クレンジング」タグアーカイブ

男性も日焼け止めのアフターケアを

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

残暑お見舞い申し上げます。

空梅雨が明けたと思ったら、天気のぐずついている
関東地方ですが、台風が過ぎたらものすごい暑さで
体がついていけません。

夏バテや夏風邪など皆様もお体に気を付けてお過ごし
ください。

さて、太陽がサンサンと降り注ぐ夏は女性はもちろん
最近は男性も日焼け止めを使う人が増えています。
日焼けはご存知の通り肌が黒くなるばかりでなく、
シミの原因や、活性酸素による肌老化の原因である
紫外線を多く含んでいます。

日焼け止めはそれを防ぐために大変重要なケア
アイテムのうちの一つです。

暑い日に外に出たり、イベントなどでは汗をかき、
海やプール、イベントなどでは当然水がかかるため
ウォータープルーフ(耐水性)のタイプを使用する
場合も多いと思います。

日焼け止めにはこのウォータープルーフの特性を
持たせ、配合する金属成分を不活性化するために
多くの商品で油性成分とシリコーンを配合してい
ます。

これはSPF及びPA値が高い商品ほどその傾向が
強いため、落とすためには洗顔では落としきれず
肌トラブルのもととなる可能性がありますので、
別にクレンジングが必要となります。

女性は普段から化粧をしているため、改めて
クレンジングについての重要性を意識したり、
することはないとは思いますが、日焼け止めを
使用している男性の方は、洗顔の前に
クレンジングをすることも気をつけてみて
ください。

クレンジングの基本的な方法は

1. クレンジング・クレンジングオイルを肌上の
日焼け止め・メイクになじませる

2.水またはぬるま湯でメイク汚れを流す

3.洗顔料や石鹸で洗顔してクレンジングと残り
の汚れを取る

4.洗顔料を流す

※ウォータープルーフタイプの日焼け止めは落とし
にくいため、オイルタイプのクレンジングを使用
する場合は、皮脂を多く取りすぎる場合もあるので
入浴後に保湿することをおすすめします。

また「石けん」で落とせるタイプのものでも
気になるようであればクレンジングを使用
してみて下さい。

スキンロジカル ピュアホワイトクレンジングジェル

ウォーターベース・ ジェルタイプ・洗顔もできる

 


そのクレンジング、どこまでオフ?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

 

関東は秋も深まって寒くなってきましたが、
10月下旬でも25度を超える夏日があるなど、
寒暖差も大きくなっています

統計上では11月にも夏日があったこともある
そうなので、気温差で体調を崩されないように
お気を付けください


さて、皆様はクレンジング「どこまで」使って
いますか?
しっかり「フェイスだけ」メイクオフしていま
せんか?

クレンジングはご存知の通り、ファンデーション
やマスカラ、アイライナー、口紅、UVクリーム
などの油性・水性成分の入り混じった化粧を
きちんと落とすために重要なケアです。

クレンジングをきちんと行わず、肌に化粧が
残ったままだと、毛穴のつまり、肌の乾燥、
ニキビ、また肌老化を招いたりと様々な肌
トラブルの原因になります。

マスカラや口紅などは、使用場所が限定され
ているため、クレンジングで落とすことは
簡単で分かりやすい部分です
しかし、意外に見落としがちなのがファンデー
ションや、UVケアで使用する下地クリーム・
乳液
などです。

ファンデーションは、顔だけでなく、ファン
デーションを塗った顔との色差を無くすため、
あごから首、季節や服装などによっては、
デコルテ、肩から背中周りまで使用する場合も
あります。

また、UVケアに使用するスキンケアアイテム
同様に、顔以外の広範囲にわたって使用します。

これらのメイク・ケアアイテムも、基本的には
汗などで簡単に落ちないように、油性・水性を
組み合わせた成分で構成されているため、一部の
商品を除いてクレンジングが必要になります。

だけはクレンジング+洗顔をしてそれ以外の
部分をいつものように石鹸などで洗っただけ
では化粧品の成分を落としきれない場合もあります。

肌に残ったメイク化粧品の成分は、顔と同じように
肌のトラブルを招く原因となる可能性が増えてしま
います。
また、デコルテなど顔に比べても皮膚が薄く小じわ
など影響の出やすい部分もあります。

dec_s

一日の終わりにクレンジングをする場合は、化粧品を
「どこまで使用しているか」
を思い出して、フェイス「以外」のメイクオフ
気にかけてみてください

クレンジングも洗顔もこれ1本で!
ピュアホワイトクレンジングジェル 180g


男子も「クレンジング」・・・いやいや、洗顔もできるスグレモノ!

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

連日うだるような暑さです。まさしく夏ですね。
子供の頃はこんな暑さに感じなかったような。

ちなみに東京の平均気温は100年で3度上昇しているとのこと。
平均気温でみれば、それこそ鹿児島や沖縄の平均気温に比肩する
気温です。

原因としては温暖化の影響もさることながら、都市化によるヒート
アイランド現象によるところが大きく、都市化が顕著である場所ほど
平均気温の上昇率は上がっています。
東京と沖縄とでは、100年の気温の伸び率が3倍も違う結果だとか。
熱中症対策 もますます重要になってきますね。

さて、男性の皆さま
当店の「ピュアホワイトクレンジングジェル
お使いになったことはありますか?

ピュアホワイトクレンジングジェル はメイクも洗顔もワンステップで
使えるクレンジング洗顔料です。
男性には「クレンジング」は馴染みが無いもの(イノウエも入社
する前はそうでした)ですが、このクレンジングは洗顔料としても
お使いいただける商品です。

洗顔料としてご使用いただく場合は、よく手のひらで泡立ててから
「泡で汚れを落とすようなイメージ」で洗顔を行なうと、肌に負担を
かけず、また、泡の粒が毛穴の汚れを包み込むように掻き出してくれます。

手のひらで泡立てることなくワイルドに顔面で泡立てたりすると、
肌に余計な負担をかけてしまいますので、お勧めできません

また、「泡立てが面倒」という場合にはぜひ市販の「泡立てネット」の
ご使用をお勧めします。(100円ショップのお風呂商品コーナーでも
たいてい取り扱っています)
手で泡立てるよりも手軽に細かい泡が作れますので、より効果的です。

ピュアホワイトクレンジングジェル は名前の通り、ジェル状です。
洗いあがりはスッキリしていますがつっぱり感はないので、男性の方にも
お勧めです。

洗浄成分は肌に負担が少ない成分でありながら、汚れを落としつつ肌へ
の潤いも与える、天然アミノ酸系。
また、お肌の常在菌のバランスを配合成分のグルコオリゴ糖が調節し、
清潔な肌環境を保ちます。

季節のセットなどにトータルケアの一部としてセットされているピュア
ホワイトクレンジングジェル ですが、女性の方はもちろん、洗顔料としても
男性の方にも使ってみていただきたい商品です。


愛でて良し、食べて良し・・・

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。
東京は梅雨に入ってからもほとんど梅雨らしい雨も降らず
このまま夏に突入してしまいそうな日が続いています。

イノウエの住んでいるマンションは、居間に面した窓が
東向きで大きく取ってあるので、日当たりはいいのですが、
この時期とにかく暑い。
なんとかしたいと思っていたところ、昨今よく話題に出る
緑のカーテン」を試してみようと思い、キュウリの苗を
サカタのタネ」で買ってきて植えてみました。

病害虫に強いゴーヤも考えたのですが、イノウエはゴーヤ
あまり好きではないので、今回はキュウリにしてみました。

現在、植え込んでから1ヶ月ほどになりますが、キュウリ
成長はとても早く、既に背丈1メートルほど。
あまり天井の高くない我が家では、あっという間に先が
なくなってしまうので、朝と夜に伸びてくるツルを
横のほうへ向ける地道な作業を行なっています。
先日は花も咲き、雌花の下部には既に小さいキュウリが
でき始めています。
キュウリの花

花が萎めば、あっという間に実もできてくるので、今から
楽しみです。

ちなみにキュウリは日本古来よりヘチマと並んで美容にも
使われてきました。
キュウリから取り出すことのできるキュウリエキスは、
ビタミンC(美白・コラーゲン生成・抗酸化)や、各種有機酸
(引き締め・保湿)などの成分が含まれているため、現在でも
化粧品の原料として使用されています。
なお、当店のクレンジング&洗顔料
ピュアホワイトクレンジングジェル
にも、「キュウリエキス」が配合されています。

ピュアホワイトクレンジングジェル

水分の要求量が多い野菜なので、水を切らさないように気を
つければ、プランターや大きめの鉢でバルコニーでも簡単に
育てられて、葉っぱが大きいため緑のカーテンも簡単にでき
ます。
種からよりは苗から植えるとかなり簡単に育てられます。
植え付けは7月下旬頃までと以外と長い野菜なので、これから
でも夏に向けてキュウリの「緑のカーテン」試してみては
いかがでしょうか?
キュウリ