くすみ」タグアーカイブ

冬の肌はくすみやすい」「シワが目立つ」そのワケ


こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

肌に大敵となる「乾燥」の季節となりました。
季節により肌の変化は様々ありますが、特に「冬の肌はくすみやすい」「シワが目立つ」と感じたことはありませんか?
これは、冬の肌特有の現象によるものかもしれません。

湿度が低くなり乾燥する冬の肌は、水分が不足しがち。
これは、もともと乾燥により水分が少なくなることと合わせて、皮脂の分泌が減り水分を肌に閉じ込めることが難しくなるためです。
肌の乾燥により肌が荒れ、角質層に隙間ができてくると、その隙間からも水分が出て行ってしまうため、さらなる乾燥を招く悪循環となります。

本来、規則正しくサイズも整っている肌の表面の角質細胞も、乾燥が進み肌の水分量が少なくなると、サイズがバラバラになっていきます。
不均一となった角質細胞は古くなっても垢として剥がれにくくなり、肌に蓄積されます。

蓄積され厚くなった角質層は、すりガラスが何層も重なるような状態になり、透明感が失われていきます。
また、水分が少なく、かさつき荒れた表面は、光を乱反射するため、暗く沈みがちになります。

・毎日の洗顔やピーリングなどで古い角質をきれいに落とす
・肌の保湿をしっかりとする
・できるだけ外気にさらされない

冬のくすみにはこのような対処が必要です。

また、同様に乾燥した肌は、キメがなくなり荒くなります。
その結果、シワの入りやすい部分へ肌の方向性が強くなることで、結果としてシワが目立ちやすくなります。

くすみやシワ以外にも、肌が乾燥して荒れた状態は、肌のバリア機能も低下し、刺激を受けやすくなります。
普段の化粧品でも刺激を感じたりするだけでなく、肌の炎症が起こりやすくなったり、紫外線の影響を受けやすくなるなど肌トラブルの元ともなります。

冬は溜まりがちな古い角質を放置せず、しっかり保湿ケアを行い、冬くすみの無いキメの整った肌を目指しましょう。

 


 15%OFFでお得なこの機会に

ぜひプラセンタの効果をお試しください

【スキンロジカル Pエッセンス】は

11/15(月)まで、15%OFFでお求めいただけます。

スキンロジカル Pエッセンス 30mL
Pエッセンス30mL


ヒンヤリ「氷」でスキンケア

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

さて、先日テレビを見ていたところ、皮膚科医の方が「氷」を使ったスキンケアを紹介していました。

このスキンケアは、これから本格的な夏に向けて大きな悩みの一つである「化粧崩れ」に対して有効なのだそうです。

ファンデーションや口紅はじめとしたほとんどのメークアップ化粧品には、含まれる色を均一に分散させたり、化粧ノリを良くしたり、様々な目的でベース成分に油性成分を使用しています。

しかし、夏は暑く毛穴が開きます。毛穴が開くと皮脂がより多く分泌されます。分泌された皮脂は、化粧品に含まれた油性成分と混ざりあうことで、ゆるくなり溶けだします
つまり、化粧をオイルクレンジングで溶かし落とすのと同じ状態が肌の上で起こります。これが「化粧崩れ」です。

この化粧崩れには、
・崩れにくい成分を配合した化粧品の使用
・油とり紙などでの対処
・マメな化粧直し

など様々な対策がありますが、氷ケアはその名前の通り、氷でこの皮脂分泌の原因となる開いた毛穴を冷やして引き締めることで化粧崩れを起こりにくくするというものです。

■ 氷ケアに必要なもの

・氷(2~3個)
・ポリ袋
・木綿のハンカチ

■ 氷ケアの方法(1日2回 朝・夜洗顔後が良い)

1.クレンジングと洗顔でメークや汚れを落とす

2.ポリ袋に氷を入れてハンカチでくるみ、1か所2~3秒を目安に顔を冷やす
※全顔で2~3分、首や腕は1か所5秒程度

これだけです。

  ご注意

・肌への刺激となるため、必ず氷を入れた袋を布でくるむ

・冷たさを感じられずトラブルの原因となるため、顔面に神経障害がある場合は行わない

・ケアにより閉まった毛穴にメイクや汚れが詰まるため、メークや汚れはケア前に必ず落とす

・肌への刺激によるシミやシワの原因となるので、袋でマッサージをしたり肌上を滑らせたりせず、一か所一か所肌へ優しく乗せるようにケアをする

実験ではこの氷ケアの後、2時間後には毛穴が小さくなっており、皮脂量は通常より3%も少なくなっていました。

さらに、夏はクーラーなどで乾燥した環境にプラスして、外と室内の気温差が大きい季節でもあります。
一般的に5度以上の急激な気温変化は自律神経へのストレスとなり、肌表面の毛細血管の血流が悪くなる原因となります。

これにより、新しい肌を作り出す細胞に血液からの養分が行き渡りにくくなり、正常なターンオーバーができなくなることで、バリア機能の低下による肌の乾燥や、かさつき、くすみの原因となります。

そんなときも、氷ケアで肌を冷やすことで、肌表面の毛細血管の血行を促進して肌細胞を活性化させ、ターンオーバーを正常化することができます。

また、日焼けをした後も氷ケアをすることで、蓄積した熱による刺激からのメラニン生成を防ぐことができ、過剰なメラニン生成によるシミなどの対策にもなります。

ちなみに、氷でケアするのと同様にビタミンCは皮脂分泌量を調整する優れた効果を持っていますので、ビタミンCのイオン導入ケアに氷ケアをプラスすることでより一層効果が高まります。
氷ケアが面倒な場合は、冷蔵保存しているビタミンCのイオン導入化粧水や美容液イオン導入を行っても似たような効果が期待できます。

朝のメイク前にビタミンCをイオン導入することで、その後の化粧崩れが少なくなるとの話もあるので、化粧崩れにお悩みの方はお化粧前にこの時期ヒンヤリと気持ちのいい氷ケアとあわせてビタミン Cのイオン導入を試してみてはいかがでしょうか?

※ビタミンCを導入した後は、乳液やクリーム、ファンデーションの成分との相性により「モロモロ」が出やすい場合がありますので、少し時間を置くか、肌の上でファンデーションなど滑らせず、のせるように使うと出にくくなります。

 


皮膚の凹凸とイオン導入・ピーリングの関係

こんにちは、スキンロジカルのイノウエキャッ☆です。

さて、今日は皮膚の凹凸についてのお話を。
皮膚の炎症のあとに残ることのある凹凸・・・
「あばた」ともいわれますが、これを元の戻す
ことはなかなか難しいがーン!!ことです。

現在、外科的治療以外で普段のケアにより改善を
目指すのであれば、やはり継続的なビタミンC
イオン導入による、コラーゲンの生成を促すことで
皮膚を押し上げピンク↑ていくことが薦められています。

あわせて、ケミカルピーリングを行なうことでより
効果的になります。

ピーリングを行なうことで、皮膚表面を溶かして
(削って)滑らかにすると誤解されそうですが、ここ
でのピーリングは物理的な作用を期待しているわけ
ではなく、古い角質を除去することによるビタミンCの
導入効果を高めるため
のものになります。

また、不要な角質を除去することで、肌は本来の
バリア機能を維持するために、新しい角質を生み
出します。

つまり、新しい肌の生成が促されるということですポイント

そういった意味で、ピーリングは新しい肌を生成する
ために優秀なケアの1つともいえます。

スペシャルケアとしてのピーリング。
ぜひ取り入れてみてください。

当店の「ホイップピールパック 」は肌に優しく作って
あるため「ケミカルピーリングはちょっと怖いな」と
いう方にもオススメしてますぺこり


角層が厚くなるとイオン導入の効果は?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

朝夕はめっきり涼しくなってきましたが、昼間はまだ
まだ暑い日が続きます。

こんな季節の変わり目は、肌の新陳代謝のバランスが
崩れがちです。
肌は約4週間で新しくなる(ターンオーバー)といわれて
います。
これにより、いつまでもみずみずしく水分を保つ、
きめ細やかな肌を維持することができます。

しかし、このターンオーバーのサイクルは季節や生活
環境の変化、また年齢などの条件によって乱れることも
あります。

ターンオーバーが乱れると、新しい肌への入れ替わりが
遅れたり、本来垢となって落ちるはずの古い角質が肌
表面に残り、肌がくすんだように見えたりします。

また、それにより角層が厚くなることでイオン導入の
効果は下がります。
これは、電気を通しにくくなる(電気抵抗が上がる)ため
です。

これを防ぐためには、洗顔で取り切れない古い各層を
で取り去る必要があります。

しかし、スポンジやタオル・スクラブなどで肌を洗う
ことは、その下の健康な肌まで傷つけてしまう場合が
あります。

スキンロジカルホイップピールパックはケラトリンと
いう成分が、古い角質と肌を結び付けている部分の
タンパク質だけを分解します。
また、肌の上でジェルが自然に発泡するため、泡の
力で古い角質を浮かせます。
この作用によって、新しい肌を痛めることなく、古い
角質のみを取り去ることができるピーリング商品です。

イオン導入の効果を上げたい方や、夏の肌ダメージを
取り切れていないごわついた肌が気になるかたは、
ぜひ一度お試しください

141205_wp_t2