月別アーカイブ: 2013年10月

ペルー料理 bepocah

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

先日、原宿にあるペルー料理のお店「bepocah(べポカ)」へ行って来ました。
日系トレンディなどの雑誌にも掲載されたことのある、話題のお店です。

明治通りを原宿警察署前の交差点から右折してしばらく進むと・・・
異国情緒あふれる黄色の建物が現れます。

20131030__ 2

なんのSHOP??と思うような不思議な外観です。

後で聞いたところによると
植民地時代の建物を模して作った建物だそうです。
そう言われてみると、なんとなく南欧スペインの明るいイメージが浮かんできます。
お店の中は、とてもシックな内装です。

ペルー料理というと、メキシカンのような
カジュアルで賑やかなレストランを想像していたのですが
とても落ち着いた雰囲気で、コーディネートもシンプルです。
前菜には、こんなかわいいお料理ができてきました。

20131030__ 1

まるで、和菓子のようです。 

ジャガイモ「インカの目覚め」をつぶして、様々な食材と混ぜて色と付けた
お団子?のようなもの。上にはお肉や卵などがトッピングされています。
ほかにも、巨大なとうもろこしや、黄色い唐辛子など
珍しい食材を使ったお料理が、とても斬新で新鮮でした。
(食べる&話に夢中になって、写真を撮り忘れました…)

ドリンクは、ペルーの蒸留酒ピスコ (Pisco)を使ったのカクテルがいろいろありました。
ピスコは、ペルー原産のブドウ果汁を原料とした蒸留酒で、アルコール度数は約42度。

ショットで飲む時は、気をつけないといけません。

スキンロジカル オフィシャルshopでは
本日まで『高濃度ビタミンCお試しキャンペーン』を開催しています。
9%と高濃度のビタミンC誘導体を配合した【スキンロジカル Cエッセンス】が
お得にお求めいただけます。

1016_c55_t


保湿ケアは、油分で?水分で?

皆さんこんにちは、スキンロジカルイノウエです

真夏の暑さから一転、朝夕は寒いくらいの季節になってきました。

秋になってからは夏のジメジメが嘘のように無くなり、カラッとした
空気に変わりました。
冬に比べて風の強い日が少ないので肌に感じる乾燥感はそこまで
ではありませんが、じつは夏に比べても汗をかく量も少なく皮脂分泌も
収まってくるため、確実に肌の保水量は下がっています

ご存知の通り、乾燥はアンチエイジングの敵
シワやたるみの大きな原因といわれています。
また、乾燥することで蓄積された紫外線などによる夏のダメージ肌に
さらなる追い討ちをかけてしまいます。

この時期の保湿は重要なんです!

イノウエは混合肌であることもあって、油分の多いクリームタイプの
使用感があまり好きではないので、保湿クリームの代用として当店の
Bジェルプラス」を使用しています。

b_30_t

Bジェルプラスは「ジェルタイプ」なので使用感は軽いにもかかわらず、
保湿感も得られるため一年を通して愛用しています。

油分で表面をカバーして水分の蒸発を防ぐクリームとは違い、配合成分の
「ビフィズス菌発酵エキス」「乳酸菌発酵エキス」「ポリグルタミン酸」
などの相乗効果で肌の保水を助け維持します。

ビフィズス菌発酵エキスは、ご存知の通りヨーグルト等に含まれる乳酸菌の
1つの「ビフィズス菌」から抽出される成分で、肌に元々備わっている
乾燥から守る「NMF(天然保湿因子)」と同様の働きをします。
あわせて細胞を活性化する力があるので、肌を柔軟に保つことができます。

乳酸菌発酵エキスは、セイヨウナシ果汁エキスを植物性乳酸菌で発酵
させることによって、「AHA(フルーツ酸/α-ヒドロキシ酸)」を増加させ、その
作用で角質をやわらかくし、肌の持つ保湿効果を高めます。

ポリグルタミン酸納豆のネバネバの主成分のひとつで、保水力が高いと
いわれているヒアルロン酸の約9倍もの水分を保持することができます。
また、水分を保持するだけでなくNMFを活性化させる作用があります。
ちなみに、成分材料からは納豆のニオイがしたりはしません

Bジェルプラス」は、その他にも3種類のビタミン・・・
・ビタミンA(パルミチン酸レチノール)
・ビタミンC(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・リン酸アスコルビルMg)
・ビタミンE(酢酸トコフェロール)
や、ヒアルロン酸、各種アミノ酸と美容成分を配合しています。

保湿・保水成分と各種美容成分を配合することで、使い心地は軽くても
しっかりと保湿できるBジェルプラスは、「油っぽいクリームはちょっと」と
敬遠しがちな方にも、刺激も少なくオススメできる商品です。

 ニキビ肌の方など、保湿することに抵抗を感じられる方も多いと思いますが、
 実はニキビケアにも保湿はかなり重要なファクターです

 ニキビが気になるあまりに保湿をおろそかにしていると・・・

 水分を保持するために肌が角質化
 ↓
 角質化することで毛穴の柔軟性が無くなり毛穴詰まりを増長
 ↓
 新たなニキビの発生

 という悪循環にも陥りかねません。
 お肌の状態にもよりますが、油分で水分をカバーするケアよりも
 水分で保湿するケアを取り入れてみてはイカガでしょうか。
 (炎症を起こしている部分は避けてください。また、通院中の方はお医者様に
 ご相談下さいね)

これから冬に向けてどんどん乾燥する時期になります。
ぜひ「保湿ケアの方式」にも注目してみてくださいね

[PR]
期間限定「ブロードイオントライアルセット」の専用ローションの容量が2倍に!
おトクな「イオン導入促進キャンペーン」は11月15日まで!!
s_131008_bi_ac300

高濃度ビタミンCエッセンスCエッセンス」が10月31日まで送料・手数料無料!
さらに、まとめて2本以上買うと1本に5,000円でさらにおトクに
1016_c55_t


仙石原ススキ草原

こんにちは
スキンロジカル スタッフのフジです。

朝晩が冷えこみが強くなり
ようやく、秋本番というところでしょうか。

先日、秋の訪れを感じようと
箱根・仙石原の「ススキ草原」に行ってきました。

休日ということもあり
小田原方面から向かう箱根の峠道は大渋滞、
さすが行楽シーズンは賑わいます。

峠から少し外れた場所に
広大な草原が現れました。

photo

この場所は「かながわの景勝50選」にも
選ばれるだけあり、
一面に広がる、黄金色のススキは圧巻です。

ススキがこれ程見れる景色は
なかなか無いんではないでしょうか。

秋の日差しに煌めく黄金色の絨毯。
一見の価値ありです。

キラキラ~

photo

 


☆ 恵比寿グルメ情報 ☆ 京橋千疋屋 恵比寿アトレ店

こんにちは。

スキンロジカルの田中です。
スキンロジカルのオフィスは、JR恵比寿駅からも徒歩10分ほど。

オフィス以外でも、恵比寿駅付近のカフェなどを利用して打ち合わせすることがあります。
恵比寿界隈のカフェは、このようにビジネスmtgをする人の利用率が結構高く

席が空いておらず、何件が探すこともしばしば。

そんな中、解りやすい場所でゆっくり座ることもできるのが

京橋千疋屋 恵比寿アトレ店

日本橋の千疋屋總本店からのれん分けした、高級フルーツショップの併設カフェです.
店頭には、手土産用の高級フルーツやフルーツをふんだんに使用した

ケーキなどがカラフルに並べられています。

お昼時は、美味しいと評判のカレーやフルーツサンドを求めてくる

奥様たちでいっぱいです。
ケーキセット1,050円~、フルーツを丸ごと使ったゼリーも945円~

ゼリーに1,000円近くも??と思うかも知れませんが、満足感たっぷり

で食べる価値あります。ケーキやパフェはちょっと重いかなあという時にいいですね。

__ 2
写真は、マスクメロンのムースとハーブティーのケーキセット♪

フルーツ好きにはたまらなお店です。

恵比寿に来て、お茶する場所に迷ったら・・・利用してみてはいかが?

スキンロジカルでは
『イオン導入促進キャンペーン』を開催中
ブロードイオントライアルセットのローションが期間限定で増量中!

s_131008_bi_ac300


虹は「七色?」

皆様こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

10月になっても台風が関東に近寄ってきたり、9月30日にも新たな台風が
発生したとかで、10月5日には沖縄に近づく可能性があるとかで、まだまだ注意が
必要な様子。
また、台風から離れたところでも秋雨前線を刺激することによる大雨や、太平洋上の
暖かい空気の送り込みによる季節はずれの高気温等への注意も必要です。

ちなみに、台風の「上陸」の定義は「台風の中心が九州・四国・本州・北海道の海岸
に到達」することを言うそうで、沖縄本島の場合は厳密には上陸と言わないそうです。
(半島などを横切る極短時間の上陸は「通過」と言われる)

関東地方は、10月2日に台風22号が千葉の東を北上したことにより午前中は
まとまった雨が降りました。
台風一過とは言わないまでも晴れて雨が上がった午後、雲が被っていたものの
久しぶりに空に架かる「虹」を見ることができました。
レインボー2
虹を見ると、何か特別な嬉しさを感じるのはイノウエだけでしょうか?

「虹は七色」といいますが、海外では必ずしも虹を「7色」とする文化はなく、その国の
伝統・時代・教育と深く関わっているそうです。
ニュートンの虹の研究を基にする7色(日本の教育はこれを基にしています)や、
アメリカの一般的な認識といわれる6色、日本でも5色、沖縄では明・暗の2色と
捉えていた時代もあったそうです。

虹は内側から青紫が一般的な見え方ですが、まれに見るもう
ひとつ虹がうっすら見える二重虹(副虹-ふくこう-と言うらしいです)が外側にもうひとつ
架かる時、色が反対の順番で見えます。形は反対ではないのに不思議ですよね。
実は、上の写真も二重虹です。副虹はかなり薄っすらですが。
レインボー2_2
コントラストと明るさを調整してみました。少しは見えますでしょうか?

ちなみにニュートンが虹の色を「7色」としたのは、虹の色は無限に変化していることを
知りつつ、当時「7」が神聖な数と考えられていたため、美しい虹も7つの基本の色から
できていると定めたからだそうです。

科学的にはいい加減な話にも聞こえますが、ロマンチックと言われればそうも取れる
昔の人のセンスを感じたイノウエでした