月別アーカイブ: 2015年12月

年末年始発送のご案内

皆さま、こんにちはスキンロジカルのイノウエです。

2015年もあとわずかですね
今年も、スキンロジカルをご愛顧いただき
誠にありがとうございました。

スキンロジカル オフィシャルショップは
年内は12月29日(火)までとなっております。

12月30日(水)~1月3日(日)まで
年末年始休業をいただき、
お休み中にいただいたご注文につきましては
年明け1月4日(月)以降順次発送とさせていただきます。

年内に商品お届けをご希望の場合は
お早めのご注文をお願いいたします。

また、年末年始に帰省等される方でも
お届け先の変更も可能です。
配送料も1万以上のご注文なら全国どこでも無料でお届けします。
また、1万円に満たない場合でも全国一律540円でのお届けとなります。
ぜひご利用くださいませ。

年末年始のお届けやお問い合わせについて
下記ページにてご案内しています。

⇒年末年始の発送のご案内

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解・ご了承くださいますようお願い申し上げます。

一段と冬が深くなってきました。
年末年始体調を崩されないよう
良い年の瀬をお迎えください。


最後まで新鮮に使い切る!

前回に引き続き、新商品【スキンロジカル クリアCエマルジョン】の誕生物語をお伝えします。

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】は、
従来の保湿ジェル【スキンロジカル Bジェルプラス】から
容器を大きく変更しています。 続きを読む


保湿アイテムはテクスチャーが命

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】開発秘話 テクスチャー編

こんちは、スキンロジカルの田中です。
前回に引き続き、新商品【スキンロジカル クリアCエマルジョン】の誕生物語をお伝えします。

この商品の製造にあたって、一番こだわったのがテクスチャー「使用感」でした。 続きを読む


【スキンロジカル クリアCエマルジョン】完成!!

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】開発秘話 ~ ビタミンCエチル編 ~

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

去る12/11(金)、新商品の【スキンロジカル クリアCエマルジョン】が発売にされました!

発売時期は、予定よりも少し延びてしまいましたが、なんとか冬のキャンペーンに間に合わせることができました。もうお試しいただいたでしょうか?

この商品の発売にあたり、試作サンプルのモニターを行ったり、容器の選定やデザイン製作、ネーミングなどの具体的に企画が回りだしたのは1年ほど前ですが、従来の【スキンロジカル Bジェルプラス】の次の商品として、「ビタミンCを配合した新作の保湿ジェル”を作る」という企画はもう3年ほど前からありました。そうやって出来上がったのが、ビタミンCエチル配合の【スキンロジカル クリアCエマルジョン】です。

 

イオン導入化粧水やイオン導入美容液と、様々なアイテムに“ビタミンC誘導体”を取り入れている当社のスキンロジカルシリーズですが、どうしてまたしても“ビタミンC誘導体”?と思われるでしょう。

色々なアイテムに取り入れているからこその、“ビタミンC誘導体”なのです。知れば知るほど、その成分の凄さすばらしさへの理解が深まり、使えば使うほどその効果を感するのでやはり“ビタミンC誘導体”となるのです。

ビタミンC誘導体にも様々な種類があります。

〇水溶性

〇油溶性

〇両親媒性

 

アミノシーローションVCローションPCローションCエッセンスに配合している

APM(リン酸アスコルビルMg)

APS(アスコルビルリン酸Na)

 

期間限定商品のCEローションに配合している

APPS:アプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

 

スキンロジカル Bジェルプラスに配合していた

VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

 

今回は、シリーズで初めて

ビタミンCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)

を配合しました。

 

ビタミンCエチルを選定してポイントとして、4つの特性を重視しました。

★即効性+持続性

★感触が良好

★W美白効果

★ビタミンC誘導体のなかでも優れた安定性をもつ

 

 

化粧品の成分には、有効濃度というものがあります。効果を出すためには〇%配合以上の配合が必要というものです。一方で、高濃度配合すると、使用感が悪くなったり、安定性が定価したり、価格が高くなったりという面もあります。ビタミンCエチルの配合にも、この点で苦労しましたが、有効濃度を維持して配合することにこだわりました。

 

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】開発秘話は、テクスチャー編へ続きます!

 

【スキンロジカル クリアCエマルジョン】のお求め・商品詳細、ビタミンCエチルに関する詳細はコチラ

▼     ▼     ▼    click    ▼     ▼     ▼creac_01

 

 

 

 

 


インフルエンザの予防接種

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
天気がよければ、陽の入る窓際はぽかぽかで暖かいですが、
夜になると一気に気温が下がって底冷えするような季節に
なりました。
11月末イノウエは、毎年恒例のインフルエンザの予防接種に
行ってきたのですが、今年から、予防接種に含まれる
ワクチンの種類が以前の3種類から4種類に増え、接種にかかる
費用も昨年に比べて500円程度高くなっているようです
この予防接種にかかる費用は自己負担で、国民健康保険などの
保険が適用されませんし、医療費控除も受けられません。
(高齢者等一部の対象者は、別途補助金が出る自治体もあります)
とはいえ、かかってしまうとつらいですし、人にうつしたりと
いったことを考えると、転ばぬ先の杖で毎年受けるようにして
います。
ところで、予防接種をするとなぜ病気にかかっても軽い症状で
済むのか皆さまご存知でしょうか
実は、予防接種で体内に注射するものは病気に対抗する薬では
なく、予防したい病気の病原体そのものなんです
しかし、病原体をそのまま体内に入れてしまえば、当然予防する
はずの病気そのものにかかってしまいます
では、なぜ病原体を体内に入れても病気にならないのでしょうか?
それは、体内に入れる病原体は生きている元気な病原体そのもの
ではなく、できる限り弱めたものや、不活性化(病原体として
働かないように処置されたもの)したもの、または毒性を取って
しまったものだからです。これがワクチンの正体です。
しかし、そういった毒性の無い病原体を体内に入れることで、
なぜ予防できるのかというと、たとえ毒性の無い病原体であった
としても、一部の免疫グロブリンというタンパク質が、それを
異物(抗原)として認識して、その病原体に合った抗体を作り出す
ことができる為です。
抗体は病原体一つ一つに対して結合する性質を持っています。
結合した抗体は、体内の白血球の一種であるマクロファージ(基底
層のシミを取り込むことでも知られています)などの貧食細胞を
活性化させ、取り込まれて分解されることで最終的に体に対して
害のない物質に変換されます。
ワクチンによって、体内に侵入する病原体に合った抗体が事前に
作られ多く存在していることで、速やかに結合し無害化して症状が
重篤化することを防ぐことができるのです
予防に大変有効な抗体ですが、この抗体が有効に働き始めるまで
約2週間かかります。
例年、インフルエンザのピークは12月頃からですのでできるだけ
早く接種することが有効だそうです。
健康に気をつけて、よい年末年始をすごしたいですね