日別アーカイブ: 2019年11月18日

スーパー歌舞伎Ⅱ「オグリ」

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

先日、新橋演舞場で

スーパー歌舞伎Ⅱ「オグリ」を見て参りました!

スーパー歌舞伎は簡単に言い換えれば、古典歌舞伎を現代風にアレンジしたもの、といいましょうか。セリフも口語なので、今回はイヤホンガイドもなし。音も、現代的な音楽を仕様し、光やプロジェクションマッピングなどの技術を多用して、衣装も金ピカ!、エンターテインメント性の強い歌舞伎です。

「オグリ」は、「小栗判官」という歌舞伎の演目をアレンジしたストーリーになっています。

※物語に暴れ馬が登場しますが、かの伝説の競走馬「オグリキャップ」の命名とは何ら関係ないようです。「オグリキャップ」は馬主さんの苗字が小栗さん。物語の暴れ馬の名前は「鬼影」。

テーマは「人生の歓喜」。

主役のオグリは、歌舞伎役者の市川猿之助と中村隼人のダブルキャストで、この日は中村隼人主演の日でした。

※こちらは、舞台の鏡に映った上演前の客席

まだ20代で初めて(多分)主役の彼は、「真ん中」感や、圧倒的なオーラがまだ足りないものの、華やかな容姿(イケメンですよ!)で充分主役として魅せてくれました。今後が楽しみです。ぜひ「真ん中」に立つ役者になってほしいなあと思いました。歌舞伎界は、家の格?みたいなもので、役の重さが決まってしまったりするのがとても残念なのですが、まだまだこれからなので期待しています。

ちなみに、来夏は豊洲のIHIアイランドステージ東京で上演されるスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」での主演も決定しています!

ヒロインの照手姫を演じたのが、坂東新悟さんとい女形の役者さんなのですが、素の彼は、背がすらっと高い細面で「え?女形??」と疑いたくなるような容姿なのですが・・・

舞台に立つとビックリ、細くて長い首、そして手足、華奢な腰回りが、まあ~女以上の女でした。色気って作れるんですね。。。

ちょっとオモシロかったのが、物語終盤で「天馬にのって駆ける」という宙乗りシーンがあるのですが、このお馬さんが、まるで遊園地のメリーゴーラウンドのお馬さんそのもの!小さくて子供用??みたいな代物で、笑ってしまいました。せめてもっと大きいのなかったのかなあ?

最後は、沢山の♡が天から降ってきて、人生の歓喜を観客と一緒に踊り、幕。

幸せな余韻の残る舞台でした。