月別アーカイブ: 2020年5月

アフターコロナの肌は紫外線の要注意!~免疫力DOWN!で敏感に~

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

まだ気を抜くことはできませんが、6月からは少しずつ外出ができるような状況になりそうです。

 

外出を避けて在宅する状況が始まった3月は、春とはいえまだまだ寒い時期でしたから、一足飛びに夏にやってきたようです。

あと1ヶ月もしないうちに夏至となり、日が一年で一番長い時期となります。

 

2ヶ月ほど一気に季節が飛んだ感じですので、お肌の手入れも切替が必要です。

お肌について、アフターコロナで気を付けたいことをまとめました。

 

★ 3月→6月 紫外線の強さが全く違う

3月はようやく日差しに温かみを感じるような時期で、紫外線もまだ強くはありませんでした。

ところが、現在はもうすっかり夏の日差し。朝も早い時間から、夕方遅くまで長時間に綿って紫外線が降り注いでいます。

3月までの感覚で外出していては肌に大きなダメージを与えるので、もう完全に夏仕様の紫外線対策をしましょう。

日傘

サングラス

防止

日焼け止めは夏用のSPFとPAの値の少し高いものがベターです。

コロナ期間にすっかり定着してしまったマスクは、顔の紫外線防止にはよいアイテムです。

今年は真夏にマスクを付けていたとしても、誰からも不思議がられないでしょう。

できれば黒色で大き目のマスクを着用して、シミができやすい頬骨の辺りまで紫外線をガードしましょう。

 

★ 肌の紫外線免疫力がDown

冬は紫外線が弱いため、紫外線に対する免疫力が下がっていました。

現在は、冬仕様で紫外線を浴びない肌のまま、急に夏の紫外線にさらされることになります。

短時間の紫外線を浴びただけでも、日焼けしやすいばかりか、アレルギー反応を起こすこともあります。

外出後、夜のお手入れでは肌を沈静化させるケアを行って下さい。

ビタミンCやトラネキサム酸は、美白などのエイジングケア効果に加えて肌の炎症を抑える働きもあります。

 

★ 肌の新陳代謝もDown

外出していないと、やはり運動量はどうしても減ってしまいます。

身体の新陳代謝も下がってるため、肌の角質がたまっていることもあります。

スキンケアで新陳代謝を上げるお手入れをして、肌をととのえましょう。

顔の皮膚がガサガサしていたり、硬くなっていると感じたらピーリングで角質を除去して新たしい皮膚を表面化させることができます。

 

身体もガサガサしていませんか?夏になって肌を露出する部分も多くなります。

身体を洗う際に肌をやわらかく整えると、保湿剤の浸透もよくなります。

 

アフタ―コロナのスキンケア方法いかがでしたか?

基本は3つ

・紫外線から肌を守る

・紫外線を受けた後の肌を沈静化させる

・代謝を高めて肌を柔らかく保つ

この3つに注意して、肌に刺激を与えないようにして夏を迎えましょう。


美白至上主義者はマスクで日焼け防止!

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

シミや肝斑のケアをしたい方、美白至上主義者の皆さん、ちゃんとマスクしていますか?

コロナもようやく収まりの気配を見せ始め、マスクも店頭で見られるようになってきました。

これからは気温も高くなるので、マスクをつけていると息苦しいような時期になってきましたが、これから先も感染防止の目的と同時に、シミ予防の目的で付けて頂きたいマスクがあります。

それは、 黒 い マ ス ク です!

 

もう、目的はお判りですよね?

もちろん “ 紫 外 線 防 止 ” です。

 

これまでだったら、夏にマスクをつけていたり、ましてそれが黒いマスクだったりしたら「怪しいひと?」と見られてしまうところですが、おそらく今後もマスク着用がデフォルトになるとこれがいたって普通の姿になります。

黒だったって全然珍しくなくなります。

 

どんなに、日焼け止めを丹念にに塗っても、日傘をさしても、外出すれば紫外線は避けれるものではありません。

でも、可能な限りガードをするとしたら、顔を覆うマスクは日焼け紫外線防止にとてもいいアイテムです。

そして、白よりも黒ならなおさらベスト。

これから、ドラッグストアなどで黒いマスクを見かけたら、美容とエイジングケアのためにぜひ積極的に購入してみてください。(買占めはダメですよ)

 

そして、夜にはかならずビタミンCをイオン導入して、日中に浴びた紫外線のケアをして、メラニンを増やさないように。

夏は、シミを消したり薄くすることよりも、シミを作らない予防ケアに注力しましょう。

 


活性酸素って何?

 

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

前回「ビタミンCは活性酸素を無力化する」お話をしましたが、
では、

「活性酸素」

は、肌に対してどんな影響を与えているのでしょうか。

もともと活性酸素は、高い攻撃性を持った物質です。
ではなぜそのような物質が体内に存在するのかというと、
外部からの細菌ウイルスなどを排除するために使われている
という話もあります。

活性酸素は呼吸による酸素の取り込みにより作られますが
そのほかにも、紫外線による日焼け、ストレス、喫煙など
でも生成されるといわれています。

体内の安全を守る「活性酸素」ですが、その量が多くなると
持ち前の攻撃力で、体にダメージを与えることがあります。
「活性酸素による肌トラブル」もその一部です。

・肌を刺激して、炎症を起こしシミを起こす

・肌の線維芽細胞を破壊しターンオーバーを狂わせる

・コラーゲンにダメージを与え、肌の柔軟性を損なわせる

などなど、数々の原因の元となっています。

活性酸素は体内作られるものですから、逆に活性酸素を
抑え、体をダメージから守る成分も作られます。
しかし、多すぎる刺激や加齢によって活性酸素のほうが
強くなってしまいます。

そんな時には、まず刺激を受ける原因を少なくして活性酸素を

「作らせない」

そしてできてしまった活性酸素は抗酸化物質で

「働かせない」

ことが重要です。
そして、「働かせない」成分の一つとして、前回お話しした
活性酸素を無力化できる「ビタミンC」があります。

体内の活性酸素には、ビタミンCを含んだ食材をバランスよく
食事に組み込んだり、サプリメントで補うことで対応し、
肌には直接「ビタミンC」を取り込むとより効果的に肌への
ビタミン補給ができます。

ビタミンCはビタミンC誘導体にすることで、効率よく効果的に
肌に取り込むことができます。
また、一部のビタミンC誘導体は、イオン導入することでさらに
効率よく肌にビタミンCを送り込むことができます。

肌の活性酸素が気になったら、ぜひ試してみてください。

 


ビタミンCはなぜ美容の万能成分なのか?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

さて、当店で一番メジャーでメインの成分といえば

「ビタミンC誘導体」

です。

様々な美容効果を持つ「ビタミンC」ですが、
そのベースとなる性質は

「抗酸化作用(還元作用)」

が強いことにあります。

抗酸化作用とは、簡単に言うと

「活性酸素から酸素を奪いを無害化する」

ことです。

ビタミンCはなぜこの力が強いのかというと、実は
ビタミンCの成分構造に、酸素に結び付きやすい
という特徴があるため。

この力が強いことで、肌老化やトラブルの元となる

「活性酸素」

に含まれる「酸素」と結びつき、活性酸素の

「活性」

を抑えることができるのです。

逆に言えば、活性酸素は様々な肌悩みの原因とも
なっています。

気になる肌悩みがあるときは、まずベースに

「ビタミンC」

を検討してみてはいかがでしょうか?

期間限定 ポイントアップ

5月14日18時から5月18日17時59分まで


GWキャンペーン開催中

こんにちは
スキンロジカルのフジです。

全国規模の緊急事態宣言が
5月末まで延長となりました。

自粛生活も長期に続いていますが、
「感染しないよう」に、また「感染させないよう」に
もう少し協力しあう時ですね。

自宅にいる機会が増えている今だから
しっかりスキンケアの時間をとってみてはいかがでしょうか。

GWキャンペーンは5/11(月)9:59まで開催中です。
全商品10%OFFクーポンを配布中ですのでぜひご利用ください。

※GW中は発送・問い合わせ業務が休止となります。詳しくはこちらをご覧ください。