スキンロジカル」タグアーカイブ

映画「パラサイト」とマスク狂騒曲

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

少し前に、米アカデミー作品賞を受賞直後の話題の映画「パラサイト 半地下の家族」を観てきました。

韓国映画を見るのは、いったい何年ぶりだろう・・・?思い出せないくらい久しぶりでした。

韓国映画を始めに見たのは、世界的に有名になったあの「シュリ」でした。いやあー、「シュリ」は衝撃でしたね、スピード感もあり、サスペンスあり、ヒューマニズムあり。韓国映画、見ごたえあるなという印象を受けたものでした。

その後、私が見たいくつかの韓国映画は、あまり外れ無し。

「JSA」「猟奇的な彼女」「親切なクムジャさん」「オールドボーイ」「私の頭の中の消しゴム」

などなど。ちょっと古いですけれど、どれもヒット作だけのことはありました。

「オールドボーイ」は、最後の落ちがとても印象に残っています。怖いというか、後味が悪いというか、強烈というか・・・でも、「え?これで終わり?でオチは何だったの?」という映画よりこのくらいインパクトがあるもののほうが、私は好きです。

最近は随分とみていませんでしたけれど、米アカデミー賞で初めてアジアの映画が作品賞を取ったということで、前評判もまったく知らずに見に行きました。

主役のソン・ガンホは、あの「シュリ」にも出ていた俳優で、韓国映画のヒット作にはかなりの確率で見かけます。日本で言ったら、役所広司とか佐藤浩市とかそんな立ち位置なのでしょうか、二枚目では決してないのですが・・・。

内容は・・・・観てのお楽しみなのですが、ストーリー展開は大きく3つに分かれるのかなと思いました。

「起」 「承」 「転」 (結?)

「起」

はじめは、「ああ、こうなるんだろうな」とい予測を裏切らないストーリー展開を巧みに。。。。シニカルさも交えた面白さで、テンポよく進んでいきます。

「承」

このあたりから、思いもよらない展開に。立場が逆転したり、手に汗握る展開があったり、でもやっぱり可笑しさもあったりと、このままでは終わらない感が満載です。

「転」

ストーリーはもちろん、視覚でも、大胆に見せてくれます。俳優さんたちの怪演が秀逸。韓国社会の陰と陽を、痛烈に描いている気がしました。“半地下の家族”ってねえ・・・予告だけ見て、半地下がわかればアカデミー賞はとれませんよね、ええ。

これだけでは、なんのこっちゃ?という感じですが、ぜひ見てみて下さい。好き嫌いの分かれる映画だとは思いますが、私は楽しめたなと思える作品でした。

「オールドボーイ」ほど、強烈とか怖いといった印象はありませんでしたが、括りで言うと同部類に属するタイプの映画じゃないかと思います。

 

映画を見に行った日は、もう既にコロナ感染の影響が生活に影響を及ぼし始めていましたが、その日の映画館は満員。意外に若い人が多かったですね。このころは、まだマスク着用率は半分あるかないかくらいだったようです。

 

ところでマスクと言えば・・・・高額転売だとか、○○万枚無償配布だとか、もう狂騒曲のレベルでその不足が社会問題になっていますが、当社にも少々おかしな影響が出ています・・・・

スキンロジカルの「コインマスク」が検索の1位に・・・?

当社のECサイトの検索上位は、大抵は主力商品の

イオン導入器【ブロードイオン】や化粧水の【アミノシーローション】

であったり、または最近人気急上昇中の

【トラネキサム酸パウダー】

だったのですが、最近はなんと【スキンロジカル コインマスク】が検索1位に上がるようになりました!?どうして??

これは、多分ですが世の中のマスク不足と関係があるようです。「マスク」で検索された方が、見当違いの「(コイン)マスク」にたどり着くのでしょう。。。残念でした。

 

スキンロジカルでは3/13(金)から春の限定キャンペーンがはじまりました!

話題の【トラネキサム酸パウダー】が、初めて30%OFFの割引価格です。

9%ビタミンCの美容液は35%OFF、美白に使いたいアイテムが勢ぞろいしています。

ぜひ、ご来店ください。


芸術的なパフェ  銀座和光ティーサロン 

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

日本の中心東京、そして東京の中心で代表的な街と言えば銀座ですよね。

和光HPより拝借しました

その銀座のど真ん中に立つ、品の良いご婦人たちが大好きな老舗の「和光」ですが、有名な時計台の建物の隣にある「和光 ティーサロン」は、4丁目交差点を眺める銀座の一等地にありながら、明るく、穏やかで落ち着いた雰囲気の素敵な場所です。

毎シーズンごとに、限定メニューとして季節のフルーツをたっぷり使った高級なパフェが有名ですが、10月の今のシーズンは「栗」です。

人気のお店なので、休日はいつも人が並んで待っている状態なのですが、平日や時間帯を見計らえば案外すぐに入店できます。

先日は、この季節のパフェを頂いてまいりました。

マロンパフェ 2,200円

どうです?この見た目からのオサレ感。

そして、パフェの層がこれまた芸術的です。

上から、マロンのペースト、生クリーム

マロンのアイスクリームが中央に入っていて

サクサクとした触感が・・・・

え?和光でもコーンフレークなんか使っちゃうの??と思いきや違いました。

焼いたクレープ状の生地をクラッシュしたようなもので、とても繊細な食べ応えでした。

カシスソースを挟んで、柔らかな紅茶のジュレ

一番下は、栗の甘露煮を刻んだもの。

モンブランもアイスもクレープもゼリーも味わえちゃう楽しさ、これがパフェの醍醐味なのでしょう。

私は、栗そのものは余り好きというわけではないのですが、栗ペーストを使ったモンブランは好きですし、旬のモノは頂く主義なので、お値段は高めですがこの季節のパフェにはとても満足することができました。

十分満足することができますよ。

さて・・と、次のシーズンパフェは何かしらん?

リンゴかな?

そろそろイチゴが出てくるかも?

楽しみは尽きません。

 

 

さて、スキンロジカルでは

“イオン導入”やイオン導入器【ブロードイオン】について

皆様の疑問や質問をわかりやすくまとめたページを新たにUPしました!

↓ こちらをクリック ↓

使用しているなかで、わからないことや

ご購入を検討されている方に、よりイオン導入やブロードイオンについて

理解してご参考にしていただくために制作した渾身のコンテンツとなっております。

5つの項目に分類していますので、気になる点だけをお読み頂くにも便利です。

   

ぜひ、ご一読くだいませ。


♪スキンロジカルは20周年♪

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今年、2019年でイオン導入化粧品ブランド<スキンロジカル>は20周年を迎えました!

8888888888888888888888888888888

少し、スキンロジカル誕生についてお話したいと思います。

東京渋谷区にある皮膚科クリニックで、主にニキビ治療の患者さんのために、ご自宅でケアできる家庭用のイオン導入器「アクアパフ」を導入したのが始まりです。

病院では、PDT(フォトダイナミックセラピー)という光治療を行いますが、それは1~2ヵ月に1回程度ですから、その間に毎日のスキンケアにおいてイオン導入でビタミンCを導入し、少しでも改善を早めるために家庭用イオン導入器を推奨されていました。

この「アクアパフ」は、現在も当店で販売も行っていますが、初の家庭用イオン導入器として製造販売され、論文でも発表されており、有名皮膚科医の著書などでも紹介されているイオン導入器です。

イオン導入をするには、“イオン導入液”(化粧水または美容液)が必要ですね。

病院では医師の判断で、その患者さんにあわせたイオン導入液を院内で処方することができます。

そこで処方されていたイオン導入液が、現在販売している商品

【スキンロジカル VCローション】 【スキンロジカル アミノシーローション】

【スキンロジカル FHローション】【スキンロジカル PCローション】

これらの原型になっています。

♪ ♪  ♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪

院内で処方していたこれらのイオン導入液を

一般向けにも販売することとなり、スキンロジカルシリーズが生まれました!

院内で処方していたイオン導入液は、患者さんそれぞれの肌に合わせて、配合する成分や濃度を変えていましたので、一般販売にあたっては実証結果にもとづいて”効果が得られて刺激のない”範囲となりました。

その後、イオン導入化粧水以外にも洗顔料や保湿剤なども展開するようになりました。

 

♪ ♪  ♪ ♪  ♪ ♪  ♪ ♪  

イオン導入器のアクアパフをさらに使いやすくして、後から開発したものが

フェイスパッドつきのイオン導入器【ブロードイオン】です。

イオン導入を、ご自宅でホームケアとして使う理由はスバリ「毎日行うため」。自分で作り出すことはできませんし、一度に大量に取り込んでも体内に貯蓄しておくことがもできません。継続して続けてこそ、はじめてその効果がわかるのです。

クリニックでもイオン導入はできますが、頻繁に通うとなると時間もお金もかかりますが、自宅でなら、少ない費用で毎日簡単に行うことができます。

アクアパフのようなプレートを使うタイプだと、顔全体にイオン導入をするのにやはり5分以上は時間がかかってしまいますので、それをなんとか時短にできないかと皮膚科医監修のもとに考案されたのが【ブロードイオン】なのです。

♪ ♪  ♪ ♪  ♪ ♪  ♪ ♪  

 

このような歩で続いてまいりましたスキンロジカルも、めでたく20周年を迎えることができました。化粧品業界は、参入しやすいといわれており数多のメーカー、ブランドがひしめき合っていますが、実は消えていくものも少なくありません。そのような中で、20年も続けてこられたのは、ご愛顧くださっているお客様のおかげです。

心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

感謝の気持ちえを込めまして、20周年記念として特別価格でのキャンペーンを開催しております。ぜひ、この機会にご来店ください。

 

★20周年記念キャンペーン★ 2019年8月10日(土)~8月19日(月)まで

5000円以上で12%OFFクーポン進呈


九段ハウス kudan house 旧山口萬吉邸

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

近代的なビルが立ち並ぶ都心でも、思わぬところに「えー?こんな古い建物が!?」という建築物を見かけることがあります。

東京大空襲で都心は焼け野が原になったはずなのに・・・

よくよく思いおこしてみると、意外と現在も稼働している有名な建物も沢山あります。

神田の蕎麦屋「まつや」、甘味処「竹むら」、虎ノ門の蕎麦屋「砂場」・・・あれ?飲食店ばかり並べてしまいましたが、旧岩崎邸や旧古川邸、鳩山会館、永青文庫などもありますね。

私は、このような古い建築物が好きで、色々訪れています。

そして以前から時々通りかかる靖国神社近くに、高い塀に囲まれたかなり古そうな邸宅で、気にかかっていたお屋敷がありました。

そこが、このたび「九段ハウス」として装い新たに、一般公開されることを知りましたので、いそいそと出かけてまいりました。

 今も表札が「山口」になっています。

「九段ハウス kudan house」と新たに名付けられたこの邸宅は、「旧山口萬吉邸」ともいい、山口萬吉氏の子孫の方のお住まいとして実際にほんの数年前まで、使われていたそうです。

関東大震災の数年後の1927年に建築されたスパニッシュ様式の邸宅です。もちろんリノベ―トしてある部分もありますが、大変よい保存状態で残っています。地上3階地下1階に、広いお庭(庭は残念ながら、まだ整備されていないようでした)があります。

 

今回は、こちらの展示会の開催で初めての建物一般公開となりました。

しかしながら、展示会はそっちのけで興味深々に建物を探索。

玄関を入ると、曲線が美しい大理石の階段と噴水。

 

暖炉と大きな出窓のある居間。

 

 

 壁に左右対称に取り付けられた扉は、飾り棚でしょうか?

 

照明の光や色合いさえも、床や壁にぴったりと調和。

 

光が燦燦と差し込む、庭に面したポーチ。※生憎この日はお天気がよくありませんでしたが…

 

2階廊下は、板目までが美しい。

1.2.3階は家族の居住スペースですが、地下がかなり広く貯蔵庫や使用人のスペースだったそうです。ここにはボイラー室(暖房用)がそのまま残されていました。

 地下の採光窓

 

ここに、数年前まで実際に人がお住まいになっていたなんて・・・想像しただけでタイムスリップしそうです。

東京にも、このような建物がまだまだあるのですね。大切に残していってほしいと思います。

これからは、今回の展示会のように様々なイベントが開催するなどして場を提供していくようで、通常は建物だけの一般公開はまだ行っていないようです。

ご興味のある方は、九段ハウスのHPでどうぞ。


【恵比寿ランチ情報】EBISU FOOD HALL

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

日差しは相変わらず強いですが、少し湿気がなくなったように感じられ、
幾分外出しやすくなりました。

久しぶりの恵比寿ランチ情報です♪

暑いため、日焼けしないために、お昼休みはオフィスで取る日が続いていましたが
今週は久しぶりにランチにでかけました。

でも、やっぱり食欲はイマイチで、「今日はこれを食べたい!!」というのもなし。

ということで、選択肢がいくつかある[EBISU FOOD HALL]へ、久々にやってきました!

アメリカなどのフードコートのようなイメージで、セルフサービスのお店のカウンターが幾つか
入っているお店です。

エビス駅西口ロータリーから、駒澤通りを中目黒方面へ進んだ目立つことろにあります。

お見せの前には、こんなテラス席があり、朝からここでコーヒーを飲みながらPCとにらめっこしている人や、犬の散歩途中の方などを横目に毎日出勤していますが、ランチに来るのは久しぶりです。

最近飲食店内はどこも冷房が効きすぎで寒くなるので、店の奥にある裏通りに面したテラス席を取りました。

お客様は、女性を始めとした若い方が多いです。そこで、サラダボールなどのヘルシーなものがなかなか人気のようでした。

久しぶりにきたら、以前来た際に気に入ったサラダプレートは無くなっており、食べようと思った冷製フォーもなく・・・涙。仕方なく、昼からがっつりとローストビーフを頂きました。

ロースビーフに、ポテト、野菜のサイドディッシュにハードパンが3切れついて¥1,058。まあ、一応、ローストビーフですからねえ。お値段こんなもんでしょう。

でも、お肉ってやっぱりお腹に溜まるし、満足感が出ますね。ソースが辛めだったので、パンもついていてちょうどよかったです。

今日は、日陰は過ごしやすく、夏だけどテラス席はとても心地よく過ごせました。(喫煙者がいるのが少々辛いけれど・・・)

こちらは、もちろんカフェとして飲み物だけの利用も可能です。近くのスタバなどはいつもいっぱいなので、ちょっと一息入れる時に気軽に立ち寄れるお店です。

もう少し涼しくなったきたら、きっと食欲も増すでしょうから、秋からはまた新しい恵比寿&代官山のランチスポットを開拓しようと思っています。

このブログにもアップしていきますので、ご期待くださいませ!

 

↓スキンロジカルでは、美顔器の下取りキャンペーンを行っています↓
お買い換えにいかがですか?

 

↓シミを作らない、増やさない、濃くしないための高濃度ビタミンCエッセンス↓

8月は、2本以上のご購入でお得です。