スキンケア豆知識」カテゴリーアーカイブ

ベーグル

「メラニン毛穴」なら「ピーリング」+「ビタミンC」+「イオン導入」

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
梅雨が明けてからというもの、毎日うだるような暑さです。皆様は体調を崩されてないでしょうか。
定期的に水分補給をして、涼しい場所で休憩するなど夏の熱中症対策を万全にしてお過ごしください

先日、美容誌を見ていたところ「メラニン毛穴」という惹かれるキーワードに出会いました。

この「メラニン毛穴」毛穴が詰まっていないにもかかわらず黒く目立ってしまう毛穴のことだそうで、特に鼻や頬に現れることで顔がくすんで見える原因の一つとされています。

若いころのUV対策やケアの不足で起こるとも言われていますが、原因が「ターンオーバー」の低下とのことでしたが、ターンオーバーも含めた体の新陳代謝は年齢とともに落ちていくものなので、そういった原因に限らずいつでも起こりえる悩みともいえます

そんな「メラニン毛穴」の対処方法は、紙面によるとターンオーバーを補ってあげるように肌表面に残った角質を取ってあげることと美白ケアを徹底すること。そして全身の筋力強化だそうです。

「メラニン毛穴」はその名の通り毛穴の付近に残った黒い色素でもある「メラニン」が原因。メラニンは紫外線から体を守るための重要な生体防御物質ですが、ターンオーバーとともに排出されず残ってしまったり、過剰に作られてしまったりすると、肌のシミやくすみの原因ともなります。

なので、このメラニンの排出を促すために、ターンオーバーの正常化と促進、そして過剰にメラニンを作らせないことが重要です。

紙面では角質の除去にはしっかりとした洗顔と洗い残しに注意することと、美白美容液で全体のケアと気になる部分への重ね付けなどが対処方法として紹介されていました。

さらに、スキンロジカル流にもう一歩ケアを進めるのであれば

ピーリングによる肌表面の不要な角質の除去と高濃度ビタミンCのイオン導入がおすすめです。

ご存知の通り、ビタミンCには美白や毛穴の引き締め、メラニンの生成抑制、メラニンの還元(漂白)作用と数多くの美容効果がある成分です。

ピーリングにより、古い角質を除去してターンオーバーの正常化を進めるとともに、ビタミンCをイオン導入することで、根本からの改善を見込めます。
また、ピーリングはイオン導入効果を高めることもわかっていますので一石二鳥のケアともいえます。

この夏の「メラニン毛穴」と「メラニン毛穴予備軍」にピーリング+ビタミンCのイオン導入を試してみてはいかがでしょうか


ヒンヤリ「氷」でスキンケア

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

さて、先日テレビを見ていたところ、皮膚科医の方が「氷」を使ったスキンケアを紹介していました。

このスキンケアは、これから本格的な夏に向けて大きな悩みの一つである「化粧崩れ」に対して有効なのだそうです。

ファンデーションや口紅はじめとしたほとんどのメークアップ化粧品には、含まれる色を均一に分散させたり、化粧ノリを良くしたり、様々な目的でベース成分に油性成分を使用しています。

しかし、夏は暑く毛穴が開きます。毛穴が開くと皮脂がより多く分泌されます。分泌された皮脂は、化粧品に含まれた油性成分と混ざりあうことで、ゆるくなり溶けだします
つまり、化粧をオイルクレンジングで溶かし落とすのと同じ状態が肌の上で起こります。これが「化粧崩れ」です。

この化粧崩れには、
・崩れにくい成分を配合した化粧品の使用
・油とり紙などでの対処
・マメな化粧直し

など様々な対策がありますが、氷ケアはその名前の通り、氷でこの皮脂分泌の原因となる開いた毛穴を冷やして引き締めることで化粧崩れを起こりにくくするというものです。

■ 氷ケアに必要なもの

・氷(2~3個)
・ポリ袋
・木綿のハンカチ

■ 氷ケアの方法(1日2回 朝・夜洗顔後が良い)

1.クレンジングと洗顔でメークや汚れを落とす

2.ポリ袋に氷を入れてハンカチでくるみ、1か所2~3秒を目安に顔を冷やす
※全顔で2~3分、首や腕は1か所5秒程度

これだけです。

  ご注意

・肌への刺激となるため、必ず氷を入れた袋を布でくるむ

・冷たさを感じられずトラブルの原因となるため、顔面に神経障害がある場合は行わない

・ケアにより閉まった毛穴にメイクや汚れが詰まるため、メークや汚れはケア前に必ず落とす

・肌への刺激によるシミやシワの原因となるので、袋でマッサージをしたり肌上を滑らせたりせず、一か所一か所肌へ優しく乗せるようにケアをする

実験ではこの氷ケアの後、2時間後には毛穴が小さくなっており、皮脂量は通常より3%も少なくなっていました。

さらに、夏はクーラーなどで乾燥した環境にプラスして、外と室内の気温差が大きい季節でもあります。
一般的に5度以上の急激な気温変化は自律神経へのストレスとなり、肌表面の毛細血管の血流が悪くなる原因となります。

これにより、新しい肌を作り出す細胞に血液からの養分が行き渡りにくくなり、正常なターンオーバーができなくなることで、バリア機能の低下による肌の乾燥や、かさつき、くすみの原因となります。

そんなときも、氷ケアで肌を冷やすことで、肌表面の毛細血管の血行を促進して肌細胞を活性化させ、ターンオーバーを正常化することができます。

また、日焼けをした後も氷ケアをすることで、蓄積した熱による刺激からのメラニン生成を防ぐことができ、過剰なメラニン生成によるシミなどの対策にもなります。

ちなみに、氷でケアするのと同様にビタミンCは皮脂分泌量を調整する優れた効果を持っていますので、ビタミンCのイオン導入ケアに氷ケアをプラスすることでより一層効果が高まります。
氷ケアが面倒な場合は、冷蔵保存しているビタミンCのイオン導入化粧水や美容液イオン導入を行っても似たような効果が期待できます。

朝のメイク前にビタミンCをイオン導入することで、その後の化粧崩れが少なくなるとの話もあるので、化粧崩れにお悩みの方はお化粧前にこの時期ヒンヤリと気持ちのいい氷ケアとあわせてビタミン Cのイオン導入を試してみてはいかがでしょうか?

※ビタミンCを導入した後は、乳液やクリーム、ファンデーションの成分との相性により「モロモロ」が出やすい場合がありますので、少し時間を置くか、肌の上でファンデーションなど滑らせず、のせるように使うと出にくくなります。

 

夏のお得なキャンペーン 終了間近(~7月16日)

ビタミンCが高濃度配合されているイオン導入化粧水各種が増量でお得!
夏のプレケア、アフターケアに

好評につき7月31日まで延長

時短ケアを可能にするフェイスパッド型イオン導入器「ブロードイオン」
今ならアンケートのご返信で通常価格 29,800円 → 21,800円
 


美白

トラネキサム酸は肝斑だけ?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

前回のブログでは、トラネキサム酸「抗シワ」作用
があるようだという研究発表のお話をいたしました

トラネキサム酸に新しい美容効果が?

その発表会の際にトラネキサム酸に関するもう一つの
作用に関する発表がありました。

まず、トラネキサム酸は、シミやその中でも特に
同じ部分(頬上部)に対する継続的な炎症が原因と
いわれている肝斑に効果がある成分として知られて
おり、皮膚科でも飲み薬としても処方されています

紫外線の刺激女性ホルモンなどの影響で肌が
ストレスを受けると、プラスミンプロスタ
グランジンといった刺激を伝達する物質を作ります。
この伝達物質は、メラノサイト(メラニンを作り
出す細胞)に対して働きかけ、その情報を受けた
メラノサイトはメラニンを作り出します。

メラニンは、その黒い色によって
「肌のサングラス」となって紫外線が届くことを
防ぎます。
それにより、肌細胞の破壊や癌化、活性酸素の
発生などから守る重要な役割を持っていますが、
反面、本来肌のターンオーバーで排出される
はずのメラニンが残ってしまった
り、過剰生成
により肌の基底部分に残ったまま
になると、
シミやくすみといった肌悩みの原因ともなります。

また、女性ホルモンやストレスによる肌の炎症は、
持続的にこのような伝達物質の生成を促して
しまうため、同じ場所にできる肝斑の原因に
なるとも言われています。

そのようなシミや肝斑に対してトラネキサム酸は、
メラニンの還元などによる美白ではなく、
炎症を抑える作用とメラニンを作り出す指令を
カットする作用で、シミの原因となるメラニンを
過剰に作らせないという特徴を持っています。

そして今回、メラノサイト内でのメラニンの
生成過程にトラネキサム酸の働きかけがある
ことが新たに発表されました

前述のようにメラニンを作り出すメラノサイトは、
伝達物質からの指令を受けると、細胞から木の枝
のような
突起(樹状細胞)を作り出します

メラノサイトの中央で作られたメラニン
突起の先端に運ばれて行き、そこから肌表面の
角化細胞へ渡されます。

トラネキサム酸は、この生産されたメラニンが
突起の先端に行くのを防ぎ、メラノサイトの
中央に集めます
これにより、過剰なメラニンが肌へ放出される
ことを防ぎます。

このようにトラネキサム酸は、シミの元となる
メラニンをそれ以上作らせない、そして表舞台に
出さずメラノサイト内に留めるといった
ビタミンCなどとは違った作用を持っています。

「トラネキサム酸は肝斑だけ」と思われがち
ですが、このような研究結果からも新たな効果を
持つ美容成分として注目されるかもしれません。

トラネキサム酸パウダー


乳酸発酵の「阿波晩茶」でキレイになる!

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

最近、凝って毎日飲んでいるお茶がありますので、今日はそれをご紹介したいと思います。

美容はもちろん、健康にも良いお茶、それが「阿波番茶」です。

阿波踊りの阿波、徳島県で生産されているお茶で、大変珍しい乳酸発酵させてあります。何年か前に、TVで紹介されたこともあり、その時は売れきれ続出したそうです。発酵させるという、製造に手間がかかるお茶ですから、そんなに大量には製造していないのでしょう。

遅めの時期に摘んだ、成長した茶葉(それで“晩”茶のネーミングです ×番茶)を釜茹でした後、十分にもんでから、樽で10日~3週間漬け込み乳酸発酵させ、それを乾燥させたもの。

乳酸発酵の工程が手がかかってるのですね!

私は、最近伺った茶寮でこれを頂きまして、とても爽やかで飲みやすく、身体にもよいということなので、お取り寄せしました。

それがこちら↓

黄金の袋入り! お値段は・・・結構します。。。

茶葉タイプの商品が多いのですが、始末に難儀するので、ティーバッグタイプのものにました。便利で、オフィスでも作っています。

作り方は、とっても簡単。煮出してもいいのですが、面倒なことはしなくても、80℃のお湯を注いで急須で3分ほど抽出するだけ。(200mLに対して1袋)

 

すると、きれいな黄金色のお茶が抽出できます。

お味は、酸味を感じる爽やかさです。少し、生薬のような香りがしますが気にならず、逆に体良さそうなイメージが湧いてきます。これからの季節は、冷たくして飲むにも合いそうです。

阿波晩茶の効能は、やはり乳酸発酵させているということで、★腸内環境を整えてくれる★ことでしょう。

私は、もう20年以上〇秘でお通じがよくないのですが、これを飲み始めてからとても快適です。

腸内環境が良くなれば、肌にもいいこと間違いなしですから、吹き出物などのお悩みにも効果的ですね。

また整腸作用の他に、血糖値の抑制★★アレルギー症状の緩和の効果も。

暑い時期は、ついついシュワワとした炭酸や、飲みやすいスポーツドリンクなどを多くとってしまいがちですが、アンチエイジングを志す女性は美味しくて効果も期待できるお茶が最適だと思います。ぜひ、一度お試しください。

 

スキンロジカル オフィシャルショップでは、

本日6/6(木)からポイントバック10%キャンペーンを開催中です!

こちらでも、キレイになるためのアイテムをぜひGetしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 


トラネキサム酸に新しい美容効果が?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。
先日、イノウエは横浜で開催されておりました
CITE(化粧品産業技術展)に行ってまいりました。

新型の安定型ビタミンCやフィチン酸と相性の
良いアンチエイジング原料など、見る点の多い
展示会でしたが、今回一番気になっていたのが
「トラネキサム酸」の新しい知見について
でした。

従来、トラネキサム酸は「美白」特に「肝斑」
に対して効果があり医薬部外品の成分として
承認されています。
また、それ以外にも肌荒れや炎症にも効果が
あることが知られていました。

さらに、そのトラネキサム酸に今回
「光老化」に対する改善効果があることが
実験によってわかったとの技術発表が
ありました。

最近はメジャーになってきた「光老化」
名前の通り、紫外線・・・とくに波長の
長いUVAにより、肌に存在する線維性の
タンパク質であるコラーゲエラスチン
いったハリを保つために必要な組織が破壊され、
それによって肌表面には深いシワといった
「老化現象」となって現れるものです

最近では、肌の老化現象のうち、80%が光老化
によるものとされているくらい、エイジングケア
にとって光老化は重要なキーワードの一つとなって
います。

その「光老化」の対策としては、

・紫外線を必要以上に浴びない
・日焼け止めの使用
・日傘の使用
・抗酸化成分であるビタミンCやビタミンEなどでのケア

がありますが、その中に
「トラネキサム酸」によるケアがプラスされる
ようになるかもしれません。

「トラネキサム酸」による「光老化」への
アプローチは壊されたコラーゲンエラスチン
いった「線維細胞を修復する」ことにあります。
繊維細胞を修復することで、肌のシワを改善に
導くことができるそうです

さらに「トラネキサム酸」は、従来皮膚上部で
美白の効果を発揮するといわれてきましたが、
今回、肌の深部上層でも「メラニンの」抑制効果
認められたそうです。

「肝斑・美白・抗炎症」にプラスして
新しく「光老化」に対する効果が期待できるよう
になった「トラネキサム酸」

ちなみに実験ではトラネキサム酸を2%濃度以下で
行っており、常識はずれの高濃度でなければ
この効果を発揮しないということはなさそうです。

まだ皮膚モデルでの研究結果で臨床はこの先と
なりますが、さらに研究が進むことで、有用な
「光老化」対策成分として、トラネキサム酸
注目が集まる可能性があるかもしれません

トラネキサム酸はイオン導入で

トラネキサム酸と肝斑