花粉」タグアーカイブ

花粉と肌のカンケイ

こんにちは、スキンロジカルスタッフです。

早く桜が咲くという予報も、3月の長雨と寒波で満開は4月にずれ込みました。
同時に春の肌悩みの一つに加わって久しい花粉も未だに大量飛散が続いています。

杉や檜などの花粉は、くしゃみや鼻水など花粉症の原因ですが、肌に影響が及ぶこともあります。

この時期、肌がむずかゆいことや赤くなったりといったことはありませんか?

特にまぶたやデコルテなど、皮膚の薄いところに現れやすい症状です。
これは花粉症と同じく、花粉が原因で肌が炎症をおこし、かゆみをおこしたり、赤くなったりすることが原因です。

この肌に現れる花粉症は、バリア機能を高め保湿をしっかり行うことで緩和できます。

外出後は、クレンジングと洗顔で肌に付着した花粉を早めに流し落とし、洗顔後はしっかりと保湿を行い花粉に負けない肌作りを心がけましょう。

また、炎症を起こした肌にはグリチルリチン酸などの抗炎症成分でケアするのもおすすめです。
肝斑の治療でも有名なトラネキサム酸は、グリチルリチン酸同様に炎症を鎮める効果がありますので合わせて使うと、更におすすめです。

暖かくなって肌の露出も増えるタイミングです。
紫外線対策にビタミンCを取り入れつつ、花粉も合わせた春のスキンケアを行ってみてくださいね。

 



高濃度ビタミンCを2種類配合
本格的な紫外線の季節の前から万全なケアを

グリチルリチン酸2K配合で炎症を抑え、セラミドで肌バリアを強化
高濃度ビタミンCで紫外線の対策もできるオールインワン美容乳液

炎症を抑える力で花粉による肌の赤みを鎮める

楽天スーパーDEALでブロードイオンがお得に買える


季節の変わり目、肌荒れ注意

こんにちは
スキンロジカルです。

日中は上着もいらないほど
気温も高くなり、ようやく春らしくなってきました。

そんな季節の変わり目ですが、
この時期は肌荒れに特に注意です。

昼夜の気温変化が肌へ大きく影響して
バリア機能が乱れて、肌荒れを起こしやすくなります。

さらに、日常に必須となったマスクの着用も
肌に大きな影響を与えるようになりました。

マスクの着脱の繰り返しによる肌への摩擦や、
マスク内の温度変化なども合わさることで
肌荒れの原因を増やしています。

そして冬から春に変わる時期の肌荒れ原因には
「花粉」も加わってきます。

すでに花粉症の方は2月から敏感に感じているかと
思いますが、3月~4月に花粉の飛散量はピークとなります。

花粉の影響は、くしゃみ、目のかゆみ、鼻水など粘膜への
ダメージが一般的なですが、肌に与えるダメージも大きいものです。

季節の変わり目にバリア機能が低下し刺激に弱くなっている肌に、
アレルゲンとなる花粉が飛散が重なることで
肌内部に花粉は侵入しやすくなり、そこからのアレルギー反応で
肌のかゆみ、赤み、むくみなど症状が現れ
さらに肌荒れが進んでしまします。

今の時期、肌荒れを少しでも抑えるよう

●花粉の付着を極力へらす
●敏感肌になっている肌は低刺激のスキンケアを心がける
●保湿はキチンとバリア機能を強化
●規則正しい生活習慣へ見直し睡眠時間を十分とる

など、しっかり対策していきましょう。

イオン導入でのスキンケアで肌力を強化することも
もちろんおすすめです。

——————————————————————————————–

季節の代わり目はイオン導入で肌力を高め、バリア機能を強化!
スキンロジカルの春のオススメアイテムが特別価格に♪
「春のキャンペーン」がスタートしました


「スキンロジカル 春のキャンペーン」


肌がかゆい、赤い・・・その皮膚炎は花粉が原因かも

皆さまこんにちは、スキンロジカルスタッフです

3月に入って本番を迎えている花粉の飛散・・・。
花粉症の人にはつらい日々が続いていると思います

花粉症は、ご存知のとおりアレルギー疾患のひとつで、体が花粉に対する免疫をもった後に、再度花粉(アレルギー原因物質=アレルゲン)に接触したときに、体内の免疫が過剰に反応して、くしゃみや鼻水、目のかゆみや違和感など様々な症状が現れます。

このように、一般的には上記のような症状が「花粉症」として知られていますが、今年特に多いといわれているのが

「皮膚炎」

です。

通常、花粉症の症状は目や鼻などの粘膜を中心に現れやすいのですが、今年は花粉の飛散量が多く、雨が少ないことも重なって平年以上に皮膚炎が増えているとのことです。

症状が出やすい部位としてはまぶたの上が多く、その他にも頬骨、顎、首など、発症部位は赤くなったり痒みを伴ったりします。
基本的には、すでに花粉症を発症している患者さんに多いそうですが、自覚症状がない潜在花粉症患者の方もおられるそうです。

花粉症による皮膚炎は、子供から高齢者まで様々な年齢で発症しますが、とくに20代から50代の女性に多いそうです。

また、症状として女性のまぶたの上に現れやすい原因となっているのが、皮膚が薄く、「アイメイク」とその「メイクを落とす」ことを繰り返すことで、肌のバリア機能が壊れやすくなり、さらに修復されにくいという実情があります。

あまりにもひどいときは、

・眼鏡を併用してメイクの頻度を下げる・薄くする
・すぐに落とせるタイプを使い、強くこすらない
・使用前と使用後の保湿をしっかりとする

など、できるだけ肌に負担をかけず、保湿を中心としたスキンケアを心がけると症状も現れにくくなります。

季節的にもまだ乾燥が続き、特に今年は冬からの雨が少なく、肌が乾燥することで肌バリアが壊れ、花粉がその肌の弱まった部分に触れる機会が増えたことで、皮膚炎の患者が今年増えた原因の一つと言われています。

ちなみに、いくつかあるアレルギーの中でも花粉症のアレルギーはアトピー性皮膚炎と
ほぼ同じで、皮膚に起こる症状は似ています
これは、アトピー性皮膚炎が肌のバリア機能が正常に働いていないことが原因の一つと
言われていることにも一致しています。

実際にアトピー性皮膚炎の患者さんは、花粉がアトピー性皮膚炎の擬似因子として働くことで、この時期症状がひどくなる場合があるという実例もあるようです。
※アトピー性皮膚炎は他因子疾患なので、全てにおいて同様ではありません。

花粉症皮膚炎は比較的症状が軽い場合が多く、基本的に抗アレルギー薬の服用などの花粉症の対策で症状を和らげることができます。
また、肌のバリア機能を高めるような保湿を中心としたケアをするように気をつけることで、花粉に負けない肌づくりをすることもおすすめです。

肌が炎症を起こして、かゆいと掻いてしまうと肌のバリア機能の修復が遅れ、色素沈着などにもつながります。
皮膚炎が気になる場合は、やはり皮膚科を受診するのが一番です。
薬はアレルギーの型が同一であることからも、基本的にはアトピー性皮膚炎の塗り薬が処方されます。

スギ花粉が終わるとヒノキ花粉とまだ憂鬱な季節は続きますが、日ごろの保湿ケアを
入念にすることで少しでも快適にこの季節を乗り切ってみてください

●春のキャンペーン中●
春爛漫、美白アイテムそろい踏み。
MAX 20%OFFアイテムはこちらから。

スキンロジカル リペアモイストクリーム
肌の水分をしっかりと挟み込むセラミドを高配合し、
保水力のある肌をキープして乾燥から守ります。

保湿成分の「素」を肌に送り込み、イオン導入で
肌の「元」からのレベルアップを