作成者別アーカイブ: スキンロジカル スタッフ

京急油壺マリンパーク

こんにちは。
スキンロジカル スタッフのフジです。

本格的に寒くなってきたので
外出するのも億劫になってしまいます。
どこか屋内で寒くない場所はないかということで、
三浦半島にある「京急油壺マリンパーク」へ行ってみました。

この水族館、1967年OPENということでなかなか歴史ある施設です。
近隣の「八景島シーパラダイス」や「新江ノ島水族館」などの
新しい施設と比べると見劣りはしますが、
施設内の展示やお客参加型のイベントなど、他にはない魅力が多く
とても楽しめました。

特に「イルカ・アシカショー」は必見です。
会場は、一般的な半円の水槽を囲む観覧席ではなく、
ステージとなる水槽と観覧席の間には緞帳があり、演劇舞台のようでした。


緞帳が上がってショーの開始です


イルカが観客席近くまでご挨拶


ジャンプ!


3頭でジャンプ!


口先で起用に輪投げをクルクルまわします


アシカもご挨拶


そしてショーの山場はアシカとイルカの演奏コーナーが。
オルガン担当のアシカが「海の声」を弾き、DJアシカがターンテーブルを回します!
バックックコーラスはイルカが担当。おみごと!

派手さはないのですが、劇仕立てで構成されたショーは
子供向けと思いきや大人もしっかり楽しめました。

その日はあいにくの雨で気温も低かったのですが、
ショー会場は完全な屋内になっているので
暖房の効いた場所で快適に観ることができます。

また、近隣の「八景島シーパラダイス」や「新江ノ島水族館」と比べると
週末でしたが混雑もしていないので立ち見などしなくとも、
ゆったり座れて見ることができました。

近隣は新鮮な魚が食べられるお店も多くあり、
とても楽しめる穴場のスポットです。

 


紅葉狩りin伊東

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

12月に入ってすぐ、静岡の伊東まで紅葉を観に行ってまいりました。

静岡県と言っても、神奈川県寄りの伊東は新幹線で行けばあっという間なのですが、ケチケチと東海道を使って行くことに。

「東京駅は東海道の始発だから座って行ける!」なんてことは、もう昔の話。今は、宇都宮の辺りまでつながっているいるようです。東京駅に電車が到着した時には、もう席はいっぱいでした。

2時間ほどの道中を立っては行けない・・・と思ったので、仕方なくグリーン車指定席に乗ることにしました。運賃+1,000円ほどですが、運賃が2,000円ちょっとですので、お高いですよね。

東京駅を出発して、約1時間半ほどで熱海に到着して、それからJR伊東線に乗り換え、約30分ほどで伊東駅へ到着です。観光地の駅前風景が懐かしような感じがしました。

タクシーを使って、一山もふた山も越えて、大室山方面へ向かうと、途中には美しい湖「一碧湖」(いっぺきこ)がありました。

写真は撮り忘れたのでお借りしました。(伊東・伊豆観光ガイドより)

 

さらに登っていくと、目的の伊豆高原の別荘地がありました。

 電線が・・・入ってしまいました。

こういう場所に来て思うことは、とにかく「静寂」のすばらしさです。

車の音も、人の話し声も聞こえません。鳥の飛び立つ音とか、風の音などだけがリアルに聞こえますが、基本的に「無音」の世界です。でも、それがえも言われぬパワーに感じるのです。

忙しない街、東京都内に住んでいると本当に別世界です。時々は、こんな場所に来て静寂からパワーをもらうのもいいですね。

紅葉には少しだけ早かったので、今週あたりがとてもいい感じになっているのではないかと思います。

 


トラネキサム酸はイオン導入で

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

12月に入りましたが、関東は先月から1日の気温の差が
激しい日が続いています
私も久しぶりに風邪らしい風邪をひき、1週間ほど 喉の
痛みに熱、鼻水と戦っていました

さて、今回はのどの痛みなどに処方されたり、最近は
「のどの痛みに効く」系のお高い風邪薬や、口内炎の
市販薬にも多く配合されている「トラネキサム酸」
お話です。

ところで、皆様はトラネキサム酸を配合した薬や
化粧品を 使ったことがありますか?

病院では、痛みの緩和などを目的とした抗炎症剤と
してや、皮膚疾患・・・とくに肝斑の治療薬として
処方されています。
※肝斑とは、左右の目の下に現れる左右対称の
うすぼんやりとした影のようなシミです。

また、薬用化粧品(医薬部外品)の抗炎症・美白
成分として大手化粧品会社の美白系化粧水や
美容液をはじめ、市販薬や歯磨き粉にも配合
されているので、使ったことがある方や、目に
したことが ある方も多いかと 思います

このトラネキサム酸は、他の成分と比べて美白に
対する特徴的な作用は、いつも同じ場所にできて
しまうシミ
にも期待ができるところにあります。

この持続するタイプのシミは、肌で気づかない
程度の微弱な炎症がその場所で継続的に起こされて
いることにより、その刺激によってシミの元となる
メラニンを継続的に作り出しています。
結果として、湧き水のように下から新しいシミが
作られ続け、炎症の起こっている場所に常にシミが
残っているような状態となります。

トラネキサム酸は刺激の元になる炎症を鎮め
さらに、メラニンを作る細胞の勢いを抑える
ことができる成分なので、このような頑固なシミ、
また肝斑に有効といわれています。

そんな有用な成分であるトラネキサム酸は、内服や
肌へ塗布する以外に、イオン導入が可能な美容成分
でもあります。
トラネキサム酸は、人工的に合成された成分ですが
アミノ酸の一種で、他のアミノ酸同様、分子サイズ
が小さく、水溶性でありイオン化します。
皆様ご存知の通り、当然、単純な肌への塗布に比べて
もイオン導入することで浸透がよくなる結果も出て
います.

しかし、トラネキサム酸を配合した市販の化粧水や
美容液は、一般的に防腐剤・香料等のイオン導入には
向いていない成分が配合されているため、一部の専用
商品を除き、外用には単純塗布しか方法がありません
でした。

そこでスキンロジカルでは、このトラネキサム酸
イオン導入などでもお客様ご自身でお試しいただける、
手作り化粧品の化粧品原料として販売を開始いたし
ました。

原料はトラネキサム酸100%で水に溶けやすいため、
水や当店のイオン導入ローションや美容液に容易に
混ぜることができ、化粧水や美容液、イオン導入液
として利用することができます。

なお、イオン導入する場合は、製品特性上
「リファインローション」ではご利用いただけ
ません。(化粧水としてはご利用いただけます)
水分を含んだ乳液・ジェル・クリームにも混ぜる
ことができます。
※混ざりにくい場合がありますので、少しずつ
混ぜてください。
濃度が高いと肌が赤くなる場合があるので、
4%を目安に肌に合わせて濃度を調整してご利用
ください。

「トラネキサム酸」のイオン導入に興味を持たれ
ましたらぜひお試ししてみてください


ブラックフライデーSALE

こんにちは。
スキンロジカル スタッフのフジです。

11月24日(金)は「ブラックフライデー」です。

「ブラックフライデー」とはアメリカの感謝祭の翌日(11月の第4金曜日)のことで
米小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされているSALE日となっています。

スキンロジカルでも、11月22日(水)12:00~11月27日(月)23:59まで
「ブラックフライデーSALE」を開催し、期間中のお買い物で
何度でも使える「8%OFFクーポン」を配布しています。

お会計時にクーポンコードを入力することで
8%の割引が適用となります。

クーポン利用にはWEB会員ログインが必要となります。
WEB会員登録は無料ですので、ぜひこの機会にご登録ください!
さらに、新規登録でもれなく200ポイントがプレゼントされますので、
初めてスキンロジカルでお買い物される方は
8%OFF+200円引きと、さらにお得度アップです!

ぜひご利用ください♪

2017年11月22日(水)12:00~11月27日(月)23:59まで
「スキンロジカル ブラックフライデーSALE」


ビジネスリーダーたちのいけばな展

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、お昼休みにコチラへ出かけました。

[代官山ヒルサイドフォーラム]

代官山蔦屋書店の近くにあり、スキンロジカルのオフィスからも10分弱の場所にあります。

こちらで「第3回 ビジネスリーダーたちのいけばな展」が開催されていて、友人が出展していましたので伺いました。

「ビジネスリーダーたちのいけばな展」とは、Flower Japanが主催するいけばな作品の展示会です。

『Flower Japanは、日本文化である「いけばな」を軸に、より豊かなライフスタイルを日本に、世界に、次世代へと伝え創出してくプロジェクトです。いけばな作家・州村衛香の呼びかけに賛同した様々なジャンルのオピニオンリーダーたちが集い、2015年からいけばなを通した文化発信を行っています。』(パンフレットより)

出展者は、誰もが知っているような大会社のCEOだったり、役員をされている方だったり、ビジネスのトップレベルで活躍しているような方ばかり。男性のほうが多く、いったいどんな作品を見せてくれるのでしょうか?

↓ 今回のテーマはこちら ↓

本と -心に残るあの言葉ー

ビジネスリーダーたちが心に残る1冊の本から、作品タイトルといけばなが生まれ、私たちにメッセージが届けられます。

3フロアーに、37人の作品が展示されています。

私が素敵だなと思った作品をご紹介しますね。

 

スキンロジカルにとっては、競合他社?となる企業の方の作品。撮影技術が拙いため、実物作品の良さがお伝えできていないと思いますが、展示されているスペース、ライトアップによる影の演出も手伝って、季節感たっぷりの作品でした。使っているのは、花はなく枝と葉のみ。シンプルだから伝わるものってあるのですねー。

 

グリーンの使い方が、絶妙で自然だなと思いました。いくつもの種類を詰め込んであるのに、ゴチャッとはしていない、でも作為的でもない。ジブリ映画などで描かれているような、現実にはないような緑の世界がふっと頭に浮かびます。

 

そして、友人M女史の作品です。

オレンジ色のサンダーソニアが、きっと彼女のイメージの“ランプ”なんだと思います。とても想像力(妄想?)豊かな方なので、それが花に乗り移ったのでしょうか?花も葉も、メチャメチャ活き活きピンピンしています。多分、全作品の中で一番・・・贔屓目かもしれませんが。

会場内のプロジェクター映像では、ちょうどM女史が妄想?をめぐらせながら、制作しているところが映し出されていました。

 

「第3回 ビジネスリーダーたちのいけばな展」は、11/19(日)まで開催されています。

詳しくはこちら⇒ http://www.flowerjapan.jp/exhibition.html