敏感肌」タグアーカイブ

なぜ冬の肌は敏感になるのか?

こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

季節が秋から冬へと進むにつれて、肌の荒れを感じる方はもちろん、特に肌の荒れを感じていなくても、肌が敏感になったと思うことはありませんか?

実は気のせいではなく、秋から冬の時期は、肌が敏感になる季節でもあります。
ではなぜ肌が敏感になるのでしょうか。

肌は急激な温度変化を受けたり、湿度が低く乾燥したりすると、本来持っている体を守るためのバリア機能が落ちてしまいます。

バリア機能が落ちると、刺激や細菌など様々な要因によって肌は目に見えないような傷がたくさんできてしまいます。

その傷を守るために、肌は角層を増やして厚くするためにどんどん細胞を作り出します。
しかし、本来のターンオーバーより早く作り出された角層の細胞は未成熟で、小さく、保水力やバリア機能も劣っています。

乾燥→肌のバリア機能低下→未熟な角質増加→肌のバリア機能低下・・・
乾燥する季節は、肌でこのような悪循環が繰り返されています。

結果としてバリア機能が弱くなった肌には、細菌や化学物質、化粧品の成分も普段より浸透しやすくなってしまいます。

そのため、普段刺激を感じない化粧品でもピリピリしてしまったり、炎症を起こしたりすることがあるのです。

また、未成熟な角質は塊となって肌表面に残りやすくなります。この時期、肌ざわりがザラザラ・ガサガサとして滑らかさや艶やかさがなくなったり、皮脂の少ない部分ではひどくなると白い粉を吹いたような状態になったりするのはこれも一つ理由です。

本来は、肌から出る天然の保湿クリームでもある皮脂により肌表面が保湿され、外部の乾燥から肌を守りバリア機能を正常に保ちますが、この季節は湿度が低くそれだけでは肌の保湿が足りません。

この対策としては、やはり保湿ケアを丁寧に行うこと。
油分のあるクリームで肌を覆うだけでなく、アミノ酸等の天然保湿因子(NMF)やセラミドを補い、肌自体にも水分を保持させるケアを目指しましょう。

肌が落ち着いてきたら、ピーリングで古い角質を取り、ターンオーバーを正常化させ肌本来のバリア機能を取り戻します。

角質に水分を与えカバーすることで、冬の乾燥や刺激に負けない肌を作りましょう。

 


アミノ酸と共に保水成分のコラーゲンを作り出すビタミンC配合のイオン導入化粧水
スキンロジカル アミノシーローション 150mL
https://www.sophia-cosme.com/SHOP/ac_150.html


ヒト型セラミドを配合し、厳選した保湿成分とオイルのバランスでべとつかないのにしっかり保湿できるクリーム
スキンロジカル リペアモイストクリーム 30g
https://www.sophia-cosme.com/SHOP/cream_30.html

 


肌の上に重なった古い角質は酵素の力で優しく除去して、正しいターンオーバーへ導く
スキンロジカル ホイップピールパック 8包
https://www.sophia-cosme.com/SHOP/whippeel.html


転ばぬ先の杖・化粧品パッチテスト

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

街の桜も徐々に緑が増して、春の暖かさを感じる日も多く
なってきましたが、まだまだ寒暖差が大きい日もあるので、
体調管理に気を遣う季節です

さて、皆さまは化粧品等を使用した後にかゆくなったり
赤くなってしまったりしたことはありますか

166781

化粧品をはじめシャンプー、ヘアカラーなど肌につける
もの、触れるものに含まれる成分が肌に合わない場合や
アレルギーがあると、そのようなトラブルが出る場合
あります。

体調や季節にもよりますが、敏感肌の人今までに肌に
合わなかった化粧品等がある方は、新しいものを使用する
前に、ご家庭でもできる「簡易パッチテスト」を試して
みることをお勧めします。

パッチテストは、病院などで金属アレルギーや化粧品など
の肌に触れるものにアレルギーを持っているか(接触性皮膚
炎)をテストするものですが、簡単なものであればご家庭に
ある絆創膏を使用して試してみることができます。

 

          重要

  ここでご案内するパッチテストは、ご自身の責任のもと、
 お試し下さい。
 簡易検査となりますので、ご利用状況によって結果が
 左右される可能性があります。
 結果が良好であっても必ずしもトラブルが無いことを
 保証するものではなく、目安として下さい。
 
 また、観察経過時間にかかわらず、かゆみ・発疹・赤み
 など肌に異常が出た場合は、すぐにテストを中止して
 下さい。
 また、その状況が続く場合は皮膚科へご相談下さい


化粧品(化粧水やクリーム)の簡易パッチテスト

用意するもの

絆創膏(ガーゼ付のものでガーゼ部分に薬剤や消毒液
などが塗布されてないもの)

調べたい化粧品
テスト方法

(1) テストに使用する部分を洗って水分をよく拭き取る。

皮膚が柔らかく目立ちにくい二の腕の内側や太もも

の内側がおすすめです。

(2) 用意した絆創膏のガーゼ部分に調べたい化粧品をつ
ける。

(3) (1)で清潔にした部分に(2)の絆創膏を貼る。

(4) 24時間そのままの状態にして確認する。

 ただし、30分程度で異常が起こるようであれば中止
  して下さい。

(5) 絆創膏を取って経過を観察する。

 反応が遅く出る場合もあるので短くても翌日まで様子
 を見るのが重要です。絆創膏を取ったあとはいつもの
 ように入浴をしても構いません。

(ご注意)

テスト部位は濡らすと成分が溶け出して正しい判断ができ
なくなりますので、テスト中はできるだけお風呂などに入
ないようにして下さいまた、スポーツなどで汗を
かくと同様に正しい判断ができなくなるのでテスト中は
控えて下さい。

前日お風呂あがりにテストを開始するのがおすすめです。
やむなく濡れる状況が考えられる場合は、テスト部をラップ
などで包んで濡れないようにして下さい。
ただし、その場合でも汗の影響が出る可能性が高いので極力
避けてお試し下さい。

簡易テストでも本来は2日程度の日数をかけて接触させる方が
より正しく確認できますが、入浴ができないなど実生活上
難しい部分も多いため、まずは24時間で問題があるかを
確認して、もし気になるようであれば2日間のパッチテストを
試してみるのも良いと思います

パッチテストで問題がない場合でも、目の周りや頬、デコルテ
など皮膚の薄い部分等や、ホルモンバランス、季節等により
反応が出る場合もありますので、心配な時は目立たない部分で
確認してみて下さい。

敏感肌用と謳われている化粧品であっても、配合成分や配合量に
よっては、どうしても合わないものもある場合もございます
ので、お肌が敏感な方や、以前に化粧品でトラブルがあった方
は、多少面倒ではありますが、一つの目安として簡易パッチ
テストを行われることをおすすめ致します