

★ 雨の日や家の中では日焼け止めを塗らない?

美白

これは、間違った使い方です。

雨や曇りの日、家の中にいても日焼け止めは必要です。

紫外線のうちUVA波は、雲も窓ガラスも通過して、肌に影響を与えるからです。

 

UVA波は、紫外線のうち真皮(肌の深部にある層)まで到達するので、コラーゲンを破壊するなど肌弾力を失わせます。

シミだけでなく、シワも引き起こす原因となる紫外線がUVA波なのです。

 

UVA波を防御してシミやシワを防ぐためには、日中はどこにいてもどんな天気でも日焼け止めを塗りましょう!

 

★ SPFの数値どおりに数字が大きい程効果は大きい?

SPFの数値を完全に信じてはいけません。実際はそんなに効果がないからです。

 

SPFの数値は、日焼けをおこして赤くなるまでをどのくらいの長さ防げるかを表しています。

日焼け止めを塗らなかったら20分で赤くなるところ

SPF30の日焼け止めを塗ると・・・・20分×30倍=600分

すなわち10時間も防げるという意味です。

朝8時に塗ったら、夕方6時まで日焼け止めの効果が続くということですが

本当でしょうか???

 

この数値は、検査の時に1㎠あたり2㎎の日焼け止めを塗って測定した数値です。

実際に日焼け止めを肌に塗るとき、こんなに大量には塗りません!実際はこの1/3くらいです。

日焼け止めの効果は、SPFの数値の1/3程度ということを頭に入れて使いましょう。

SPF30だったら、実際は3時間くらいしか持ちません。

 

★ 日焼け止めは薄く延ばして塗る?

日焼け止めは、薄く延ばして塗ると効果がその分低くなります。

紫外線防止指数は、1㎠あたり2㎎の日焼け止めを塗って測定するからです。

でも実際にこんなに沢山塗ることは現実的ではありません。

塗る量が少ないと効果が薄くなるのである程度の量が必要ですが、一度に大量に塗ることはできないので、次のような方法がおススメです。

何度も重ね塗りをする

何回かに分けて重ね塗りをする

日焼け止めは時間が経つと汗などで取れてしまうので、それも踏まえて、何度もこまめに塗り直ししないと効果がなくなってしまうのです。

 

みなさんの日焼け止めの塗り方、正しくできていましたか??

 

雨や曇りの日、家の中にいても日焼け止めを塗る

日焼け止めの効果は、SPFの数値の1/3程度

使う量が少ないと効果がないので何度も重ね塗りをする

 

効果的に使わないと、エイジングの予防ができません。ぜひお気をつけください。


在宅でも日焼け止めで美白ケア ~変わる今年の夏の紫外線対策~

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

梅雨入りと前後して、暑さと日差しが半端ない日が増えてきました。

本日、6/10の熱中症指数は、日本全国ほぼ注意以上のレベルです。

東京は警戒レベル、九州や本州でも内陸部などでは厳重警戒レベルになっています。

環境省「熱中症情報サイト」より

なんだか、体がだるいような息苦しいような体調の変化を感じますね。

皆様もどうぞお気をつけください。

 

★今年の夏の紫外線対策

コロナの影響で、生活様式が随分と変わってしまった現在ですが

それと同時に紫外線防止のための日焼け止め方法も、今年の夏は変える必要がありそうです。

 

☆マスクしているから出ていない部分は化粧しなくていい?

マスクをしていても、日焼け止めや化粧は必要です。

皆さんのほとんどがつけている、白い不織布のマスクは紫外線を簡単に通過させます。

マスクをしているからと言っても、日焼けを避けることはできません。

マスクをしていても、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

☆マスクの着脱で日焼け止めの効果が下がる?

マスクを取った後は、日焼け止めを塗っていても、その効果は下がってしまっています。

それはマスクを付けることで、塗っていた日焼け止めが摩擦で取れてしまっているからです。

日焼け止めは、せっかく塗っても取れてしまえば何の効果もありません。

でも、厚い季節は呼吸が苦しくなることもあるので、マスクを外す機会も多くなります。

そこで、これまでよりもマメに塗りなおすことを意識しましょう。

 

☆在宅中こそしっかりと日焼け止めが必要デス

外に一歩も出なくても、曇りの日でも必ず日焼け止めはつけましょう。

家に居る時、日焼け止めをつけていない人はシミやシワができやすくなります。

紫外線のうち、UVA波は窓も透過し、曇りの日も雲を透過して私たちの肌へ届きます。

そしてこのUVA波こそが、肌の真皮まで届いてシミのもととなるほかにも、コラーゲンを破壊してシワの原因にもなる、肌老化を引き起こす紫外線なのです。

今までよりは、確実に在宅が多くなりそうな今年の夏。

これまではあまり意識してこなかった、家の中での紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

☆日焼け止めだけでもメイククレンジングを使って落とす

メイクをしないで、日焼け止めだけをぬった日でも、洗顔だけではなくてメイククレンジングが必要です。

日焼け止めじゃ、メイクと同様の油性の成分です。

近年は、日焼け止めが落ちないように長持ちするように機能がアップした分、肌にも残りやすくなっています。

油性の汚れを落とすメイククレンジングで、日焼け止めをしっかり落としましょう。

洗顔後にイオン導入を行う際にも、クレンジングの成分が肌に残っているのはよくありません。

クレンジングを使うのが面倒ですか??面倒くさがりでは、美肌にはなれませんよー!

 

★アフター紫外線のお手入れ

どんなに紫外線対策をしても、完全に紫外線を避けることはできませんので、アフターケアも毎日必要です。

今年の夏におススメしたいのは、「トラネキサム酸」です。

理由は、トラネキサム酸に美白の効果があるはもちろんですが、

炎症を抑える効果があるからです。

UVA波によって、急激ではなくジワジワと影響を受けた肌は、絶えずに肌が炎症を起こしています。それがいずれシミの元となるのですが、そんな肌の下で絶えず起こっている炎症を鎮めてくれれる効果があるのがトラネキサム酸なのです。

☆なじみやすくクセのない成分「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は、美白や抗炎症作用が高いのはもちろん、肌なじみがよくて使いやすい成分です。

無味無臭で、粉末は水にも溶けやすい性質があるので、イオン導入にもとても適しています。

ビタミンCの少しべたつく感触などが気になる方、脂性肌の方や男性などにはとても向いている成分です。

紫外線のアフターケアは、毎日必ず必要です。

ぜひトラネキサム酸を取り入れてみてください。