モロモロ」タグアーカイブ

冬の外出前は「保湿ケア」を

みなさまこんにちは、スキンロジカルイノウエです

2020年に入ってすでに1月が過ぎようとしています。
早いです

今冬は暖冬であることを感じる、冬とは思えない暖かい日が多くありますが、
暖かくても冬は冬。乾燥は続き、暖房を入れた室内では20%台になることも
あります

自宅であれば、加湿器や洗濯物の室内干しなどである程度湿度の調整が
できますが、外やお出かけ先では思った通りに湿度管理ができません。

重要なのは、普段のお手入れはもちろん、

お出かけ前にもしっかりとした
保湿ケア

をして乾燥から肌を守りましょう

イオン導入で美容成分を肌に送り込むことができればより良い保湿ケアが
できますが、お出かけ前だと時間もなく、そこまで手が回らないのも
事実です

そんな時は、イオン導入ローションを肌につけて、クリームなどでケアする
のも良いですが、塗るだけでもより保湿を求めたいときにオススメなのが、
期間限定で発売しているCEローションです。

CEローション」は、当店の導入ローションや美容液と違い、とろみのある
テクスチャーとなっており、肌につけるだけでもその保湿感を得られるよう
になっています。
肌に塗りこむと浸透していきますので、保湿を完璧にしたい場合は、その後に
クリームを重ねることでよりしっとりとした肌が持続します。

よく、クリームを付けたあとにファンデーションをつけると、
カスのようなものが出ることがあります。
これは垢などではなく、クリームとファンデーションの成分が混ざり合う
ことでダマのようになったものです。
これを防ぐには、クリームを付けた後にしっかりと肌に浸透させて、
時間をおいてからファンデーションを使うと出にくくなります。

また、ファンデーションは塗り伸ばしたりこするように使わず、
肌にポンポンと乗せるように使う
ことで、カスのようなものが

出にくくなり、さらに毛穴をうまく隠すこともできます。

まだまだ乾燥した季節が続きます。
外出時に「カサカサ」を感じる場合は、外出前の「保湿ケア」を
一度見直してみてはいかがでしょうか

 

スキンロジカル CEローション 100mL
肌なじみの良いビタミンCビタミンEの誘導体であるAPPSTPNa
配合したプレミアムなローションです。
まるで美容液のようなとろみのあるテクスチャーで、肌に塗るだけでも、
保湿感を得られ、ビタミンCやビタミンEの浸透性も上がっています。
もちろんイオン導入も可能となっています。
※数量限定商品となっておりますので、売り切れの際はご容赦ください
ますようお願いいたします。


保湿クリームでモロモロが出ることが・・・

スキンロジカルイノウエです

東京は、長かった冬の寒さもひと段落。
フキノトウも見かけるようになって春が近づいていると感じます。

さて、当店のイオン導入用ローション等でイオン導入をした後に、保湿クリームやUVクリームなど、ジェルやクリーム状のケアアイテムを使用したときに、ポロポロとしたモロモロ(固まったアカのようなもの)が出たことがありますか?

このモロモロができる原因の一つは「ミネラル」にあります。

スキンロジカルのイオン導入ローションなどに含まれている美肌成分のビタミンCは、ビタミンC誘導体(プロビタミンC)と呼ばれるビタミンCに別の成分を結合させたものです。

ビタミンCの不安定な部分に、別の成分を結合させることで、ピュアなビタミン安定性と浸透性を高めることができます。

この、「ビタミンCに結合させている成分」がミネラル成分である「マグネシウム(Mg)」「ナトリウム(Na)」です。

 配合されているプロビタミンC(ビタミンC誘導体)
 リン酸アスコルビルMg
 アスコルビルリン酸Na

高濃度にビタミンC誘導体を配合した、当店のローションは、当然ミネラル成分も多くなってしまいます。
このため、ビタミンC配合のイオン導入アイテムを使用した後にクリームなどをすぐに塗ってしまうと、このミネラルに反応した保湿アイテムの配合成分がモロモロとなって現れることがあります。

こうなってしまう場合は、

・イオン導入後に少し時間をおいて保湿クリーム
 などをつける。

・こすらず手のひらから肌へクリームを乗せる ようにつける。

モロモロが出ることによって肌へ悪影響はありませんが気になる場合はこのような点を気を付けて使用してみてください。

また、これとは別にファンデーション等を使用する際にモロモロが出ることがあります。これは、下地に使用するがクリームやオールインワンゲル等の基材にシリコーン(ジメチコン等)が使用されている場合に起こりやすい現象です。

これは、主に粉っぽいファンデーションなどのメイクアイテムに、肌の水分を奪われることが原因の一つです。
この場合は、ベースとなる肌にしっかり水分を与え、保湿アイテムで保湿をし、なじんだ後こすらず重ねるようにファンデーションを付けることで抑えることができることがあります。

また、どうしても下地との相性が悪くてダメな場合は、保湿アイテムにシリコーン不使用や使用量の少ないものに変えてみたり、メイクアイテムを化粧水・保湿成分配合タイプやリキッドタイプにしてみたりするのもおすすめです。

「モロモロ」

が気になったら

「次のアイテムを使うまでの時間を空けてみる」

のがポイントです