トラネキサム酸」タグアーカイブ

トラネキサム酸イオン導入化粧水の発売秘話

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今回は、当社の商品「TAパウダー」「トラネキサム酸パウダー」の発売に至るお話をしたいと思います。

発売から、すでに1年を経過しましたこの2商品ですが、どちらも種別は“化粧品原料”としている、成分そのものの粉末です。

なぜ、他のイオン導入化粧水のように“液体”の化粧品をして商品化していないのか?皆さんも不思議に思われていることでしょう。

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

トラネキサム酸については、かなり以前よりお客様からお問い合わせや要望をいただいておりましした。

「トラネキサム酸のイオン導入液はないのですか?」

「貴社の製品力なら、きっとイオン導入液をつくれるはずですから期待しています」

美白の効果が高く、ミの中でも特に“肝斑”と呼ばれる独特のシミに効果が高いとして、まずは服用薬からその名が有名になった成分のトラネキサム酸ですが、美容通の方はすでにトラネキサム酸がイオン導入可能な成分ということをご存じでしたので、このようなお問い合わせを沢山頂戴していたのです。

そこで、当社も新たなイオン導入化粧水としてトラネキサム酸を配合した化粧水を製造したいと考えていました。

 

☆ 医薬部外品という制約 ☆

ところが、現在の化粧品の製造販売に関する法律“薬事法”では、トラネキサム酸を配合した化粧品にはいくつかの決まりがあります。

トラネキサム酸配合の化粧品は「医薬部外品」扱いとなるということです。

「医薬部外品」を製造するには、その企業が化粧品の製造とは別に医薬部外品の製造の許可が必要です。また「医薬部外品」は、その商品の効果の検証を証明しなければなりません。

 (当社は、東京都の「化粧品製造業」と「化粧品製造販売業」の許可を受けています)

この二つをクリアにするためには、莫大な費用もかかります。ですから「医薬部外品」扱いの化粧品には、「医薬部外品」の認定をとるために要した経費が商品価格に反映されているということでもあります。

また、「医薬部外品」では一定の成分に対して配合する濃度が決められています。

〇%以上を入れなければいけないが、△%を超えて配合してはならない

ということです。

トラネキサム酸の場合はこれが2%ですので、市場で販売されているトラネキサム酸配合の化粧品は、ほとんどの製品がトラネキサム酸を最大で2%配合しているということです。商品によっては2%以下の濃度のものあります。

 

☆ トラネキサム酸原料との出会い ☆

医薬部外品以外で、トラネキサム酸配合のイオン導入できる化粧品をなんとかお客様へ提供できないか・・・?このように考えていたところ、「トラネキサム酸」そのものへたどり着きました。

原料としての「トラネキサム酸」は、白くサラサラとした粉末です。そして、“水に溶けやすい”という特徴があります。

原料を製造している会社によると、皮膚科や美容クリニックなどでは、この「トラネキサム酸」の粉末を院内で溶液にしたり、クリームに混ぜるなどして処方し、患者さんへ提供しているとのことでした。病院では、処方となりますから「医薬部外品」の製造許可がなくても販売が出来る訳で、その濃度も自由に調整することが可能なわけです。

 

☆ 使う方自身に精製していただく ☆

なるほど!と思いました。

原料としての「トラネキサム酸」粉末は、まだ化粧品というカテゴリーにはありませんから、当社で販売することに何ら問題はありません。

また、“水に溶けやすい”という特徴がありますから、家庭でも簡単に溶液にすることができます。

そこで、原料の粉を購入していただき、ご自分で水に溶かして化粧水を作って頂く、

手作り化粧水としての販売をすることになりました。

 

☆ 手作りの嬉しい副産物 ☆

このようにして誕生した、原料を水に溶かして自分で作るという珍しい「手作り化粧水」ですが

蓋をあけてみると、通常の溶液タイプの化粧水にはない嬉しい副産物がありました。

 

♪ 新鮮!・・・だから、防腐剤等の添加物は一切なし

使う分だけ、必要な時に少量ずつつくるため、長期間保管することがありません。そのため、品質の変化を防ぐため防腐剤や酸化防止のための成分などを配合する必要がなく、溶液は純粋に「トラネキサム酸」という肌に与えたい成分だけが配合されたものです。市販の化粧水では、まずこのようなものはあり得ません。(水以外に化粧水などに溶かした場合はこの限りではありません)

♪ 自分で濃度調整が可能

医薬部外化粧品でのトラネキサム酸濃度は、約2%と決められていますが、手作り化粧水の場合は、自分で自由に濃度を調整することができます。

推奨の作り方(1gを20mLで溶かす)で精製すると、5%の濃度になります。この5%という濃度は、皮膚科や美容クリニックなどで処方されているものと同様です。濃度は高ければ高いほど効果も大きくはなりますが、一方で刺激も強くなり肌が赤くなるなどしますので、5%くらいが刺激のない範囲で最大限に効果が発揮できる濃度と考えられています。

この5%濃度を目安として、自分の肌の状態に合わせて濃度を調整することができるのは、手作り化粧品ならではです。

 

☆ 手に入りにくい、濃度と純度が高い化粧水をお手軽に ☆

現在、5%の高濃度のトラネキサム酸配合化粧品を入手するとしたら、病院で処方してもらうしかありません。その場合は、診察を受ける時間もお金も理由も必要です。

スキンロジカルでは、化粧品原料としてパウダータイプの商品で販売することによって、いつでも気軽にお求めいだだき、ご自分に合った使い方で使っていただくことができるようにしました。

溶かし方も、推奨の方法と溶剤(溶かす液)の種類に気を付けて頂く点はありますが※、ご自分で最適な方法を見つけて頂くと、オリジナルの化粧水として美しい肌へ導いていくれるベストアイテムになることは間違いありません。

 

※【TAパウダー】は、APPS(ビタミンC誘導体)がトラネキサム酸とともに配合されているため、ほかの種類のビタミンC誘導体(APS・APM)配合の化粧水(アミノシーローション、VCローション、PCローションなど)には溶けにくいので、これらは溶液として使用しないでください。また、振って攪拌すると泡立つため、マドラーを使って混ぜて溶かしてください。

 

※【トラネキサム酸パウダー】は、弱アルカリ性です。弱酸性の【スキンロジカル リファインローション】に溶かすと、中性となりイオン導入の効果がかなり弱くなりますので、溶液に【スキンロジカル リファインローション】を使うことは避けてください。【トラネキサム酸パウダー】は、トラネキサム酸が水に溶けやすいため、振って攪拌することができます。

 

※【TAパウダー】も弱アルカリ性ですが、APPSが一緒に配合されているぶんアルカリ度が高いため、弱酸性の【スキンロジカル リファインローション】に溶かしても中性にはならず、弱アルカリ性を保つことができます。そこで【スキンロジカル リファインローション】に溶かした場合でも(-)でイオン導入することができます。

 

トラネキサム酸を配合した商品は、現在4種類販売しています。

 

1. トラネキサム酸とAPPSを配合した原料パウダー

2. 【TAパウダー】と溶かすための【リファインローション】のお得なセット

 

3. トラネキサム酸だけの原料パウダー

 

4. トラネキサム酸パウダーのお得な大容量タイプ


ヘレンド展

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

立春を過ぎても、少しも暖かくなりませんね( ;∀;)

せめて、気持ちだけでも春を感じたい!と思い、先日「ヘレンド展」を観てまいりました。

場所は、パナソニック汐留ミュージアムです。

こちらのミュージアムは、以前に別の展示会の最終日に駆け込んで、大変な目にあったことがありましたので(小規模なので・・・)、今回は初日が開いて間もなく、時間も早めにでかけましらた、ほどよい来場者でした。

ヘレンドは、現在は百貨店の高級食器売り場でも販売されている、ハンガリーの磁器メーカーで、所在地の地名でもあります。製品は、ヨーロッパ諸国の王室にも納められてきました。

 

作業は、完全分業制。

造形部分の紐を編み込んだような網目のワークは、もう芸術品で、手作業ならではの作品です。

現在の一般向けに販売されているシリーズも絵付けは、プリントではなくひとつひとつ手書きなのです。同じシリーズでも、ひとつひとつ微妙に異なるのはそのためです。

 

この展覧会では、シノワズリーの作品が多数展示されていました。

ポットの蓋のつまみ部分やカップの取っ手が、三角の帽子を被った中国人?の形になっていたり

鮮やかで多彩な絵付けは、古伊万里に通じるところがあります。

19世紀半ばごろのヨーロッパでは、東洋の磁器が大変人気があり、複製をつくることでヨーロッパ独自のアジア観である「シノワズリー」といジャンルのこういったデザインに発展したのですね。

私も、とても気に入ったピンクのシノワズリー「皇帝」というシリーズ。

蓋のつまみ部分やカップの取っ手、トレーの足が可愛い漢人です。

トレーの縁は、手の込んだ透かし彫りになっています。

※写真は展覧会の公式HPよりお借りしました。

 

展覧会は撮影禁止ですが、出口付近にヘレンドを使用したテーブルコーディネートが展示してあり、こちらは撮影OKでした。

こちらで使われているのは、現在も一般販売されていてメジャーな「アポニー・グリーン」シリーズです。黄色のクロスと花を使っているところが(黄色は中国では皇帝を表す色)、シノワズリーを意識したアレンジメントになっているようです。

 

ビルの1Fには、パナソニックのショールームがあるのですが、こちらでもヘレンドを使ったテーブルコーディネートが展示されています。

 

こちらはは、「ヴィクトリア」シリーズを使った6人用のディナーセッティング。

イギリスのヴィクトリア女王が発注したことから名前のついたシリーズです。色とりどりの花に蝶など、食器だけでもお花畑にいるようです。

帰りには、オリジナルグッズを沢山購入しました。(手前のメモリアル・ローズの葉書は会場で頂戴しました)

ヘレンド展は、3/21日まで開催です。楽しいですよ!

 

[スキンロジカル オフィシャルショップ]では、2月末まで【トラネキサム酸パウダー】をお試し価格で限定販売しています。

 

 


トラネキサム酸と肝斑

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、美容に関するお話を・・・

スキンロジカルで、12/1のトラネキサム酸パウダーが発売されました!

【スキンロジカル トラネキサム酸パウダー】 1g×10包 15,660円                                          ↓      ↓      ↓      ↓

トラネキサム酸は、イオン導入に適した成分でもあり、ずっと以前から「トラネキサム酸のイオン導入液を作ってほしい」とのご要望をお客様から頂いていたのです。

美白成分には、ビタミンCを始めとして、アルブチン酸など沢山の成分がありますが、肝斑と言われる独特のシミ(目の周囲や、口も周囲などにぼんやりと左右対称にできるシミ)への効果が期待できる唯一の成分と言われています。通常のシミは、化粧品成分などのほか、レーザー治療などでも改善することができるといわれていますが、今のところ肝斑に効くのはトラネキサム酸だけということです。

けれども、トラネキサム酸を化粧品に原料として使用するには、越えなければならないハードルがいろいろとありました。

・特許の問題

・原料価の問題

・医薬部外品の問題

などなど、当社のようにあまり大きくない化粧品製造会社にとっては、困難な問題がいろいろとあり、開発して商品化することは、正直言って無理かと思っていました。

現在でも、トラネキサム酸を配合した化粧品はまだまだ少ないですよね?それは、こんな事情があるからなのです。

 

ところが、化粧品の「原料」として、パウダーで販売し、ご購入者自身で水に溶かして化粧水を作っていただくという形をとることで、上記の3つの点をクリアーすることができたのです!

さらには!市販で販売されているトラネキサム配合のローションは、配合量が3%と決まっています。スキンロジカルの原料パウダーで作れは、濃度をご自由に調節することができます。(推奨は1g/20mLの4%)

品質を保つための、あれやこれや成分も一切配合していない、純粋なトラネキサム酸だけのの水溶液が作れるのです。

いいことだらけ!

 

少し話が変わりますが、飲むタイプのトラネキサム酸をご存知ですか?

薬局へ行けば販売していますし、美容クリニックなどでも処方しくれます。

これが結構お値段がするうえに、もう一つ厄介な問題があるのです。

トラネキサム酸の働きに「プラスミンの働きを阻害」することで、美白をいざなうのですが

その副作用として、プラスミンは血栓を溶かす働きがあるのですがそれが鈍るため、「血栓ができやすくなる可能性がある」ということなんです。

血栓ができたら・・・心筋梗塞や脳梗塞など、重篤な病気になる可能性もあるのです。

怖いですね。

ですから、飲むトラネキサム酸は医師の処方や薬剤師の説明が必要な薬に指定されているんです。

 

こんな副作用も、化粧品として肌につけるのであれば、まったく起こることがありません。

 

私も、肝斑を含むシミがとても気になっていて、トラネキサム酸パウダーのイオン導入と錠剤の飲用を併用しています。before→afterを記録していないのが残念ですが、目の周りの肝斑が以前よ薄くなってきました。

ちなみにこちらは、飲用しているトラネキサム酸です。(市販のもの)

 

※おススメしているわけではありません。←これ重要

 


夏の紫外線ケアに高濃度ビタミンCの力!! 今ならまとめ買いで15%OFF!!

お持ちの美顔器下取りで「ブロードイオントライアルセット」が
なんと 22,000円 で購入できる!!
下取り美顔器は、ハンディ型であれば付属品がなくても、壊れててもOK


トラネキサム酸はイオン導入で

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

12月に入りましたが、関東は先月から1日の気温の差が
激しい日が続いています
私も久しぶりに風邪らしい風邪をひき、1週間ほど 喉の
痛みに熱、鼻水と戦っていました

さて、今回は「のどの痛みに効く」系のお高い風邪薬や、
口内炎の市販薬にも多く配合されている「トラネキサム酸」
の お話です。

ところで、皆様はトラネキサム酸を配合した薬や
化粧品を 使ったことがありますか?

病院では、痛みの緩和などを目的とした抗炎症剤と
してや、皮膚疾患・・・とくに肝斑の治療薬として
処方されています。
※肝斑とは、左右の目の下に現れる左右対称の
うすぼんやりとした影のようなシミです。

また、薬用化粧品(医薬部外品)の抗炎症・美白
成分として大手化粧品会社の美白系化粧水や
美容液をはじめ、市販薬や歯磨き粉にも配合
されているので、使ったことがある方や、目に
したことが ある方も多いかと 思います

このトラネキサム酸は、他の成分と比べて美白に
対する特徴的な作用は、いつも同じ場所にできて
しまうシミ
にも期待ができるところにあります。

この持続するタイプのシミは、肌で気づかない
程度の微弱な炎症がその場所で継続的に起こされて
いることにより、その刺激によってシミの元となる
メラニンを継続的に作り出しています。
結果として、湧き水のように下から新しいシミが
作られ続け、炎症の起こっている場所に常にシミが
残っているような状態となります。

トラネキサム酸は刺激の元になる炎症を鎮め
さらに、メラニンを作る細胞の勢いを抑える
ことができる成分なので、このような頑固なシミ、
また肝斑に有効といわれています。

そんな有用な成分であるトラネキサム酸は、内服や
肌へ塗布する以外に、イオン導入が可能な美容成分
でもあります。
トラネキサム酸は、人工的に合成された成分ですが
アミノ酸の一種で、他のアミノ酸同様、分子サイズ
が小さく、水溶性でありイオン化します。
皆様ご存知の通り、当然、単純な肌への塗布に比べて
もイオン導入することで浸透がよくなる結果も出て
います.

しかし、トラネキサム酸を配合した市販の化粧水や
美容液は、一般的に防腐剤・香料等のイオン導入には
向いていない成分が配合されているため、一部の専用
商品を除き、外用には単純塗布しか方法がありません
でした。

そこでスキンロジカルでは、このトラネキサム酸
イオン導入などでもお客様ご自身でお試しいただける、
手作り化粧品の化粧品原料として販売を開始いたし
ました。

原料はトラネキサム酸100%で水に溶けやすいため、
水や当店のイオン導入ローションや美容液に容易に
混ぜることができ、化粧水や美容液、イオン導入液
として利用することができます。

なお、イオン導入する場合は、製品特性上
「リファインローション」ではご利用いただけ
ません。(化粧水としてはご利用いただけます)
水分を含んだ乳液・ジェル・クリームにも混ぜる
ことができます。
※混ざりにくい場合がありますので、少しずつ
混ぜてください。
濃度が高いと肌が赤くなる場合があるので、
2~4%を目安に肌に合わせて濃度を調整して
ご利用ください。

「良薬は口に苦し」ビタミンCと同じく濃度が
高ければ効果は高いですが、刺激もでてきます。
ご利用の際は気を付けてご使用ください。

「トラネキサム酸」のイオン導入に興味を持たれ
ましたらぜひお試ししてみてください