月別アーカイブ: 2020年2月

マスク不足の影響

こんにちはスキンロジカルのフジです。

コロナウィルスの感染が拡大しており
その影響は日々、深刻化しています。

そして、これに連動して
市販のマスクが店頭から一気に消え、
1月から品不足が続いています。

通勤必須な一般の会社員にとって
毎日の人混みを避けるのは難しく、
気休めかもしれませんが、マスクは不可欠となっています。

そんなマスク不足の心配が
もうひとつ増える時期がきてしまいました。

そう「花粉」です。

特に今年は暖冬の影響で
二月中旬にはすでにかなり飛んでおり、
花粉症持ちとしては例年より早く辛い時期がやってきました。

幸いマスクの蓄えは1ヶ月分程あるので助かっていますが、
なくなるまでには買えるようになってることを祈るばかりです。。。

通常、「マスク」「眼鏡」「薬」で抑え
家に帰れば、「洗眼」「鼻うがい」と
この時期を乗り切っていますが
顔のかゆみが気になるので、今年はさらに
対策グッズを増やしてみました。


花粉等付着抑制スプレー イハダ アレルスクリーン EX

資生堂の特許技術「微粒子吸着防止技術」で
肌や髪にスプレーした粒子が「イオンの透明ベール」となって
花粉やPM2.5などのアレル物質を付着しにくくするとのこと。

そもそも、春は花粉やPM2.5などの「季節性アレルゲン」が
飛びやすい時期です。
健康な肌であればブロックできる「季節性アレルゲン」を
バリア機能の低下した肌はアレルギー反応をおこし、
かゆみや湿疹となって肌荒れを起こします。

早速このスプレーを使っていますが、
鼻水やくしゃみ等に効果をさほど感じませんが
顔や目の痒みはかなり改善がみれました。

スプレーするだけなので
手軽に使用できるところは良いですね。
続けて使ってみようかと思います。

 


トラネキサム酸「本当に肌が白くなりますね」

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今年の冬は暖かかったですね。

まだ2月で冬は終わってはいないのですが、もう陽射しはすでに春の強さが感じられます・・・。

各、化粧品メーカーはすでに

「美白!」 「美白!」 「美白!」

美白商戦真っ盛りです。

でも、これは大正解なのです。

冬は紫外線も弱く、肌もあまり影響を受けずにいましたし、私たちの紫外線に対する認識も薄らいでいましたから、本格的な春になる前に警告を鳴らすのが、化粧品メーカーの使命でもあります。

季節が本格的に変わると、紫外線が強くなるとともに花粉の飛散などで、肌が「ゆらぎ」などどよばれる不安定な敏感肌の状態になりやすいですから、そのような状態だと、新しい化粧品を試したりするのが難しくなります。今から少しずつ、春仕様に変更をしていくのが適切なのです。

春仕様といえば、新し美白の定番「トラネキサム酸」。

まだ、化粧品として発売されているものは多くありません。

 

先日、当店から【イオン導入器】【トラネキサム酸】を購入されたお客様から
とても丁寧なレビューの投稿を頂戴しました。

成分についても、きちんと調べられていて、充分な知識をお持ちの方です。

皆様にもぜひご参考にして頂きたく、ご紹介をさせていただきますね。

化粧水原料【トラネキサム酸パウダー】 のレビューです。

▽  ▽  ▽

イオン導入で効果抜群でした

トラネキサム酸のイオン導入は資生堂が特許を取った技術のようです。

ネットで検索してそのやり方を自己流で再現しました。
トラネキサム酸のイオン導入はプラスの方がマイナスよりも効果がとても高いとのこと。
で,その場合,トラネキサム酸は2%,ph5程度がより望ましいと。ph調整にはクエン酸が適すと。

トラネキサム酸のパウダーって入手しにくいんですね。検索していたら,こちらのお店で見つけました。
しかも,スキンロジカルで扱っているイオン導入器は,しくみがシンプルでプラスの導入もできるとわかり,即購入しました。

(ちなみにクエン酸を入れた溶液がどのくらいのphかを測定するのに,溶液にたらすと色の変化でphがわかる試薬をわざわざ買いました。色ではっきりわかるので便利。
Amazonで1200円くらいかな)で,この弱酸性にした2%トラネキサム酸の化粧水(導入のたびにその場で作成します)20mlをですね,「カット綿」一枚分にたぷたぷに浸して,薄く剥がして顔全体に貼ります。そこにプラスにセットしたイオン導入器で導入しました。毎晩1回,もう10日ほど連続でやりました。それだけで,かなりの効果を実感しました。

ビタミンC(apps)のイオン導入も以前からやっているのですが,ビタミンCとはまた違って,本当に白くなりますね。

なんかうまく説明できないのですが,個人的にはビタミンCより白くなる。驚きです。

自分は更年期障害のホルモン治療中なので,トラネキサム酸の内服はできません。

なので,このトラネキサム酸パウダーは肝斑対策や美白にぴったりと思っております。現時点での感想です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(本文のまま)
△  △  △

実際のレビュー(投稿)はこちらでお読み頂けます
⇒ https://review.rakuten.co.jp/item/1/286683_10000196/1.1/?l2-id=item_review

 

>>スキンロジカルでも、『イオン導入研究所』などでもご案内していますが
「トラネキサム酸」は、+と-のどちらでもイオン導入ができます。

溶かした溶液が、酸性になったら+で導入し、アルカリ性になったらで導入します。

当社では、まず水に溶かして使う事を前提にしていますので、その場合はアルカリ性になるため
での導入をご案内しています。また、スキンロジカルの各化粧水に溶かしてイオン導入することもできますが、その場合も、殆どがアルカリ性となるため、基本的には、アルカリ性をマイナスで導入する方法をご案内しています。

資生堂の研究では、+で導入したほうがトラネキサム酸の累積透過量が多いとの結果がでていますが、マイナスの場合との差に大きな違いがあるわけではありません。

また、当社のトラネキサム酸パウダーは5%の濃度で溶かすのを推奨していますから
なおさら、そこまでの差は生じないと考えらえれます。

 

>>>このお客様のように、充分に知識をお持ちのうえで+で導入なさるのは問題がありません。

けれども、安易に市販の化粧水に溶かして、イオン導入することは避けてくださいね。
配合されている成分が、イオン導入に適さなかったり、トラネキサム酸との相性がよくないものもあります。

 

このレビューを見て、春の美白ケアに【トラネキサム酸】のイオン導入を試してみたくなりませんでしたか?

スキンロジカルは1g×10包入りのレギュラー商品のほか

【1g×4包入り】の小ロットバージョンと【0.4g×4包入り】の濃度2%バージョンも取り揃えていてます。

 


「うがい」正しく行っていますか?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

インフルエンザ・新型肺炎といろいろなウイルス性の病気がはやっていますが、その感染予防策の一つと
して「うがい」があります。
昔から、「手洗い」「うがい」「マスク」が予防の方法とされてきました。
現在では、一番に「丁寧に手を洗うこと」だそうですが、うがいやマスクについても一定の効果が期待できるということでした。
そんな、「うがい」の方法が昔と変わっていることに先日気づきました。

ウイルスが原因である疾患はその感染部位が「人間の粘膜部分」からと言われており、口や鼻、目そして喉などに付着したウイルスにより感染します。

ウイルスを持っている人が咳やくしゃみをすることで飛沫感染する場合や、口元を覆った手でドアノブや手すりなどを触り、それを触った別の人が自分の口や鼻、目などを触ることでも間接感染が起きます。
また、密閉空間で空気の入れ替えがない環境であれば空中をただようウイルスにより空気感染する場合もあります。

いずれにしても、完全にウイルスとの接触を断つことは、日常生活するうえで困難ではありますが、手洗いを徹底し、うがいとマスクを使用することでウイルスをできるだけ近づけない・接触する機会を少なくすることが重要となります。

そのなかでも「うがい」は、口の中に入ったウイルスを排出するために行いますが、みなさん「うがい」をするときを思い出してみてください。

水をコップにとって、口に含み、上を向いて「ガラガラ」していませんか?

実はそれ、のどに到達していない口の中にあるウイルスを喉に押し込む可能性があるそうです。

では、ウイルス対策として行う「うがい」の正しい方法はというと、

1. 水を口に含む

2. 「正面を向いて」「くちゅくちゅ」と「口の中だけをゆすいで」水を吐き出す

3. もう一度水を口に含む

4. 上を向いて「ガラガラ」とのどをうがいする。 (声を出しながら行うとより奥までうがいできるそうです)

唇や口の中も粘膜であるので、のどについたものだけが感染原因となるわけではありません。また、鼻や目からの感染も可能性としてありますが、「うがい」を正しく行うことでそのリスクを少しでも低下させることができます。

また、うがいや手洗い、マスクでの対策の他にも

・人ごみに出ない

・部屋は閉め切らず適度に換気する

・目に入る飛沫からの感染を防ぐためにメガネやサングラスの着用

・マスクを取るときは外側を触らない

・化粧にウイルスがつきやすいため、帰宅後は早めのメイクオフ

・外出後はすぐに風呂・シャワーで体を清潔にする

・花粉防止スプレーを使う

など・・・・・・
様々なところで言われている対策を上げると枚挙にいとまがありません。

まずは無理せずできるところから、正しい情報を元に、無理なく行うことです。

日々また朝夕の寒暖差も大きい時期ですが、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な休息と睡眠でウイルスに負けない健康な体を維持しましょう

 

乾燥しやすい時期は「ビタミンC」なのに乾燥感が少ない「APPS」を。
2月29日まで送料無料(在庫限り)


江戸前あなご

こんにちは、スキンロジカルスタッフのフジです。

神奈川県から千葉県へ東京湾を横断する「東京湾アクアライン」。
首都圏から房総方面まで気軽にいける大変便利な道路ですよね。

先日はドライブがてらアクアラインで木更津アウトレットへ。

昼食はどこがないかなと、金谷インター周辺をサーチすると
良さそうなお店を見つけ行ってみました。

食事処 やまよ

こちらは東京湾でとれた「アナゴ」をメインとした江戸前の魚介・海鮮料理屋さんです。

田舎町の住宅街に広々とした駐車場を備えたお店です。

お昼時ということもあり、駐車場は埋まり。店内の席もすでにいっぱいでした。

ただ回転は早いのか、待ち時間もすぐに席に通されます。

ランチはどれも美味しそうでしたが
一番人気の「あな天重定食 1100円」を注文。

お重に豪快に盛り付けられた、あなご、お味噌汁、冷奴、漬物といった内容で

揚げたてサクサクで中は柔らかくふっくらしたあなごは
とても美味しかったです。

甘めのタレがごはんにも合いが箸がすすみます。

あなごの大きさに比べると控えめサイズですが、南瓜とししとうもなかなか美味でした。

ふわふわで軽い口あたりなので、どんどん食べれてしまいますが、
食べ終わる頃にはお腹もしっかり満たされました。


 

2月のピックアップアイテム「CEローション」が送料無料!