商品案内」カテゴリーアーカイブ

「FHローション」の成分

こんにちは、スキンロジカルスタッフです

6月14日より「夏のキャンペーン」を開始いたしました。

夏のケアにおすすめな高濃度ビタミンC配合の「スキンロジカル Cエッセンス」や、イオン導出化粧水の「リファインローション2本セット」などが割引となっております。
これから夏本番へ向かっていく季節に、最適なケア商品を
取り揃えておりますので、ぜひご検討ください。

さて、今回はキャンペーン中購入金額でプレゼントをしている「FHローション」についてのお話です。

「スキンロジカル FHローション」は、主な美容成分の一つとして「フィチン酸」を配合しています。
「フィチン酸」は「ビタミンC」や「コラーゲン」などと違い聞きなれない名前ですが、コメの糠(ぬか)や植物の種子に多く含まれている成分です。

肌の細胞に含まれる鉄などの余分なミネラル成分は、酸素と結びつくと強力な「活性酸素(ヒドロキシラジカル)」となり、細胞を傷つけたりコラーゲンを破壊したりメラニンの発生を促してしまいます。

フィチン酸は、このようなミネラル成分と結びつく力が酸素より強いため、活性酸素になることを阻害します。そして結びついた後は血管を通して体外に排出(キレート作用)されます。

また、体内に侵入してくる細菌やウィルスを捕食する免疫細胞の一つでもある「貪食(どんしょく)細胞」を活性化する力を持っています。
この「貪食細胞」は肌の深い場所(基底層)にあるターンオーバーでは排出されにくいメラニンも、体にとって不要な異物として
、捕食します。

その他にも、肌のバリア機能を改善し、ターンオーバーを促すことで、できてしまったシミを排出する手助けをしたり、皮脂の排出バランスを整える効果がもあります。

このように、フィチン酸は美白や皮脂調整、ターンオーバーの促進といった力を持つ美容成分で、ビタミンCなどとは違った角度からアプローチすることができます。

そんな力を持つフィチン酸を配合したFHローションが、今回、夏のキャンペーン期間中に商品を15,000円以上ご購入いただきますと75mLの特別仕様の商品をプレゼントしております。
※おひとり様期間中1回限り
クーポン割引・定期購入同梱割引後の合計金額が15,000円以上送料含まず)対象

本商品は150mLで7,190円ですので、半分の75mLでは3,595円相当となり大変お得なプレゼントとなっています。

「FHローション」は夏でも使いやすいさっぱりとした使い心地のイオン導入化粧水となっていますので、ビタミンC以外に美肌へアプローチできる成分として使ってみてください。


スキンロジカル FHローション 150mL

ブロードイオントライアルセット
(期間中のご購入は「FHローション75mLプレゼント対象」)

トラネキサム酸の濃度/医薬部外品と化粧品

こんにっちは、スキンロジカルです。

春になり、”ゆらぎ肌”といわれる不安定な肌にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

★肌が赤くなる、痒い

★いつも使っていた化粧品がしみるようになった

ゆらぎ肌によって、このように肌あれしてしまう方も少なくありません。

春は同時に紫外線の影響にも配慮したい季節です。美白ケアは予防がキモなので、春先から行うのがポイント。

肌が不安定だけれど、美白ケアも行いたい…そんな願望を叶えられる成分がトラネキサム酸です。

 

>>美白だけじゃない!肌あれ防止の効果もあるトラネキサム酸

「シミだけでなく、肝斑にもアプローチできる美白成分」として広く知られているトラネキサム酸ですが、もともとは抗炎症成分として使われるなかで美白の効果も判明しました。

だから、本来は抗炎症の効果のほうが古くから実証されているわけです。

抗炎症成分にはほかにグリチルリチン酸やアラントインといった成分がありますが、トラネキサム酸は美白効果もあるので一石二鳥で美肌が叶います。

 

>>トラネキサム酸の適正な濃度は?

市場で販売されている化粧水のトラネキサム酸の濃度は、MAX2%です。これには理由があります。

トラネキサム酸は、薬用化粧品(医薬部外品)でなければ配合できません。その場合、有効成分の配合濃度は上限が決まっています。トラネキサム酸の場合はMAX2%です。そのため、市販のトラネキサム酸配合化粧水(化粧品)の濃度はほとんどが2%と言えます。

一方でトラネキサム酸の有効濃度は、資生堂の特許情報によると5%と言われています。

しかしながら医薬部外品としてしか化粧品に配合できないトラネキサム酸は、MAX2%しか配合できません。

 

>>5%のトラネキサム酸で効果を最大限に実感するために

美白と肌荒れ防止、2つの美肌効果があるトラネキサム酸の効果を最大限に感じたい…5%の濃度で化粧品として使うにはどうしたらよいのでしょう?

スキンロジカルではトラネキサム酸をパウダーで販売し、お客様自身で化粧水を手作りしていただくことで5%を実現しました。

パウダーとして販売しているトラネキサム酸は、100%トラネキサム酸の化粧品の原料(製造会社などが使用しているもの)ですが、パウダーのままで販売しているので化粧品の範疇ではなく”雑貨”として取り扱われます。そのため、ご自身で好きな濃度に配合することが可能です。

 

>濃度が高ければ高いほどよい?

トラネキサム酸に限らず、化粧品に配合されている有効成分について「たくさん入っている(濃度が高い)ほうが、効果が高く早い」と考えてしまいがちです。

しかしながら、それぞれの成分には適正な濃度があります。濃度が高すぎると、刺激が強すぎたりかえって肌荒れしたりしてしまいます。

それは薬においてたくさんのめば効くというわけではなく、適量でなければ副作用が出たりすることと同じなのです。

 

>>少量からも試せる春に最適なトラネキサム酸

美白と肌荒れ防止、春のスキンケアに適なトラネキサム酸はパウダーで手作り化粧水として取り入れていただくことで、自分にあった濃度を少量から試すことができます。

スキンロジカルでは初めて使う方のために、送料も無料でお得な価格設定の<お試し商品>もご用意しています。

春の肌に違和感を感じたら、ぜひトラネキサム酸を毎日のスキンケアに少しずつ取り入れてみて下さい。

 

ブロードイオンは「ピリピリ」しない?

皆様こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

イオン導入は電気の力で美容成分を肌へ浸透させるケア方法です。

電気を使用するケアは、「ピリピリするから怖い」とか、「肌に負担がかかるのではないか」と心配されるお客様もおられます。

確かに、美容皮膚科やエステなどで施術を受けられたことがある方なら、イオン導入の際に「ピリピリ」とした刺激不快感があったという経験があるかもしれません。
しかし、当店のイオン導入器「ブロードイオン」はイオン導入を行っても肌にピリピリすることはなく、時間も30秒程度で顔全体にイオン導入することが可能です。

どうして同じイオン導入というケアでこのような違いが起こるのでしょう。

ブロードイオンは、刺激を感じない程度の電流値(1.2mA)を上限に、連続して電気の流れないように、短い時間で電気のオン・オフを繰り返すプログラムが設定されています。

なぜ、ただ電気を流すだけではダメなのかというと、調整されていない電気を肌に流すと、電気の力が強ければ当然「ピリピリ」とした電気の刺激があります。強すぎる電気を流し続けることは、肌の炎症ややけどの原因にもなりまし、弱すぎる電気では効果がありません
また、化粧水や美容液が電気分解されpH(ペーハー)が偏ることにより肌へ悪影響となったり、成分が変質して問題となることもあります。
さらに、肌は電気をためる性質があるため、一定時間以上連続して電気を流してもそれ以上効果が上がりません。

逆に「ピリピリ」しないような弱い電気で効果があるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、実際にブロードイオンで設定値としている電流できちんと成分が肌に浸透することがわかっています。

このように刺激を感じにくい程度の電気と、電気の流れない時間を作ることで、肌に負担をかけず、成分の変質を防ぎます。
さらに、電気が貯まりにくくなることでイオン導入の効果が上がりやすくなります。

※肌が弱い方、電気の刺激を感じやすい方、肌が敏感になっている方には、電気の流れない間隔を長くしたり、電流値を下げることで、ピリピリしにくいM(弱)L(最弱)のモードを設定もあります。

またフェイスパッドは、どの部分でも均一に電気が流れる特性を持っており、全顔を偏りなくイオン導入できます。
この特性を持たせるために、一般的な電気を通すゴムに比べても導電性の高い特殊な素材を使用しています。

このように、家庭でも安全に使える一方で、きちんとイオン導入として効果の出るように作られた、スキンロジカルこだわりのイオン導入器がブロードイオンなのです。

[イオン導入器「ブロードイオン トライアルセット

https://www.sophia-cosme.com/SHOP/bi_try.html

 

冬季限定化粧水

こんにちは
スキンロジカルスタッフです。

たくさんの再販希望のお声をいただき
2年振りの登場となった限定化粧水
スキンロジカル CEローション」が好評販売中です。

☆優れた浸透性を持つビタミンC誘導体「APPS」

☆抗酸化機能に特化したビタミンE「TPNa®」

☆肌からの水分蒸発を抑えてくれる保水成分「リピジュア」

☆肌の弾力とみずみずしたを生み出す「ヒアルロン酸」

これらの厳選した成分配合が、バリア機能が低下して
肌荒れを起こしやすい冬の肌に働きかけ、
保湿力を取り戻して柔らかな肌へ導きます。

スキンロジカルの他のイオン導入化粧水と比べると
とろみのある濃厚な使用感で
しっかり保湿感を感じることができるので、
乾燥しがちな今の季節に最適な化粧水です。

また、浸透力が高く、ただ塗るだけでも成分をすみずみまで
行き渡らすことができるので、

朝:忙しい朝は「CEローション」をそのまま塗布するだけの簡単ケア。
夜:化粧を落とし洗顔後のイオン導入でしっかりケア。

など、毎日のイオン導入ケアにプラスして「CEローション」を
取り入れるのもオススメです。

リピーター多数の高浸透化粧水をぜひお試しください。


「スキンロジカル CEローション 100mL」

 

 


【1/31(水)までのキャンペーン】
期間中に「イオン導入化粧水 定期購入」に初めてお申し込みの方へ
プレゼントキャンペーン実施中!

 

生理食塩水の秘密【イオン導出化粧水】

こんにちは、スキンロジカルです。

スキンロジカルのイオン導出化粧水【リファインローション】には、塩化ナトリウム(塩)が配合されています。

 

↓イオン導出化粧水【スキンロジカル リファインローション】全成分↓

水、ペンチレングリコール、ラフィノース、塩化Na、ヒアルロン酸Na、トレハロース、BG、ポリクオタニウム-51、ベタイン

 

一般的な化粧水は真水(精製水)をベースに作られていますが、【リファインローション】は、ごく薄い塩水である”生理食塩水”をベースに作られた少々特別な化粧水だからです。

なぜ化粧水に塩が配合されてるのでしょうか??

 

◯生理食塩水と電気

イオン導出は、本来は水(水道水など)さえあれば肌に残る(-)に帯電する汚れを吸着することが可能です。

イオン導出について詳しくはこちら→ イオン導入セミナー3<イオン導入と導出>

けれどもより効率よくイオン導出してより効果を上げられるなら、それに越したことはありません。

生理食塩水は塩化ナトリウムを含むため、水よりも電気の伝導性が高く(より電気を通しやすい)なっているのです。

 

◯生理食塩水と体液

生理食塩水がイオン導出に適しているのは、体液と浸透圧が等しい(等張)で肌に馴染みやすく、浸透しやすい点も挙げられます。

ヒトの体がもつ体液は水とは浸透圧が異なります。浸透圧が同じ”等張”となるのが、水に対して約1%(正確には0.9 %)の塩化ナトリウム(塩)含むいわば”塩水である”生理食塩水なのです。

※真水が傷口にしみるのはなぜ?

例えば肌に傷などを負ったとき、傷口を洗うのに水(水道水やミネラルウォーターなどの真水)を使うと滲みて痛みを感じます。これは水が体液と等張(液体の浸透圧が同じこと)ではないため、刺激となるからです。

コンタクトレンズを入れている方は、コンタクトを装着するときのことを思い浮かべてください。専用の液に浸したレンズを目の中へ入れますよね?液が水の場合、滲みて強い痛みを感じてしまいます。

一方でこのような場合にも滲みたりしないのが、生理食塩水です。このことからも、生理食塩水が体液と等張で肌に馴染みやすいといえます。

 

◯イオン導出と生理食塩水

イオン導出液【リファインローション】は、水よりもイオン導出に最適であるのは、塩化ナトリウムを配合し、生理食塩水をベースとした化粧水だからです。

塩化ナトリウム(塩)を微添することで、電気を通しやすく、肌に馴染みやすく設計してあります。

ヒアルロン酸などのその他の成分も保湿効果のために配合してあるものの、肌につけたときの”心地よさ””馴染みのよさ”は、この生理食塩水の働きによるものが大きいのです。

イオン導出化粧水の詳細・ご購入はこちら→ 【スキンロジカル リファインローション】